ほゞ、エレカシ漬

私が好きなエレファントカシマシを軸に音楽のことを綴るブログ

2010/05/16 JAPAN JAM 2010<2日目> 富士スピードウェイ

フェスなので参加ミュージシャンのLIVEも堪能しましたが、 メインはなんと言ってもエレファントカシマシなので、ここはここをメインに語っておきます。

エレファントカシマシ・・・
彼等は「モビリタステージ」の3番手でした。

薄曇の富士スピードウェイ・・・寒くもなく暑くもない、そんな快適な気温。
エレカシの登場と共に陽が差し込む!やはり「太陽」は彼等の味方だった。


さて、リベルタステージではYO-KINGが演奏をしている頃・・・
私達はステージ前方セイちゃん側の柵エリア、一段段差のあるフェンス側をキープ。
前から5列目位・・・ミヤジの立ち位置がよく見える。
これは、一緒に参戦してくれたエレ友さんのフェス経験の賜物的な導き(笑)

機材のセッティング中、
「あれ?あれ?・・・」見覚えのある顔が・・・
「あ、トミだっ!」
スタッフとドラムのところで何やらお話ししてました。
これ意外とレアな出来事ですよね♪
すると、しばらくしてまた見覚えある顔が右手から・・・
「あ、渋谷さんだ」ステージの後ろの方を横断して行き過ぎる。
エレカシのステージが心配なのだろうか?(笑)
そして、金原さん・・・楽器の音調整で登場。
と、まぁこんな感じで、またぁ〜〜りとエレカシの登場を待ってました。

そして!

ジャーーン!大型モニターに「NEXT ARTIST エレファントカシマシ

ミヤジ白シャツに黒ジャケットで登場!やや緊張気味ながら、「笑顔」
「ミヤジ、超機嫌いいね!」


「イェーーエブリバデ!それじゃあいっちょいくかぁ!」

Sky is Blueかと予想したが!

1.俺の道

なんか、嬉しい裏切りだぁ!(笑)
1曲目終わると早々に上着脱ぎーのシャツ半分だしーのww
「大切な友達に捧げる歌です」とか、言った様な気がしたが・・・ww
『友達がいるのさ』?と、思いきや!

2 達者であれよ

これもちろんLiveで聴くの初めてです!
「あぁ、戦う君よたまには涙をみせろよ」・・・・・
私はエレカシのLiveで泣いた事がない。むしろいつもニコニコ。
そう、この日だって散々楽しみにしていた。楽しいフェス泣くはずがなかった。
 
3 悲しみの果て

私の目が滲んだ・・・この曲できた・・・なんで、この流れさ・・・
私事で、来月が父の四十九日で納骨、そして6月29日は父の誕生日。
父の日もある・・・その日が来たら父に捧げる曲で密かに
「悲しみの果て」をここにアップしようと思っていた。

父が死んだ日、私の頭の中にずっと流れていた曲。
悲しみの後には笑いがあるはずさ!誰かが言ってた・・・と、歌い続けてた。
私は涙をこらえられなかった・・・。
それで、これが来るのかぁぁ!!!

4 幸せよ、この指にとまれ

なんだよ・・・この流れは・・・と、私は混乱してた・・・一人、
混乱オレ状態でしたw
そして、ここでセッションミュージシャンの紹介。

武道館の時、迫力あるバイオリンを披露してくれた金原智恵子さんと 武道館の時はミヤジが名前を忘れた(笑)笠原あやのさんの登場。
あの時の再現的この曲

5 リッスントゥザミュージック

そして、いよいよ登場!
「お待たせしました。スペシャルなもうひとりのゲスト!chara!」
私の憧れの女性が目の前に登場!
「可愛い!!」と言うしかない可愛さ!!そして、セッション曲は!
期待を裏切らない・・・

6 Swallowtail Butterfly 〜あいのうた

私の涙腺が崩壊しないわけがない・・・いろんな思いが溢れる・・・ 私の個人的な思い出だけど、勝手にリンクしていく・・・
好きだったあの男、その男と観た映画「スワロウテイル
主題歌の「Swallowtail Butterfly 〜あいのうた」で、charaが好きになり、そして、その男が教えてくれた「エレファントカシマシ」を知り。
時間を越えてエレカシが大好きになり、こうして奇跡のセッションが・・・ 勝手に涙が溢れ出る・・・

キーが高いせいもあるが、ミヤジはたぶん極度に緊張していたんだろう、 声が思ったより出ていなかった。それでも、ミヤジとcharaの歌う「Swallowtail Butterfly 〜あいのうた」は、素晴らしく・・・
♪体は体で素直になる 涙が止まらない・・・♪
その通りなのです。

極めつけは!

