ほゞ、エレカシ漬

私が好きなエレファントカシマシを軸に音楽のことを綴るブログ

佐野元春 & THE COYOTE BAND「Rockin' Christmas 2016」

せっかくのクリスマスイヴなので…先日行ってきた佐野元春のクリスマスLIVEのことでも、綴っておきたいと思います。

佐野元春 & THE COYOTE BAND「Rockin' Christmas 2016」が、12月20日(火)恵比寿ガーデンホール(http://lultimo.jp/bacio/)で行われました。

6年連続6回目の開催ですが、私が来たのはこれが初めてです。

このブログは主にエレファントカシマシに関することをあげているのですが、私のモチベーションの全てが佐野元春にあるため、少しだけ触れたいと思います。

f:id:yumcha_low:20161224194106j:plain

佐野元春は1980年3月21日「アンジェリーナ」で、エピックソニーからデビューをした。今年の3月で満35周年を迎えた。

私が佐野元春のファンになったのは1992年頃、テレビから自動車のCMが流れてきてそれが、佐野元春の「レインガール」という曲だった。

≪余談≫

エレカシは1988年3月21日エピックソニーからデビュー。デビュー月日が同じ(^^♪レコード会社が一緒。
エレカシとの出会いは佐野元春ファンの人からエレカシを「聴いてみて」と、紹介されたのがきっかけで、一旦ファンを離れるもやはりCMソングを聴いたのがきっかけでファンに戻りました。

のちのちこれらのことに気がついて、縁のような不思議さを感じたわけです。佐野元春に対するファン愛は『尊敬』に近いしいつでも自分の心に寄り添っていて、何か落ち込んだり弱気になった時の励ましになる。

変な話しエレカシを応援していて心が折れそうな時、励ましてくれるのは佐野元春だったりする(笑)だから、私にとってなくてはならないアーティストなのです。エレカシの曲で泣くことはなくても、元春の曲で泣いたことは数知れず…。

今回のRockin' Christmasでも、涙こらえるのが大変だった。っていうか、楽しいイベントなので終始笑顔🎶元春も「笑って!」と、手でスマイル作るしぐさしてくれた。

元春は久しぶりに短髪にしたことをFBで公開していて、切りたてのホヤホヤに会うことが出来ました❤

f:id:yumcha_low:20161224231501j:plain

素敵なロマンスグレーの短髪です❤

セットリストは下記の通り

 セットリスト


(1部)
境界線
La Vita e Bella
夜空の果てまで
新しい雨(新曲)
或る秋の日(新曲)
バイ・ザ・シー
虹をつかむ人
みんなの願いかなう日まで
優しい闇


(2部)
ポーラスタア
私の太陽
世界は慈悲を待っている
空港待合室
カム・シャイニング
クリスマス ・タイム・イン・ブルー
約束の橋


(アンコール)
ソー・ヤング
誰かが君のドアを叩いてる
ナイトライフ
アンジェリーナ

『虹をつかむ人』を聴いててドキっとしたのは、歌詞が宮本浩次の生きてる姿に重なって聴こえたこと。

http://j-lyric.net/artist/a0029d0/l02c8a5.html

ミヤジは今も大らかな人生を夢見ているだろうか?もし見ているとしたらその夢の形はどんなモノなんだろう?そんなことをぼんやり考えながら聴いていた。

この秋に発表された新曲3曲のうち2曲も披露してくれた。

『或る秋の日』に関しては、熟年の愛を作ったのはこのジャンルで僕が初めてじゃないかな?と、笑いをとっていた。サザンオールスターズ桑田佳祐さんも今年のベストソングの中でランク外ではあるけどww選んでくれている。でも、確かにドキッとする大人の恋愛が描かれていて…想い人…か…なんて、ちょっとセンチメンタルな気分に…w

『新しい雨』曲名からどんなニュアンスなのか?想像ができなかったけど、虹を希望や夢に例えるなら、新しい雨が降るのを待って虹を架けたいという願いなのかな?と、私のなかで感じた。雨ですべてを洗い流してほしいような、そしてその後に虹をつかみに歩き出したいような…背中を押してくれる曲のように感じた。

元春はデビュー以来、2曲のクリスマスソングを作っています。1曲は『CHRISTMAS TIME IN BLUE -聖なる夜に口笛吹いて-』1985年に12インチシングルとしてリリース。
「いつの頃からか自分でも1曲、何かクリスマスについての歌を書いてみたい。そんな風に思うようになりました。今回は、その思いが実現したわけで、皆さんの手元にこのレコードが届けられる事を、うれしく思っています」と、語ったという。また、歌詞からはクリスマスは誰にでも平等に訪れる…という願いが込められていて、レゲェ調の曲にのせられた歌詞は単に陽気で平和なクリスマスを歌っているわけではない。

世界中のチルドレン
Ring - a - ring - a - roses !
憂うつな時も ひとりぼっちの時も
平和な街で 闘ってる街で
Ring - a - ring - a - roses !
Tonight's gonna be alright

だけど、みんなに平等にクリスマスはやってくる…少し憂いがあるところにこの曲の深さがある。

そして、もう一曲は『みんなの願いかなう日まで』この曲は『CHRISTMAS TIME IN BLUE』から、28年2013年に発表された曲。前作が世界中に心を向けていることに対し、「みんなの願いがかなう日まで」は“個”“隣人”という身近な関係の大切さを見つめ合う日…そんな、テーマで歌っている気がした。ウクレレの音色が優しく重たくなった心も浮かれ明るくなる。

www.moto.co.jp


「僕は何もいらない…君がいてくれれば」とか、素敵すぎる❤

そして!
「今宵のハッピーな瞬間を真空パックする方法があるんだよ。みんな知らない?」と、無邪気に問いかける元春。
「ちまたで今流行ってる“マネキン・チャレンジ”でこの楽しい時間を真空パックするんだよ」
(場内歓声)と、いうことで2回くらいリハーサルしていざ本番!「ナイト・ライフ」のフィニッシュに合わせて!


Rockin' Christmas 2016 - DaisyMusic Official

めちゃめちゃ楽しい試み!とてもうまくいきました!そして、最高の思い出になったクリスマスでした。恵比寿のクリスマスイルミネーション、大好きな佐野元春と共に過ごすクリスマスLIVE…マネキンチャレンジ…夢のような時間だったな…。

また、来年も来れますように…と、心から願うのでした。