読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほゞ、エレカシ漬

私が好きなエレファントカシマシを軸に音楽のことを綴るブログ

雑誌

積読

いつになったら読めるだろう MUSICA(ムジカ) 2017年 04 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: FACT 発売日: 2017/03/15 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る B-PASS ALL AREA (ビーパス・オール・エリア) Vol.5 (シンコー・ミュージックMOOK) 作者: BーPASS…

音楽誌…②

『Talking Rock!4』を読みました。 うん…あと、最低さ20年は歌えるわけじゃん。ストーンズとかみてると同じことができるんだよね。同じ人間がやってる事なんだから。民族の違いはあるにせよ。まだまだ、やり残してることはあってさ…彼ららしくやれること今…

音楽誌…①

以下の2誌を読みました。ちょっとネタバレ部分もあるのでご注意ください。 ロッキング・オン・ジャパン 2017年 04 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: ロッキングオン 発売日: 2017/02/28 メディア: 雑誌 この商品を含むブログ (2件) を見る 音楽と人 2017年 04 …

生きてるから死ぬ、朝と夜、光には影。夢とか光の裏では、それが同時進行している。

タイトル:『宮本語録集』347頁 ファンになって返り咲いて、初めて買ったJAPANとbridge。bridgeには2009年の野音レポが掲載されています。 こうして短い期間ではありましたが、語録集からミヤジの言葉をひろって自分の歴史とも照らし合わせたり、その当時の…

孤高にして普遍的。過激にして包容力有り。最新にして懐かしい。そして最強のロックスピリッツ。

それが、エレファントカシマシ。すなわち俺だ。 タイトル:『宮本語録集』264頁 ※『bridge』2000年2月号より 「東京の空」も連載3回目ですね。さて、“ガストロンジャー”が発売されたのをうけてのインタビューだったのですが、ポニキャニ時代の思い出やら、佐…

破綻してて強くてかっこいいもの。・・・そういうの、絶対かっこいいんだよね。

タイトル:『宮本語録集』175頁 ※『Switch』1997年10月号 “破綻” していたんだと思う。ボロボロの心を両腕で抱え鋭い眼で睨みつける。その眼は破綻しながらもまだまだ、闘える強さがありFIGHTINGポーズを映し出していた。 私が友人を介して知ったエレファン…

毎日毎日、歩いては、止まって、悩んで、また歩き出すという、すべてはその繰り返しなんですよね。

タイトル:『宮本語録集』207頁 このJAPANは2009年5月号です。なんと、この時がJAPANの表紙を飾るのが10年ぶり!ってことでした。これを手にした時の日記を読み返してみましたが…私に何かおこっていたらしく、支離滅裂なことが書かれていました(笑)ただ、JAP…

上海の空港に降り立ったとき、ちょっと涙が出ました。

タイトル:『宮本語録集』199頁 ※画像:1998年「JAPAN」8月号 宮本浩次が“急須”の収集家である(あった)ことはファンの間では周知の事です。急須と言っても中国茶用の急須です。どうして、急須集めに高じてしまったのか…本当のところはさっぱりわからないので…

“格好いい”って言う部分が僕には重要。

タイトル:『宮本語録集』189頁 ※画像:1999年「MR」8月号 「これは宮本さんのイメージとは違いますが」と、スタイリストが言うと「イメージ?イメージなんてどうでもいいんですよ。かっこいいか、かっこ悪いか、それだけ」 この頃はファッション誌にもよく…

ずっと同じメンバーでやってきた。 だから自分のバンドを大切にしていく。

タイトル:『宮本語録集』106頁 ※『エッジウェイズ』1999年1月号 2016年の野音まで人それぞれにCOUNTDOWNを始めてる。私もそこそこ毎年何かしらの形でやってきた。だがしかし何しろネタ切れ(笑)下手したら誰かの真似っ子になる…でも、何かしたい…っつことで…

攻めるなら、もっともっとみんなの力を分けてもらえ!

JAPAN、エレファントカシマシの記事、読み終わり。まぁ、毎度のことですが山崎さん、答えを与えすぎなのよ。もちっとミヤジの言葉で話させるように仕向けてくれないかな?そうでないとミヤジますます言葉を探すことしなくなる。 言葉を探す。言葉を選ぶ。言…

「夢を追う旅人」のプロモ…雑誌編※ネタバレしてません。

どの号も基本、書いてあること(インタビューされてる事&答えてる事)は同じです。ざっくりとした内容は…タイアップへの敬意と担当者の熱意に感動、取り組み、意気込み、作品への思い…などなど。去年のツアーから新春からの流れで、モチベーションはいい状…

『週刊プレイボーイ』と宮本浩次

週刊プレイボーイ 2016年 9/5 号 [雑誌] 作者: 集英社 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2016/08/22 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 昨日、週刊プレイボーイを購入して読んだ。プレイボーイも創刊50年なんだね。週刊プレイボーイと言えば、『…

ロッキング・オン・ジャパン 2016年 07 月号 [雑誌]

新曲『夢を追う旅人』の誕生をうけて、デビュー30周年を目前にしたエレファントカシマシの新たなステージ… JAPAN JAM BEACH に出演した後の宮本へのインタビューでした。 明治からの企業イメージソングの発注。 発注品ではあるけれども、この作品に宮本自身…

MUSICA(ムジカ) やらラジヲやら

※ネタばらしはないつもりです(笑)※ ご購入の上お楽しみください。 レコード会社ってヒット曲を出したいが為にアーティストにアレンジャーをつけることがありますね。 私の尊敬してやまない“佐野元春”もデビュー当時はアレンジャーがついていましたが、何枚か…

音楽と人、RollingStone、anan、各誌より…テーマ『凄い』

※ネタバレないです※ご購入の上、お楽しみください。 テーマは『凄い』です。 凄いのてんこ盛りです。 エレカシは新作を出すたびに“音楽専門家” から、毎度凄い凄いと言われていますが、22枚目のアルバム“RAINBOW”の『凄い』に関する感想と、その凄…

ロッキング・オン・ジャパン 2015年 12 月号@エレカシの記事を読みました

あと、FC会報の「PAO」も読んだよ。 そこで感じたのは…やっぱ、もうこれからは… 今度のアルバムが…発売されたら熟成(育て)させましょう…そんな事を思った。 つまり、そのアルバム持っていろんな所へもっと旅に出ていこう! 短期間じゃなくてもう、年間50…

JAPAN と MUSICA 【ネタばれ・私感満載、注意】

インタビューした時期なんかもあるのだと思いますが、JAPANからはあまりこれといった興味を抱く内容はなくて、武道館の総括2014年のツアーやフェスの総括って感じで、渋谷さんには申し訳ないのですが、相変わらず渋谷さんの独壇場で、インタビューという…

MUSICA/JAPAN/bridge などから・・・

【祝福】 そんな、ムードいっぱいのインタビュー記事 宮本本人も「祝福されている」って感じている。 「ありがたい」と、何度も言っている。 職業 “シンガー” シングル出してフェスに出てコンサートをやって、なんぼ 売れてるのかどうかわかんないけど、チャ…