読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほゞ、エレカシ漬

私が好きなエレファントカシマシを軸に音楽のことを綴るブログ

「夢を追う旅人」のプロモ

いわゆる、タイアップっていうのは『協力・提携』という意味合いがあって、アーティストだけではなく提携した企業やブランドへに興味を持ってもらう目的があるわけですよね。そういう点において「夢を追う旅人」は成功している気がする。曲が浸透することがとにかく重要なのだから。

とくに「I am hungry」なんて、この曲を聴いただけで「侠飯」のオープニングが目に浮かんじゃうし(笑)そこに関してもかなり成功したんじゃないかな?


【ドラマ24】侠飯~おとこめし~

あとは、明治のCMがもっと流れてくれたら印象も強く残ると思うんだけど…


明治「POWER!ひとくちの力 登坂絵莉選手篇」

単純にファンに向けたシングルならジャケットなんかにも、ファンサービスがあってもよいが、タイアップとなれば話は別でしょうね。とにかく売れた方がいいはず。

エレファントカシマシのシングルジャケットをみますと、メンバーが一緒にいるのが少ない(笑)中面、ライナーに載ってるのもあるけど表面はメンバー全員っていうのが少ない(笑)宮本を前面に出してれば売れるからじゃないか?って宮本ファンだけに向けたような意見もあるけど、「夢を追う旅人」に関して言えば思わず手に取って見たくなる勢いを感じる。エレカシ(宮本)ファンでなくとも目を引き手に取って見たくなるだろう。そこから、企業やドラマで使われてる事が告知されお買い上げいただければ、曲も聴いていただける。狙いはそこにあるんじゃないか?と、思いませんか?(笑)

また、プロモでメンバーがそろわないなんて言うのは、今更な話で大きな問題はないと思う。例えば、メンバーに一緒に出るか?と尋ねたら「俺たちはいいよ。ミヤジ出てよ」とか言ってそう( ´艸`)エレカシが全員で活きる場所はやっぱ、LIVEのステージなんだと思う。必ずしも表舞台に全員が出なくても良いと私は思っている。

ロックバンドは色々あるけど、エレカシのバンドの絆ほど強いものはないよね。メンバーの露出が少なくてもなんの支障もない。むしろ、他のバンドを見たらメンバーの個性も強すぎて解散。なんてのも多いではないか!(笑)

エレカシに限って言えば彼らは家族以上である。メンバーはミヤジの歌いやすい環境を作ればいいんだ。練習然りそっと見守る姿勢も然り…役割っていうものがメンバー内で決まってるんだと思うな。ミヤジの扱いについて、一番理解し接してきたのがメンバーなのだから、ファンがとやかく言うことでもないだろう。

とにかく一枚でも多く売れて長く歌い続けていただくのが…私の願い。

 

夢を追う旅人(初回限定盤)(DVD付)

夢を追う旅人(初回限定盤)(DVD付)