ほゞ、エレカシ漬

私が好きなエレファントカシマシの事を軸に音楽のことを綴るブログ

エレカシ書籍

二十歳のとき、私は何をしていたか…

昨日発売されたPOPEYE 851号のテーマが『二十歳のとき、何をしていたか?』で、各界の有名人の二十歳のエピソードが紹介されている。 POPEYE(ポパイ) 2018年 3月号 [二十歳のとき、何をしていたか?] 出版社/メーカー: マガジンハウス 発売日: 2018/02/10 メ…

2008年11月26日:「宮本の路」略してミヤジと題する散歩 その1

mixiでのエレカシファン初期的な衝動アルアルですが、当時の活動中にやはり宮本浩次の足跡をたどってみる…登竜門ですかね?(笑)私もせっせとやっておりました。 今でいうと(前からそう言ってた?)≪聖地巡り≫…でも、私は今でもこの聖地巡りという言葉は使い…

2008年11月04日:好きなものはとことん知りたい・・・

エレファントカシマシとの再会は厳密に言いますと、ちょうどつけていたテレビから、「ウコンの力」のCMで“俺たちの明日”が流れていて、その後、2008年「STARTING OVER TOUR 」を追いかけたBSの番組をたまたま観たのがきっかけです。5月くらいだったかな…。 …

明日はきっと何かある…明日はどっちだ!

発表から詳細が出るまで…けっこう、時間がかかりましたがようやくここまで出ましたね。ロッキング・オンから出版される単行本「俺たちの明日ーエレファントカシマシの軌跡」。“エレファントカシマシの軌跡”としては前作が「風に吹かれてーエレファントカシマ…

風の中で生まれた風紋のごとき名曲

エレファントカシマシの活動には常に「風」が絡んでいた。 突風が吹いてあれよあれよという間に表舞台に出されたり、疾風の中で傷つけられながら血まみれになって歌ったり、かと思えば凪の時期も長くあったり…順風ではない。 常に風の吹くままに任せているよ…

才能とは、運を操る術である。

あれ?「音楽と人 11月号」がない・・・どこやっちゃったかなぁ?(笑) まだ、お読みでない方もまだ多数おりますのでネタバレはいたしません(笑) でも、これらを読んで思っていた疑問に対する答えがあったので、その部分だけご紹介すると! ①復活の野音9…