ほゞ、エレカシ漬

私が好きなエレファントカシマシを軸に音楽のことを綴るブログ

花の良さが全くわからない!それが何か?(笑)

ふふ、ミヤジは花を愛でる人じゃないて言ったとおり(笑) でも、全否定するところは興味がないわけじゃないよね…女の人と同様、どう扱うものなのかわかんないだけなのよ( ̄ー ̄)ニヤリ

男の人なんてだいたい花になんて興味ないもの。だけど、わざわざ全否定もしない。それを言っちゃうのはお花(女の人)の存在がチラチラ見えて、キレイだなぁ…と、見とれる自分との葛藤と似てるんじゃないかな?(笑)

私も雑多に草花を育ててる母を見て、「花なんてどこがいいの?めんどくさいだけじゃん」って全く興味なかった…花束ももらって嬉しいけど枯れたら…めんどくさいとか思ったくらい…なのに、なんでこんなにも愛おしく扱い可愛く見れるようになったのかな?母が憑依しているんだな(笑)

「花」も「女」も扱いがめんどくさい…めんどくさいのに傷つきやすく、美しい時間も短く枯れやすい。大事に育てれば可憐だ…適当に扱えば醜く腐る。

ミヤジは本能でそう言うのがわかるのかも…。でも、桜に関しては青空とのコントラストがとてもきれいだと言った。季節は大好きだと