ほゞ、エレカシ漬

私が好きなエレファントカシマシの事を軸に音楽のことを綴るブログ

2010/08/01 エレファントカシマシ大阪城野外音楽堂単独LIVE

エレカシのライフワークと言ってもよい、日比谷野外音楽堂単独LIVEから2週間を経て・・・大阪城公園野外音楽堂単独Liveへと・・・

今週、更にひたちなかで行われるロックインジャパンに行く事を考え、大阪遠征について当初は躊躇していた。
だが、今年エレカシの単独Live(ツアー)が行われる事は、少々考えにくく行けるのなら行っておくべき!と判断し参戦を決意してました。

野音でのLiveの歴史は21年、長い歴史があるわけで・・・毎年、趣の違うステージであったでしょう・・・私はその内の去年の大阪(対バン)と日比谷2Daysと今年・・・何もわかっちゃいないのに、去年の日比谷があまりにすごすぎたせいなのか?今年の日比谷は少しモヤモヤ感の残るそんな感想でした。それでも、多くのリスナーに感動を与えていましたが・・・

この大阪野音は「私にとって」リベンジ的要素もあって、ミヤジは絶対にやってくれる男!それだけを信じて参戦しました。

大阪野音前はとてもゆったりと時間が流れ・・・とても、優しい空気でした。
日比谷はなんとなく殺伐感が・・・ファンの気迫もあるからある意味、殺気立ってる雰囲気もあったけど、大阪はものすごくピースフル・・・好きです・・・あの雰囲気がぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

定刻から5分位遅れて、メンバー登場!
ミヤジ「白シャツ」

選曲はレア曲少なめ、耳なじみのある、人気曲が多かった気がいたします。


【セットリスト】

1 明日に向かって走れ
 ムード先日、胸キュン曲としてあげていましたが(笑)
  いきなりの登場・・・何故か動揺しましたww
  LIVEでやるのも2007年の大阪野音ぶりってことで、
  私も生聴きは初となりました!でも、なんだか「初」と言う気がしないw
  やっぱり、私は明日に向かって走り出す!走り続ける。

2 幸せよ、この指にとまれ

3 地元のダンナ
 ムードこの曲、大阪でやることが多いのかなぁ?(笑)
  「俺たちのテーマSONG」みたいな紹介をしてましたぁ。

4 ゴッドファーザー

5 真夜中のヒーロー
 ムードとりあえず、ミヤジは私だけのヒーローで決定(爆)

6 悲しみの果て
 ムード毎回、聴く度に心が震えます・・・

7 うつらうつら
 ムード44歳にして「うつらうつら」な生活ですな・・・
  次男を学校のプール教室へ連れて行き、お昼ご飯の用意をし・・・
  あぁ、なんか母親してるな・・・私(苦笑)。
  家の前の植木に雀が止まってる。その可愛さよ・・・
  次男が微笑むその可愛さよ・・・浮世の夢

8 too fine life
 ムード石クンとのガンダーラコンビネーションがたまらなくよかった!
  石クンを前面に押し出して、石クンも嬉しそうにギター弾いて、
  ミヤジの戻れサインにも気づかず(笑)今回もひっぱり戻されましたww
  疲れた体 無理やりに何かいい事探しに・・・
  疲れた体 無理やりたたき起こして考える・・・
  毎日、その繰り返しだね・・・でも、それが「生活」ってもんだ。

9 シャララ
 ムード開演前にPさんのお子さんがこの曲のシャララの部分が
  「サランラップ」に聴こえる・・・なんて話しをしたものだから、
  私もそう歌ってしまった(笑)
  恋をせにゃならん、飯食わにゃならん・・・「日常」とはただ、
  駆け抜けて行くこと「生活」とはそんなもの。
  愛すべき人達の笑顔を見て、生き抜くこと。

10 星の砂
 ムード大阪でもやってくれました!
  日比谷以上に「明確」にまさぐってました!ww
  でも、キラキラは日比谷のほうが盛り上がっていた指でOK
  そんな気がする!ww

11 パワー・イン・ザ・ワールド
 ムードこれもやってくれました!リベンジ曲!たぶん、ミヤジにとっても
  リベンジ曲になったと思うが(笑)
  最高のパワーインザワールドでした!
  私にも何度目かの太陽が昇り、落胆があり・・・やれやれ、また最初から
  居場所を探してる・・・そんな状況で・・・怒りもあり、でも再び
  戦う糧にもなり・・・やっぱ、大好きな曲ですexclamation ×2
  ミヤジ、本当にありがとう。

12 珍奇男
 ムードこれもある意味、リベンジ曲(笑)まさかの出だし、とちった
  日比谷野音・・・今回はきっちりと決めました!そして、なんとなく
  ご満悦な雰囲気が届きました!

