ほゞ、エレカシ漬

私が好きなエレファントカシマシの事を軸に音楽のことを綴るブログ

エレファントカシマシ デビュー記念日

3月21日は私の中の『NO MUSIC NO LIFE』に欠かせないミュージシャンがメジャーデビューをした日です。

 

1988年3月21日に、EPICソニーから「デーデ」でデビューをした、

エレファントカシマシ

 

エレファントカシマシは22歳のデビュー、今年で26周年

 

 

私は音楽に精通しているわけではない。

でも、自分の人生の岐路に何かしらの影響を与え、力を与えてくれたのが「音楽」。

この出会いも、そんな私の人生の中で衝撃をくれたものでした。

 

エレファントカシマシが活動しはじめたころはすでに、LIVEハウスで活動を中心としたミュージシャンが、インディーズからメジャーデビューするスタイルも多くなっていたころでしょうが、コンテストにこだわって出ていた気がします。

 

コンテストデビューがスターミュージシャンへの道…みたいなイメージがあったのかな?

 

 

10代のころを知る友人はさぞかし驚いているかもしれない。

高校時代は、ユーミンオフコース、そして稲垣潤一に夢中だった私だったので、好みがだいぶ変わったと思うかもしれない。でも、中学生のころは世良公則&ツイスト(のちのツイスト)が大好きだったから、根っからROCK好きなのだと思う。

 

 

今はあまりコンテストやオーデション的なものがあまり行われていないようだけど、70年代80年代はミュージシャンの登竜門は、コンテストやオーデションがデビューのきっかけになっていたように思う。

 

エレファントカシマシポニーキャニオン移籍後の「今宵の月のように」で、当時のオーディエンスから多大な共感を得た。 スマッシュヒットこそは少ないけど、細く長くファンから愛され続けるアーティストだ。

 

そのエレファントカシマシはデビュー25周年の集大成として、1月11日にさいたまスーパーアリーナでコンサートを行って、先日その模様を収録したDVDを発売しました。

 

 

LIVE DVD『エレファントカシマシ デビュー25周年記念 SPECIAL LIVE さいたまスーパーアリーナ』

 

 

の画像