読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほゞ、エレカシ漬

私が好きなエレファントカシマシを軸に音楽のことを綴るブログ

GOOD ROCKS、JAPAN、Player

発売からずいぶんと時間が経ってしまったので、今更ネタバレしません(笑)

この中で内容よりも写真がよかったのが、「GOOD ROCKS」と「JAPAN」新しいアルバム『RAINBOW』についてインタビューするのに、より専門的な観点で聴きだしているのが、「Player」であったと思います。一つ、ネタバレするとしたらPlayerの持つ雑誌の特徴上、アーティストの使用するギターについて触れているってところでしょうかね。

「Player」に関して言えば、今回のアルバム収録曲の細部にわたって宮本に質問を投げかけている。通常の一般的なファンなら気がつかない、耳が拾った音の細部について鋭く聞き出している。もしかしたら、宮本も聞かれてみて気がついた…みたいな部分も多かったのではないか?そんなことで、またアルバムを聴きなおしてみると、単純に新しいとか斬新、良いアルバムという粋を超えものすごく深く理解に近づくことができる。

往々にしてあるが一般的な音楽専門誌のインタビュアー、ライターと呼ばれる人は専属インタビュアーであるせいか、新譜が出ても己の自己解釈が盛り込まれ、聞きだすことも通り一辺倒な気がする。そのアーティストの事をもう、何から何まで知り尽くしてるかのような固定観念でいるから新鮮味がないのだ。もしくは一ファンの代表としてインタビューに挑んでいるそんな感じ。深層部分までたどり着いていない気がする。

「GOOD ROCKS」を読んで気がついたことは、新しいアレンジャーの村山☆潤さんがエレファントカシマシにとって、黒いバラ取り払う“白い風”な役割だったっていうこと。佐久間さん以来の”白い風”ではなかろうか?そのくらいに思っている。単純にエレファントカシマシのカラーや世界観を一掃するだけでなく、宮本本人やエレカシのファンをも納得させるだけの才能のある人であると思う。

「JAPAN」はデビュー当時からエレカシを追い続けている、兄貴的存在の人がインタビューしてるから、メンバーや宮本のプライベートや性格に至るまで知ってるわけで、それらを踏まえインタビューをしているっていうのがよくわかる。でも、知りすぎているから誌面にしたとき端々に内輪感が出てしまい、すでに出ている音楽誌の記事に負けてる気がしてならない。もっと、特権を活かした打ち上げ花火的な内容を入れてくれればいいのに、インタビュアーだけが楽しんでる気がいつもしてしまう…。そこが残念の極み。でも、写真は最高に素敵!メンバーたちの素を導き出してるのはさすがです。

メディアの露出も終わり今は 『RAINBOW』 ツアー真っ盛り中。公演各地で様々なエピソードが繰り広げられて、たくさんの虹を作りだしているようだ。

私は“名古屋(12/18)”と“金沢(12/26)”でツアーは閉めくくり。年末のCOUNTDOWN1516でライブの締めくくりです。どんな物語が待っているのか?存分に楽しみたい。

の画像