ほゞ、エレカシ漬

私が好きなエレファントカシマシの事を軸に音楽のことを綴るブログ

つまらぬ自分もつまらぬ人生も己が主役…私もあなたも主役になれる名曲

sp.universal-music.co.jp

私は子供の頃、転校した親友と文通をしたことがあります。“ペンパル”と言って文通友達を探すコーナーなんかも雑誌には必ずあって、興味や趣味の合う人と文通したこともあります。

つまり、手紙を書くことが好きなのです。手紙が来るとすぐに返信をするほどに、筆まめな人間です(笑)しかも、3枚以上は必ず書いていたかもしれません…。

しかし、ファンレターなるものを書いて送ったのは、エレカシ宮本浩次だけです。とにかく2008年にファンになってから、アルバムが出ては…シングルが出てはLIVEに行っては…書いてました。こんなことを書くとちょっとひかれるかな?(笑)でも、こうしてブログを更新し続ける行為も…人によってはおかしな行動なのかもしれないですね。

でも、私としては大まじめに色々と感じとって考えてしまうんです。そして、それを伝えずにはいられない。

『MASTERPIECE』(2012/5/30)がリリースされた時に私はこんな日記をあげている。

私はある時の手紙で 最近の作品は、宮本浩次の作品であって・・・変わってしまうほどプロデューサーの色が濃く出てしまって悲しい。宮本浩次の作品はそれ自体に輝きがあるのに・・・みたいなことを書いて送ったことがある。

そして
「悪魔のささやき」を出したあとの手紙には、アルバムのためのシングルはいらない。アルバムのための新曲が聴きたい!と・・・書いて送った。

前置きが長くなったけど・・・ (『MASTERPIECE』を聴いて)私が待ち望んでいた“ミヤジワールド”が戻ってきた?
いや・・・戻ってきたんじゃない。約束通り“化けの皮履いで”彼は赤裸になった姿を私たちに魅せつけにきたんだ。

私にとってみたら『悪魔降臨』かもしれない(笑)
“悪魔メフィストの完全体がこの「MASTERPIECE」の中に登場する宮本自身の姿。そんな風に私は感じたのです。

全編自叙伝的な内容。

聴いてそして歌詞を咀嚼しながら読み続けるにつれ・・・ 自分の思い出や経験も蘇りつつ、宮本の思い出にも嫉妬する自分がいて(笑)共感する部分がありながら、まんじりとしない不快な思い・・・。
そう、このアルバムを聴いてそんな“イヤラシイ自分”が出てこそ、 宮本の「勝利」なんじゃないかな? と、思った。素直に敗北を認めます(笑)

過去があって今の自分がある。今の自分が未来へつながる・・・。
そんなことは昔から私は知っていた。だから、改めて宮本に言われて・・・
「あぁそうか・・・」なんていう感動とか感謝とかそういったものはない。だけど、「悪魔のささやき」で叫びきれなかった、人の表の顔と裏の顔。
本音と建前・・・人には言えない秘密・・・とか、そんなこと当たり前に誰にでもあって、宮本自身にももちろんあって・・・開放することができたそのことに私は祝福を捧げたい。

本人も言ってるけど 、曲は昔から書き溜めたものの中からで、似たような曲かもしれない。詞も昔から言ってることは基本変わらないんだけど、右から左へ移動させたくらいのほんの変化が大きな発見になった・・・と。


===中略===

一方通行(手紙)な、私の想いも無駄じゃなかったなって思えた。

私は・・・宮本浩次の心をずっとノックし続けて、一度やめると告げたのに新春LIVEのあとにまた彼の心を叩いていた・・・それは間違いではなかった。そして「ノックしてくれ!」と言われたら・・・また、ノックし続けるしかあるまい!(笑)

 

『大地のシンフォニー』の一節を聴いた時、沢山のファンのエールが彼を励ましたんだな…私もその中にいるはずだって思えた。この曲(「約束」も)はYANAGIMAN氏がアレンジャーで最後の最後まで諦めずに詞を考えてほしい。と、宿題された曲。詞にミヤジの気持ちが最大限込められている。

なので、この曲を選んでくれたことがとても嬉しい。

30周年を目の前に…ミヤジはやる気と不安にさいなまれていないかな?事務所やレコード会社、自分の思い、メンバーや近しい人との関わりの中で孤独になっていないかな?最近、そんなことを思う。

自分が生きていくだけで精一杯の男に何をしろというの?今、ミヤジはやれることを精一杯やっている。それが、良いのか悪いのかの判断は別として… エレファントカシマシ宮本浩次そして、多くのファンを置き去りにしたプロモーションの進め方にも気がついてはいるけど、空回りしているのはいつものことなのでは?ファンの皆さんが一番の理解者だとは思うけど、ファンも人なのでいろいろと思うことはある…そういうものですよね。

何か思うことがあれば直接訴えればいいと思う。伝えないまま流されていくのはあまりに悲しい。

「大地のシンフォニー」にはそんなミヤジの心の揺らぎが見える。でも、いつも揺らいでるね。きっと、今も手探りで揺らいでいる。自分というものがありながら勇気がなくてゆらゆらしているのが、宮本浩次ですよね?

誰かが支えていかないと本当に生きていけない男。世間の風は冷たい…気をつけてほしい。