13 歩く男(新曲)
 ムード日比谷で聴いた時よりも仕上がりはいい感じ!
  素人が何を言う!と、言われそうですが・・・でも、たぶんリハも
  だいぶ重ねたと思うし、「エレカシ」のバンド音を全面に出した
  編成にしたと思う。
  「やっぱり、歩かないとダメなんだって気づいた」と、言ってました。

14 赤き空よ!

15 はじまりは今
 ムード「可愛い女の子が・・・」どうのって話し始め、笑顔の末来へ?
  と、思いきや!!なんと、単独LIVEでは2006年ぶり!
  「結構、いい曲だったんだって気づいた」と言ってました(笑)
  私の胸キュン曲、Part2手(チョキ) マジ泣けてしまって・・・
  44歳の「はじまりは今」とても新鮮で・・・よかったですぴかぴか(新しい)

16 友達がいるのさ
 ムード大阪中の電気を消して・・・
  「あいつまたなんか、デカイ事をやるらしいぜ!」
  ふと、愛すべきMMPさんの顔が浮かんだ・・・ハート達(複数ハート)

17 ファイティングマン

18 FLYER

19 ガストロンジャー

*アンコール1

20 リッスントゥザミュージック

21 四月の風
 ムード初生聴きです!でも、やっぱり初と言う感じがしない。
  そのくらいにいつも聴いては励まされている曲。
  とても、心に沁みました・・・。

22 今宵の月のように

23 ハナウタ〜遠い昔からの物語〜
 ムード何度も会場の皆にって言う風に、指差しをして・・・俺からの
  贈り物だ!頑張れ!と、言ってるようでしたね・・・。

24 花男
 ムードメンバーに向かって「しっかり決めるぞ!」
  と、言ってました!!

 「みんな!お互い様にありがとう!!」と、体全部を使って手(腕)を
 振って挨拶してそでへ・・・

*アンコール2

25 涙
 ムード初生聴きです。そう、本当に悲しい時、辛いときには涙は出ない。
  「なんで、今?」そんな時にとめどなく溢れてくる・・・
  わかってくれますか?
  泣かない女・・・でも、「涙」を流すその時をこの人はわかってる。
  嬉しい時の微笑みの意味も・・・
  

26 不明(新曲)
 ムードやはり、日比谷の時よりだんぜん良くなってます。
  素人が聴いてもわかるもんね。蔦やんのパートを抑えたのかな?
  そんな気がします。っていうか、エレカシメンバーがしっかりと
  全面に出てきたからかもしれません!
  シングル最有力候補だそうです!


大阪の人に「大阪の人は乗せ上手ですねぇ」と、言ったり終始ご機嫌。
途中、白シャツが汗で素肌が透け始め・・・「乳首が気になる」(爆)
とか、言っちゃってお着替えに走ったりと・・・終始、リラックス。
でも、いつも1曲1曲心こめて歌うが今回は本当に何かに、誰かに?
自分に訴えかけるように、全力で歌ってました・・・それが、ものすごく伝わった気がしました・・・。気迫もあり、優しさもあり・・・

「一瞬の大切さをやっと最近、気づいたんだ」と、何かの曲の前に言ってて
私も30代半ば頃に永遠よりも、「瞬間」の大切さを知って・・・
今を大事にって思えるようになり、最近それで行動に移せるようになり・・・
そんな昨今だったので、とても嬉しい気持ちになりました。

選曲については日比谷の方がレア度も高く、私の聴きたかった曲が多く良かったのだけど・・・
大阪は今の私に、とても優しく励ましてくれて、心を包みこんでくれるそんな選曲でした!最初から最後まで「大丈夫だ!」「信じろ!」と言ってくれている気がして・・・感動しました。

改めて詩を見ながら口ずさんでみる・・・「自分と等身大」
勝手に自分とリンクしていく、過去も現在も・・・
私にとって「宮本浩次」の詩の世界は重なる部分が多い。
同じ時間、時代を生き、見て育った環境も同じだからかもしれない。

彼等の先も歩かない、彼等を後ろから追いかけもしない。
横一線で歩いている気がするの。

エレカシのメンバーありがとうexclamation ×2
宮本浩次!本当に本当にありがとうexclamation ×2

私はあなた達を愛するがゆえに「探求」してしまう癖があるのだけど、そんなことは知らないだろうから(笑)これからも心の目であなた達を見守ります。


終演後も辺りは、まだ明るく・・・「もう、終わっちゃった・・・」
そんな、余韻を残して・・・裏口で出待ちしたものの、スモークのかかったワゴンで中は見えず(苦笑)「チッ!」と、思わずw

私は一足先に東京へ帰るべく、21:10発の新幹線に乗りました。
「今頃、関西ひろじーずの皆は盛り上がってんだろうなー・・・」と、少し心残りがあったものの・・・新幹線内で一人乾杯