読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほゞ、エレカシ漬

私が好きなエレファントカシマシを軸に音楽のことを綴るブログ

攻めるなら、もっともっとみんなの力を分けてもらえ!

JAPAN、エレファントカシマシの記事、読み終わり。まぁ、毎度のことですが山崎さん、答えを与えすぎなのよ。もちっとミヤジの言葉で話させるように仕向けてくれないかな?そうでないとミヤジますます言葉を探すことしなくなる。

言葉を探す。言葉を選ぶ。言葉の意味を知る…確かにミヤジは一般の人より多くの難しい言葉は知ってるけど、より的確な現代語を知ることで世界が広がるはずなんだけど…表現の幅も広がるのよ…。

『戦闘能力』…そういや、夢を追う旅人のジャケはスーパーサイヤ人孫悟空みたいだったもんね(笑)戦闘力は強い奴が出てくれば出てくるほどアップしていく。ミヤジの音楽人生もそうであっただろう。

某ラジオ番組で「人を思いやれるようになった」と、言ってきたけどもう少し人の気持ちや心、思い出とか自分の経験も踏まえて精査する時なのではないか?もっと、いろんな現代の出来事にふれて人の傷みも疑似体験した方がよいのではないか?ふと、そんなことを思った。自らも戦っては来たけれどそれは自分だけの世界の事で、いつでも見守って、助けてくれる人がいた。と、わかっているのなら、世の中の嫌な出来事にも真正面から向かう攻めもあっていいような気がするんだよ。自分の事じゃないからわからないよ…ではなくて、自分なりの見解を作品にしてもよいのではないか?

内省する時間は終った。もっと、世間に眼を向けて「憤り」「悲しみ」「恐れ」「愛」を身をもって感じないと、ミヤジの曲が廃れた世界になっちゃうよ。もっともっと世の中を見ようよ。見ているとすればそこから何か生まれているはず。でも、生まれてないよ。

私はそう思う。

絡まった真綿をかきわけて、形でなく本当の攻めをもっとリアルな音と言葉で伝えてほしい!!エレファントカシマシ宮本浩次はもっともっと“原点回帰”してほしい。ただ、昔のような…と言っているのではなく分厚い氷の中に凍らせた「怒り」を今に置き換えて歌にしてほしい!恐れるなよ…『戦闘能力』高いならもっと強い奴さがして戦え!ピンチの時にはみんなから少しずつパワーをもらって“元気玉”作って恐怖をぶっ倒せ!私は今、そのくらいの期待をもって応援してる!