ほゞ、エレカシ漬

私が好きなエレファントカシマシの事を軸に音楽のことを綴るブログ

エレファントカシマシ

30th ANNIVERSARY TOUR ”THE FIGHTING MAN” FINAL まで…

3.17 さいたまスーパーアリーナ公演 まで、一ヶ月を切りました。曲予想、勝手にリクエストとか(笑)いろいろやれる企画はありますが、最近、ずっと考えていることがあるのでそこから…。 通勤中に聴いてて「あれ?」と、気がついたというか…「ん?」って思った…

二十歳のとき、私は何をしていたか…

昨日発売されたPOPEYE 851号のテーマが『二十歳のとき、何をしていたか?』で、各界の有名人の二十歳のエピソードが紹介されている。 POPEYE(ポパイ) 2018年 3月号 [二十歳のとき、何をしていたか?] 出版社/メーカー: マガジンハウス 発売日: 2018/02/10 メ…

【東京の空②】・・・泉岳寺

2008年12月17日の日記 私の旦那は『忠臣蔵』が大好きで、暮れも押し迫る頃のテレビ番組欄に忠臣蔵、赤穂浪士、大石内蔵助などのワードをみかけると、熱く語りだし耳にタコができるほど聞かされてきました(笑)。なので、四十七士の眠る泉岳寺は知っていたし少…

2008年12月10日:武蔵野の男 下総の女

最近は宮本浩次の事を“ミヤジ”と呼んだり、“宮本”呼ばわりすることが多くなってきたけど(笑)この頃はまだ、どう呼んでいいのか戸惑ってる時期ですね。 周りには彼を“先生”と呼ぶ人もいたりして、でも先生ではないな…と思っていて(笑)(私の方が2週間くらい年…

2008年12月02日:天才?宮本浩次

自分の才能に対して『世界屈指』の表現者…と、分析し自負してるのが記憶に新しい。WikipediaのTOP画面の写真を変えてみました(笑) あまりに宮本浩次の事を“天才、天才”絶賛されているので、なんとなく天邪鬼な気持ちがムクムク出ていたんでしょうか?だから…

2008年11月13日:今宵の月

“エレファントカシマシ”の作品ほど言葉で強烈に印象に残すバンドもないのではないかな? 例えば、「太陽」「風」「男」「散歩」「本」「古地図」「浮世絵」…この言葉だけでもエレファントカシマシ、とりわけ“宮本浩次”のことを思い浮かべることができる。 そ…

2008年11月04日:好きなものはとことん知りたい・・・

エレファントカシマシとの再会は厳密に言いますと、ちょうどつけていたテレビから、「ウコンの力」のCMで“俺たちの明日”が流れていて、その後、2008年「STARTING OVER TOUR 」を追いかけたBSの番組をたまたま観たのがきっかけです。5月くらいだったかな…。 …

30th Anniversaryの先を見据えてる…もっと先を

ツアーも紅白も新春も終わったけどまだまだ!ツアーファイナルのさいたまスーパーアリーナ、翌日のスピッツ&ミスターチルドレンとのスペシャルライブも控えていて、2018年春まで息つく暇なんてない。 メディアへの露出もつづき…31年目を良い雰囲気で迎えら…

私が抱く宮本浩次への2018年の期待

宮本浩次は言った 「エゴのない良い歌を歌いたい」 と、 これはマイナーでありキャッチーではない、いろんな人の日常や普遍的なことを詩にしたいってことかな…。 自分の心ではなくて…他の人の心とか…「彼女は買い物の帰り道」とかそんな感じの曲かな?って思…

夢、自由…の巷

今週のお題「今年買ってよかったもの」 store.universal-music.co.jp これにつきます(笑) でも、実は手元に届いてから開けて中を観たのは1回だけです。きっと、47都道府県ツアーが終わり、さいたまスーパーアリーナのツアーファイナルのあと、物思いにふける…

宮本浩次が私にくれた楽しみ…③『散歩』編

散歩編「向島①」 きらかな夜には風露の蕭蕭と音する響を聞いて楽んだ。 これは『荷風随筆』の中にある・・・ 「向嶋」の章にあった一節。フランスから帰国した荷風がパリのセーヌ川の風景を隅田川に重ね合わせ、隅田川が江戸庶民ならず広く文化人に愛されていた…

宮本浩次が私にくれた楽しみ…②『永井荷風』編

永井荷風編その② この前の記事に宮本浩次は『花火』が好きなのかどうかについて記した。 実際のところどこまで本心かなんてわからない。 それに実はそんなことは案外どうでもよいことです。ただ、『花火』について何か興味をそそるものは無いものかと…私はお…

47都道府県ツアー後半戦…スタート!ですが…

ステキなことはステキ…そして、同じものをステキと思えたらもっと素敵になるよね 23日にエレファントカシマシ47都道府県ツアー名古屋で後半戦のスタート。 昨夜9/24、金沢公演が行われた。 私の後半戦スタートは10/8の仙台公演からです。 また、ほぼ毎週末に…

私が抱くエレカシへの夢

涙の数だけ 涙の数だけこの世には 数えきれない夢がある Ah オレには叶えたい夢がある 涙の数だけ働いて 明日も暮らして行くオレの 短い夢のその向こうには Ah なぜか涙こぼれ落ちそうさ 男餓鬼道空っ風 おいおい誰か見せてくれ 胸のすくよな冒険を 夢だきゃ…

宮本浩次が私にくれた楽しみ…①『永井荷風』編

永井荷風編その① 恒例の日比谷野外大音楽堂でのLIVEまで2週間を切りました。※チケットは無い(笑)当落の結果待機期間※ 去年は過去の野音の記事を探して、その頃のエレファントカシマシを勝手に考察したりして当日を待ちました。 LIFEワークになってる「日比谷…

