ほゞ、エレカシ漬

私が好きなエレファントカシマシを軸に音楽のことを綴るブログ

本日(8/3)発売!「夢を追う旅人/I am hungry」

エレカシの新譜、聴いた!!今回は両A面的なタイアップ曲でしたが、思うところは皆さんそれぞれでしょうけど、ミヤジも職業としてのミュージシャンとして発注品への対応、コンペに向けた意欲的な対応が確実にスキルアップできてる感じですね。長く続けるって好きなことやってるだけじゃ続かないもん🎶

ファンだから「無条件」に、なんでもイイ!っていう感覚もありつつ。もっと掘り下げて感じることも沢山ある。昨夜も話したけど全てを一旦受け入れて好きなところを集め、ニヤニヤして愛でて鞭で打つみたいな(笑)ドSなファンでいようと改めて思った ( ̄ー ̄)ニヤリ

 

夢を追う旅人(初回限定盤)(DVD付)

夢を追う旅人(初回限定盤)(DVD付)

 

 

エレファントカシマシのボーカル、宮本浩次が出した新曲は復活後、50歳になってもなお攻めの作品となった。彼にとってミュージシャンとしての「夢」はどういうものだったのか?現在の形とはまったく違うものなのか?違うなりにも「音楽」を仕事とすることに対して一定のスタイルは確立できたのだろうか?「夢」の中をさまよい迷子にならないよう、少しづつアイデンティティをこぼして歩いている感じに思える。

「音楽」「芸能」を“夢”として掲げている人たちは五万といると思うけど、30年やってこれて、紆余曲折ありながらそこそこセールスしてるっていうのは、努力もさることながら、運を味方につけた成功例と言えるかもしれない。

私の「夢」はなんだったのだろう?子供の頃の夢は“保育士”と“イラストレーター”だった。今、そのどれにもなっていない。自分の不努力の結果ではあるけれどやはりここでも「運」というものが作用している気がしてしまう。だから、明確な「挫折」というものも味わっていない。たぶん、人生の中で地味に挫折はしているんだろうけど、その後の生活にダメージのない程度のもの。ボディブローを受け続けているんだろうなぁ…。

Netflix火花お題「夢と挫折」 Sponsored by Netflix