ほゞ、エレカシ漬

私が好きなエレファントカシマシの事を軸に音楽のことを綴るブログ

2010/07/17 エレファントカシマシ日比谷野外音楽堂単独LIVE

なんだろう・・・このモヤモヤ感は・・・

私が聴きたかった
「パワーインザワールド」
「ドビッシャー男」
「生命賛歌」
「星の砂」



「Baby自転車」
沢山やってくれたのに・・・モヤンモヤンモエヤ〜〜ンです。

お気に入りの
花男
「デーデ」
「珍奇男」



「おはようこんにちは」
だって、やってくれたのに・・・もしミヤジに「不満かい?」って
聞かれたら・・・
「不満ぢゃーーーーい!!」と、言いたくなった・・・ショボン・・・

01.おはよう こんにちは
02.ドビッシャー男
03.ファイティングマン
04.うつらうつら
05.too fine life
06.シャララ
07.道
08.人間って何だ
09.星の砂
10.パワー・イン・ザ・ワールド
11.生命賛歌
12.月夜の散歩
13.武蔵野
14.幸せよ、この指にとまれ
15.友達がいるのさ
16.赤き空よ!
17.歩く男
18.月の夜
19.ハナウタ~遠い昔からの物語~
20.FLYER
21.ガストロンジャー


22.珍奇男(アンコール1)
23.Baby自転車(アンコール1)
24.悲しみの果て(アンコール1)
25.花男(アンコール1)
26.デーデ(アンコール1)
27.いつか見た夢を(アンコール2)


OK※セトリはホント最高でした!!※

中で聴けただけでも幸せじゃん・・・と、言われればそうだけど むしろ、遠方からわざわざチケットないのに外聞きしにきてる人になんかあれじゃ・・・どうなのよ?っていう気もした・・・。

歌詞忘れ・間違いも多かったし、声の出も伸びも去年の野音と比べものにならないくらい悪い気がした・・・。

違うだろうか?

フェスだのなんだのと、仕事を詰めすぎているからじゃないのか?
それに関連して、人との関わりもそれに加えて増えるわけで、それほど器用に振舞える男でもなかろうし、心身ともに疲れていたんじゃないのか?・・・なんか、消化するだけのLiveのように感じてしまった・・・。

日比谷野外音楽堂でのLiveはエレカシにとっても、ファンにとっても「特別」なものであって、完璧に・・・とまでは言わないけど・・・もっと、強く刺さる何かが残るLiveなんじゃないのか?

先日の「JAPAN JAM」や「ROCKS TOKYO」のステージの方がまだ、満足できた感じなのだ・・・。

新曲も2曲披露してくれたが、私の願っているアルバムになるのか?
今や怪しい感じがしている・・・。
心の中で・・・「絆」「ハナウタ」・・・ユニバのピークはここまでかな?
そんな厳しい思いも浮かんできた・・・。
今回の新曲もたぶん蔦谷氏プロデュースなのだと思うが、蔦谷カラーが 全面に出ていて、「宮本浩次」の存在が見えないのだ。

ユニバ時代の曲から聞き始めた人には、さほどの違和感はないだろう。
でも、エレカシの曲を昔は受け入れられなかったが、時を経て最近、胸に突き刺さるようになった、というファンも多く・・・ これからもそんな曲を聴きたい、聴けると思っていたのではないか?

生命賛歌ではなく、まるで「生命傘下」だ・・・得体の知れない、何かに呑まれて、小さく収まってしまった感じがするのです。
呑まれたのならまた、その腹を蹴破って飛び出してほしい。 自ら呑まれたのなら・・・それならいたしかたあるまい・・・。
それも「俺の道」なのだろう・・・。

ミヤジの新曲に「俺はまちがってるのかい?」という問いかけが
あったような気がしたけど・・・聴き間違いかな?
私は
「好いとも悪いとも言えない・・・そして、ついには まぁまぁだとも言えない。大いに不本意なだけ。」と、応える・・・。


追記:ロッキンの山崎さん絶賛してるし・・・小林武志との対談・・・
   褒めちぎっちゃってるし・・・もーよくわかんないや・・・
   「変な奴が誉められちゃって、ノセラレチャッテ・・・」
   そんな事にならないといいな・