『今日はドーンと行くぜ!』

ddnavi.com チケット代はけして安くないのよ。 エレカシももう約7000円だから…そこに集ってくれる人は皆意識を高く持ったエレカシファンだって、宮本はもう自信をもって自覚してほしい。 そりゃ、温度差はいろいろだけど単純に通りすがりに入れるわけもない…

自然発生という凄まじいPower!

ddnavi.com このダ・ヴィンチのインタビュー記事もよかったですね。 これは好みの問題ですが、ライターもラジオのパーソナリティーも「好き」っていう気持ちを60%くらいに抑えてインタビューしていると、ファンの知りたいことを自然と聞いてくださってる気…

自由…ココロは自由

2017年3月26日(日)のつぶやき 「お題」があれば果敢に創作意欲が出ると思うんですよね。だから、タイアップとか好きだしね。若い頃は若い頃にある大人や社会に向けた“怒り”や“矛盾”、“憧れ”を題材にできたけど、今は少し「お題」に頼ってる気がするの。自…

デビュー30年…結婚27年…いろいろあるよね。

Twitterのつぶまとめ 最近、ミヤジが言っていた「ローリングストーンズのポスターを見てその佇まいだけで、音楽が聴こえてくるようなバンドになりたかった」って言うのは、その華やかさやかっこよさに憧れがあって、そこを目指していたけど大人たちが目をつ…

MEDIAのことをつらつらと…

『A-studio(6/16)』視聴後のつぶやき編集編 同級生も若々しいね!おたらとたけちん♪(私、この時点でおたらさんがあのローディーさんと全く気付いていない。しかも、この番組のおかげで呼び名を知ったww) みんな笑ってる!カセットテープの取り合い( ´艸…

祝51歳☆宮本浩次

私はあなたより2週間早く生まれた。 あなたは私より2週間以上長生きしてね。 6/12誕生花、ペチュニア 花言葉、繁栄を極める。 だそうです今、私も大事に育ててるよ✨ こういう偶然が単純に嬉しい . Birthday Present も毎年、考えているけど一昨年からは邪…

他人の言うことがぜんぜんわからない…それが何か?

宮本は…自分の発言で何か誤解をされたのなら、できうる限りどういうことなのか説明したい。…と、何かで語っていた。 相手の話していることが時折、良くわからなくなってしまったり、会話の中で出た言葉のキーワードに頭の中でその言葉に反応して、何かが巡る…

花の良さが全くわからない!それが何か?(笑)

ふふ、ミヤジは花を愛でる人じゃないて言ったとおり(笑) でも、全否定するところは興味がないわけじゃないよね…女の人と同様、どう扱うものなのかわかんないだけなのよ( ̄ー ̄)ニヤリ 男の人なんてだいたい花になんて興味ないもの。だけど、わざわざ全否定もし…

2009.4.11 桜の花、舞い上がる武道館

初・エレカシLIVE&武道館 エレファントカシマシの初体験Live。 朝から快晴で、気持ちの良い日。 何よりでした。 15:30ちょっと過ぎに武道館へ到着しました。 Liveグッズを買うため、並びましたが・・・ 陽射しが熱っ!私は「宮本語録タオル(黒)」 息子は…

最近のTwitter つぶやきまとめ備忘録@ラジオ関係多め

「写真見てるだけで音が聴こえてくるようなバンドになりたかった(ストーンズのように)。石くんの西陽のあたるアパートの部屋に、ストーンズのポスターが貼ってあって、それを見ているだけで音が聴こえてくる感じがした。」自分もそんなバンドにしたい、音…

オルタナティブにやれたら…それでいい

“佐野元春”が大阪のラジオ番組のゲストで出演したのを聴いた。元春が主宰のロックフェス「THIS! オルタナティブ 2017」 (大阪フェスティバルホール)の趣旨についてこう語った。 メインストリームス*1に対抗すべくアーティスト達の集まり。 オルタナティブ…

集大成はあの世に行くときに決まる…そんな、人の一生をかけて歌う名曲

間が抜けましたが、“エレファントカシマシ 30th Anniversary All Time Best THE FIGHTING MAN 収録曲”をお題に綴ってきたブログも最後となりました。どのくらいの方に読まれたかはわかりませんが、ここまで読んでくださった皆様、ありがとうございました。 …

努力を忘れた涙は汚い…もう、泣くな泣かずに世を笑っていくがいい!涙の後には笑いがある名曲

■エレファントカシマシ新春武道館2015@1月4日(日) 泣きたいだけ泣けばいい 私は時々考える。音を楽しむのが音楽…宮本は音を楽しめているのだろうか?不器用な男だけれども…もう少し音楽を楽観的にやれればいいのに…って。 泣きたくなるほど苦しいのか?嬉…

走り抜けた男の目の前に架かった美しい虹は瞬く間に消えるけど…走馬燈の様な名曲

私が『RAINBOW』を初めて聴いたのは、2015年の日比谷野外大音楽堂でのLIVE。この年の野音は端の方だったけどステージ近くの良席に恵まれて、それだけでも大興奮でしたが…アルバム『RAINBOW』の発売も間近?っていう予感のあった時期。同名タイトルの収録曲『…

運命にさいなまれ、どこに向かうのか?誰かの手にゆだね…明日を歩いてゆくという名曲

“生きてるだけで 精一杯のオレに 何をしろというの?” まさしく昨日のブログでもこの一節を引用しましたが…優しさの数だけ歩いてこれた男も、どうだろ?この先も優しさを求めさすらうのか? 耳の肥えたリスナーの辛辣な声もチラホラ…無言でこの話題にあえて…