ほゞ、エレカシ漬

私が好きなエレファントカシマシの事を軸に音楽のことを綴るブログ

2012.10.14日比谷野外音楽堂@泣かない女

今日は号泣するのかと思ったけど・・・

案外、淡々としている自分だった。
っていうか、肝が座っていただけなのかな?

最近にはなかったMCっていうか、これまでの経緯説明もなんだか聞いてておかしくなっちゃって・・・むしろ笑ってた。
印象としてはあっけらかんとした感じだったけど、入院ましてや手術なんて無縁の健康体だった宮本にとっては、センセーショナルな出来事で・・・耳のことだし、ナーバスにはなったようだけど、冗談ぽく闘病生活のことも語ったりして・・・他人から見たら大事でも、宮本からしたらある種、芸の肥やし的にシフト変換できたのにもそんなに時間は要さなかったようだ。

 

セトリ

1 夢のちまた
2 悲しみの果て
3 約束
4 リッスントゥザミュージック
5 月の夜
6 うつらうつら
7 見果てぬ夢
8 涙を流す男
9 花男
10 俺たちの明日
11 笑顔の未来へ
12 ズレてる方がいい

「リッスントゥザミュージック」と「笑顔の未来へ」に蔦屋氏と昼海氏が参加。
「ズレてる方がいい」でメンバーが登場。プラス蔦屋氏と昼海氏

宮本はズレてる以外は全曲アコギで歌った。


耳の調子は正直、わからないけれども声はだいぶよく出ていた。

実は本人、4月くらいからマラソン(ジョギングとは言ってなかった)を始め、7月っていったかな?からは禁煙してるとも言ってました。周りから驚きの声が(((o(*゚▽゚*)o)))
体にだいぶガタが来ていることを実感、それがいっぺんに出てしまったんだろうと・・・。
春くらいから耳鳴りがすごかったらしい。でも9月1日夜、尋常じゃない耳鳴りに襲われて・・・2日休日診療で診てもらったとか(彼は休日診療のことすら知らんかった・・・。どんだけ丈夫やねんww)ステロイドで翌日は良くなったものの、3日にはまた聞こえづらくなり、聴力はどんどん下がり、5日に手術すると宣告されたとのことです。

手術をすること(のどに管を通すため)で、苦味を感じなくなったり“声が出なくなったり”ということも考えられますが、命を優先させます!と先生に言われて、「(覚悟して)よろしくお願いします!」と、答えたという。
私はドキッとした・・・声が出なくなるかも・・・本人も実際はドキッとしたはずだよね。

入院中、左腰が痛くなったり左足が痺れてきて、センセイに訴えたら(耳と関連してるとおもったらしい)

「そんなことは、絶対にありえない」と断言されたとか、宮本もはじめての経験で病気・入院という状況に酔っていたと話してました(笑)


びっくりさせたり、がっかりさせちゃったり、沢山心配かけちゃったりして 、
中止せざるを得なくなちゃったんだけど、あっち行ったりこっち行ったり(やらないって言ったり、やるって言ったりという意味で)バタバタもさせちゃって・・・ほんとうに

“ごめんなさい”と、言ってました。

しかし、こんな話も立ち直りがいいというか、あまり深刻にならないというか・・・まぁそれが宮本っぽいなと思った次第です。

『体はこの通り元気ですから!タバコをやめたことと入院で体を休めたことで、声がよくなった気がする。』
と言ってました。場内大拍手

『今日はこんなに沢山の人が来てくれて、オレも来て良かったと思います。本当にありがとう』と・・・

今日は恐る恐る歌った感じだけど、歌声は健在でしたよ。確かに自分で弾いてるギターなのに、音を拾えていないフシはあったけどね。徐々に徐々に良くなると思います。


宮本、泣いちゃうかな?って思ったけど泣かなかった・・・と、思う。
反応の凄さに戸惑ったせいなのかな?とも思う(笑)

とにもかくにも元気そうでよかった・・・と、少し安心できた夜であり。
調子に乗るなよ!って思った夜でもあった。