7.「それを愛と呼ぶとしよう」chara「エレガンス」コンビネーション

ミヤジが提案したコンビネーション曲。「それを愛と呼ぶとしよう」の アレンジはオリジナルとうって変わり、ROCKな男っぽい「それ愛」と charaの女性らしいキュートな曲「エレガンス」を融合させたという、斬新な演出!これはお宝曲としか言いようがない!
ここに来なければ聴けなかったんだ・・・。

8 風に吹かれて

ここのMCだったか忘れたけど、私等の方のエリアに向けてミヤジが 「こっちの方にも何か声をかけてあげてください」(笑)と、charaを促してくれて・・・勝手にミヤジの愛を感じた(バカ)ww

と、ここで金原さん、笠原さん、charaはバックステージへ・・・

「シンプルに俺たちの曲やります」

9 俺たちの明日
10 今宵の月のように
11 笑顔の未来へ
12 FLYER

そして、再び金原さん、笠原さん、charaの登場!

「男っぽすぎて、芸風が違うのでどうかと思ったんですが(笑)
 無理を言ってやってほしいとお願いしました」
「えー?全然、大丈夫」とchara
なんと、この曲!

13 コール アンド レスポンス

charaとミヤジの「死刑宣告」これはこれで、天国へ導く天使と地獄へ連れゆく悪魔?(笑)そのくらいのインパクト!charaの声(コーラス)がすごく、この曲の世界観を広げた・・・と、私は感じました。

そして、最後にこれを聴かなきゃここへ来た意味がないだろう!

14 待つ男

この曲の後半・・・これは・・・思い込み!勘違い!って言われても全然かまいません!勝手に思わせておいてください!(笑)
私は10数秒ミヤジと目が合ってました!ちょうど私が乗り出すと正面に近くなる位置でミヤジは腰を低くして・・・どの部分だったか・・・
♪あぁ外を眺めれば かすむ空気と人のつぶ・・・♪
と歌いながら、ガン見・・・私もガン見・・・絶対に目をそらさなかった!
そんなに遠い距離じゃなかったし・・・見つめ合ってたと・・・ 思わせてほしい・・・お願いです(笑)
あーーー、つくづく私っておめでたい人間です(お笑い種さーーーww)

ただ、新春コンサートのあとにミヤジに出した手紙に、「待つ男」の事を散々書いたので・・・そんな気になってしまった・・・。
私はもう・・・この出来事をまんま信じていれば、幸せなので・・・そっとしておいてください(笑)
おまけにシャツ脇ベリ破りし〜の、ボタンぶっちぎり〜のw
肌露出満載で・・・アタシは・・・もう・・・
普通の主婦に戻れません(爆)ってオィォィ←自分ツッコミしとくねww

あ、最後になっちゃいましたがcharaが会場に向けて
「皆には愛の角ある?」って聞いたの。そしてミヤジのほうに向かって
「ヒロジさん、あなたにも愛の角はあるの?」って聞いて
この手の質問にはご承知の通り、シドロモドロの困惑ミヤジになるわけで(笑)
生であんなに動揺するミヤジも見ることができ!最高に素敵なステージでした。

ミヤジがcharaを見送る時
「また、会おう!」と言い、
charaはそれに応えるように軽く手を上げたように見えた。
そして、ボソっと言った
charaってかわいいよなぁ?」って(笑)
私はそうだねーーーー!って言ったけど、このときそばにいたエレ友の心情は・・・
目の前のエレ友さんの肩からはメラメラとなんとも言えぬ炎がww

このステージは長くエレカシのファンをしている人たちが、Liveでは絶対に観た事のない表情ばかりだったでしょう・・・。
現にM玉ちゃんはそう言ってた。終始笑顔でご機嫌なミヤジでした。
笑顔がデレデレ笑顔でしたもの(笑)デレデレしすぎ!って思うくらいに、私はそれでいいなーーーと、思ったんだけどね・・・アハハハ・・・