ほゞ、エレカシ漬

私が好きなエレファントカシマシの事を軸に音楽のことを綴るブログ

2011年1月 9日(日)エレファントカシマシ新春武道館LIVE

f:id:yumcha_low:20170828105443j:plain

行って参りました!
エレファントカシマシ 新春武道館LIVE

今回は私の二人の息子と、長男の小学生時代からの親友を誘って参戦
長男とその親友に至っては、本日成人の日を迎えまして、「男」たるもの
成人式前夜にエレカシ!なんか、偶然とはいえ(笑)すんばらしいですよね?w


今日、エレカシのLIVE情報が解禁になってるので・・・
さて、昨日の武道館LIVEはこの春から始まる、エレファントカシマシ
「悪魔のささやき〜そして、心に火を灯す旅〜ツアー」の前夜祭的な
そんなイメージをさせる内容でした。

18:10開演


まるでクラッシックのコンサート?と思わせる、
照明・・・SEからはじまりそのうち、蔦谷好位置のピアノソロ「月光」が
流れ始める・・・
※蔦谷さんの「月光」の前にストリングスによるドビッシーの「月の光」が
 演奏されていました。

「えっ!?何?」
そんなワクワク度
すると、そこにドラムの音が重なって・・・・

ギター、ベース・・・そして、宮本浩次登場

ウゲェーーーーーーーー


『奴隷天国』

異色だったのが、なんとこの曲にストリングスが加わったこと!(笑)
チーム金原が昨夜も来てくれていたのですが、彼女らがストリングスで
「奴隷天国」ですよっ!!金原さん・・・懐でっかい

やっぱ、武道館だからかな?チーム金原が入っていたからかな?
ミヤジピリピリっとしてました。
罵声は抑えめだったように思いますww

で、以下セトリ

 

2 今はここが真ん中さ!

3 脱コミュニケーション

4 moonlight magic

5 旅

6 九月の雨

7 翳りゆく部屋

8 歩く男

9 珍奇男

10 赤き空よ!

11 夜の道

12 赤い薔薇

13 幸せよ、この指にとまれ

14 ハナウタ〜遠い昔からの物語〜

15 彼女は買い物の帰り道

16 ネヴァーエンディングストーリー

17 シャララ

18 明日への記憶

19 笑顔の未来へ

20 いつか見た夢を

21 桜の花、舞い上がる道を

22 朝

23 悪魔メフィスト


【アンコール1】

24 平成理想主義

25 シグナル

26 四月の風

27 俺たちの明日

28 ガストロンジャー

29 ファイティングマン


【アンコール2】

30 待つ男(アンコール2)

 

3時間、全30曲
ZEPPツアーではやらなかった、

☆moonlight magic
☆九月の雨
☆朝
☆悪魔メフィスト

やりましたよぉー!

☆moonlight magic
 「一人ぼっちの月夜に作った曲です・・・」
 武道館の天井がまるで、月明かりでうっすら明るい夜空のようになって、
 ステージ上のミヤジはブルーライトで、幻想的かつ美しい佇まい・・・
 そして、その歌声は本当に私達を夜空に誘ってくれました
☆九月の雨
 いやぁ・・・CDでは全楽器、宮本浩次で家録ってとこが味で、
 私も大好きな曲なんですが、昨夜のエレカシヴァージョンもなかなか素敵で、
 トミのドラムが去年のJAPAN JAMの時、チャラから雨の音っぽくと
 アドバイスされたのがよかったのか?非常に情緒的な表現で・・・
 ミヤジのしっとりとした歌声と抜群に良かった!
☆朝
 何処かに入ってくると思いましたが、「桜の花、舞い上がる道を」
 この後に必殺!卓袱台返しの序章・・・「桜の花〜」終わった時、
 客殿の電気が消えステージも真っ暗、一瞬、本編終了みたいな空気が
 流れお客さんのアンコールみたいな拍手、手拍子その音の中に・・・
 チュンチュチュン
 雀の鳴き声が出た時に「雀キターーーーー!!」と、叫びました(笑)
☆悪魔メフィスト
 会場のモニターに映し出される、怪しい色の空と雲・・・日食?月食?・・・
 場内には稲光と雷鳴・・・この曲をLIVEでやるのは、正直難しいでしょ?
 なんせ、高音・低温両方ともミヤジが歌ってて、歌詞的にはどちらも
 はずしてほしくないアレンジになってる・・・でも、LIVEで歌うには
 どちらかはずさねばならぬ・・・どんな感じになるのか・・・
 今回は高音(コーラス)部分は歌われないバージョンでしたが、
 たぶん、「ガストロンジャー」と一緒で回を重ねると、決まってくる
 曲の代表になるのではないかなぁ。

以下、『MC集』

『翳りゆく部屋』の前、
「カバー曲なんかも個人的に歌ったり、メンバーとか蔦谷さんがいると
 やったりするんですが、まぁ、これから歌う曲なんですけど・・・
 starting overって言うアルバムの中の曲で・・・」
など、ユーミンを絶賛しつつ・・・歌いまして、

昨夜は
「お正月っぽい感じの曲を選んできました・・・」とか言ってましたが、
『珍奇男』の前に
「なんちゃってな!」とか、言ってモニターにドヤ顔がどアップ・・・ワロター
途中のMCでも、
「正月なんて言っても、まぁあまり関係ないっすけど・・・」とか、
ちょっと毒つくところもあったり、笑いをとってましたw

『赤き空よ』の前のMC
「夕陽の曲も多いんですが、東京の夕陽もシンプルでとても綺麗で・・・
 THE夕陽っていうのがよくて・・・」みたいな事を言ってたと思います。

『赤い薔薇』の前には
「10何年か前の曲です。この間、久しぶりに聴いてあまりにイイ曲なんで
 自分でも感動しちゃったんですけど」
赤い薔薇聴けて、私も非常に嬉しかった

『ハナウタ〜遠い昔からの物語〜』の前は
「やっぱり、皆に届くイイ曲を作らなきゃダメなんだ!と、思います。
 そしてこの曲を贈らせてくれ!みんなに捧げます!」このような事を
仰ったと思います・・・。

バイオリン金原さん&チェロ笠原さんが登場し、やや緊張が高まった
そんなご様子のミヤジ・・・
「女性の曲で・・・金原さんにも手伝って頂いた、大事に大事に歌って
 いきたい曲です。」というMCのあと
『彼女は買い物の帰り道』涙がにじんできちゃって、やばかった・・・。
ストリングスが入って、[女らしさ][女性の強さ][神秘性]それらが一気に
表現されて・・・何より「大事に大事に歌っていきたい」と言った、
ミヤジの言葉にも感動しました。

「もぉ、やっぱ大人ですから・・・大人だから・・・大人っぽく・・・」
なんか自分にも言い聞かせるような感じで・・・
「そんな40歳位の時に作った曲です」
『シグナル』涙腺決壊しそうに・・・あーでも、こらえてしまった・・・
心は涙で大洪水でしたが・・・。

「契約が切れた時に・・・いや、何があるかわかんないんで、
 また切られるかもしれませんが、いっぱい曲を作っていてこんな歌を
 作るようになっちゃ、おしまいだな!(笑)とか、思って作った曲です」
そんなブラックジョークをかまし(笑)
「でも、お正月らしく・・・良い事がおこるような、そんな曲です!」
『四月の風』

最近、おなじみの台詞「いーちまーんかいめのー旅のはじまりー」と言いながら
『ガストロンジャー』
次男も一生懸命、拳を振り上げてました
「こうなりゃ、体力勝負だ!!」
『ファインティングマン』

 

Wアンコール

『待つ男』
「息子の顔チラリ・・・」私は二人の息子の顔を見ました。
「オマエは只今、幸せかい?」
私は幸せだと感じた・・・ものすごく強く
モニターに映るミヤジの目が少しうるんで見えた。でも、明らかな涙ではない。
でも、コミュでもつぶやきでもその事が言われていて・・・あれは、涙だったのか?


【おまけ】
途中、何の曲の時だったかなぁ・・・石くんが突如・・・
ライブハウス武道館へようこそ!」と、言い会場が爆笑。
私は知らなかったんだけど、これは80年代に大ブレークした某ロックバンドの
ボーカルが言った台詞だったのですね?
ミヤジに言わされたのか、自発的に言ったのかはわかんないけど、
LIVEの終盤にミヤジから「次回からお前が総合司会やれ」と言われてましたww

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お正月らしい華やかなステージにしたい。と、ミヤジも言っておりましたがその通りの素敵なコンサートだったと思います。
リハのしすぎか?お正月餅でも食べすぎたか?(笑)
前半から少々声が出ていない感じと、高音がきつそうではありましたけど、
「楽しみにしてきましたー!皆も同じだと思うけどー!」って
仰っていたので、ハリキリすぎたからかな?そんな感じです。

春からのツアーがとても楽しみになってきた
「北」へ行こうか?それとも「西」へ?

今年もドーーーンズと往かねばなるまい

そして、長男と昨夜一緒にLIVEに行った幼なじみ君は、今「成人式」へ
ドーーーンと往っている(笑)