ほゞ、エレカシ漬

私が好きなエレファントカシマシの事を軸に音楽のことを綴るブログ

2011年5月22日(日)エレファントカシマシ“悪魔のささやき そして、心に火を灯す旅”@グランキューブ大阪:2日目

悪魔のささやき ~そして、心に火をともす旅~Tourその②

はぁ…チケット予約した頃はものすごく楽しみにしていて、
あぁ…大好きな大阪や人…と、想いを馳せていましたが、正直、震災がおきてからはLIVE自体に行く気が起こらず…大阪か…あぁ…ったるい…って感じるほどでした。

音楽すら聴く気にならず…特に申し訳ないけど、エレカシ…まず、ぜんぜん聴かなかった…。聴きたい曲がなかった…なんだったんだろう?って思う。

音楽って生活・心に直結しているものなんだな…って思います。

でも、トライセラのLIVEやJAPAN JAM、先日の悪魔ツアーin戸田を経て、徐々に気持ちがアップしてきて…でも、一人参戦…まぁ、これも修行!あえてアウェイ感を体感しようじゃないかっ!そんな意気込みをもって(笑)行きました。

この間の戸田でもドラマはありましたが、今回の大阪でもドラマがありました。
まぁ、一人参戦は決定してましていよいよ明日!って時に…

エレ友のMさんがLIVE同行者を募っているらしいつぶやき…
わぁ…前日か…大丈夫かな?と、ふと思いながら…
私の方はそれと並行して、もう一人のエレ友Pさん(PさんとMさんはエレ友関係ではない)と、心の交流があって…
その中でチラッと大阪のことも話題になり…でも、物理的に行けないってお互い思っていて、同時にMさんのつぶやきを見てPさん一緒に行けたらよいのになぁ…と思っていたところ…
突然、そのPさんから…Mさんという方から、大阪のチケットを譲っていただくことになりました!みたいなメッセージを頂き(Pさんはコミュの同行者募るコメをみたのです)

「はぁ!?」驚きと共に喜び?半信半疑!
東京公演までは絶対に逢えない!と、思っていたのが急きょ大阪で合流する事となったのでした。
最初は新幹線も別々になりそうな予定でしたが、私が早めに家を出た事で彼女の乗ろうとしていた新幹線と重なり、なんと行きの新幹線から一緒に旅することができました^^

まだ、知り合って間もない私達。
でも、なんていうかお互い話してみたい気になる人。ではあったのでしょう。
(私はそう思って逢える事を楽しみにしてましたが)
新幹線の中で初対面にも関わらず、終始楽しく会話も弾んであっという間の2時間でした私にとっては…貴重な…非常に貴重な(笑)お話が聞けて嬉しかったです。

大阪に着き、Mさんに連絡をして3人無事にご対面。相関図が明らかに、大阪に来るまでの経緯も明らかに…エレ友の多いMさん、今回もゆっくりお話できないのか?と、思ったけれど思いがけず、ライブまでの時間お茶しながらゆっくりお話もできて、土地勘のない私達を会場まで、最良のパターンで連れて行っていただきました。本当に感謝です。

セトリはDB氏のサイトより拝借m(__)m
あんなに聴けなかったエレカシサウンド…なのに、色々と重ね合わさる感情。

「悪魔のささやき」からは全曲やっているので同じですが、
戸田のセトリとでは「珍奇男」と「ファインティングマン」が同じなだけで、他は違っていたので嬉しかったな。

ちょっと寂しい事に、私の席の周辺に空席がいっぱいありまして…
Bエリアの前の方で埋まっていくはずの所なのに…
ちょっと残念でしたね…でも、ミヤジから見たら私がしっかり見えたかも

MCもかなり少なめでしたね…歌に集中?
「ようこそ〜」ってのもなかった。
粛々淡々とナンバーをこなす…そんな感じでした。
声は素晴らしくよかったと思う。
今回のツアーは全会場こんな素晴らしいコンディションでやってるんじゃ
ないでしょうかねぇ?ミヤジ腹筋復活したのかなw


1 moonlight magic

2 達者であれよ
 JAPAN JAM 2010以来…また、聴くことができた…
 「人にゃあ勇気とやさしさ 求むる定めあり 定めあり」
 この歌詞全部…ズンっと心にのしかかった…

 昨日は被災地にいるエレ友さんの誕生日だった。
 私はこの人のことを想っていた。
 この曲は彼女にぴったりとくる。
 情に熱くそして涙もろい。
 エレ友ではあるけど交流はすでに薄い…というか遠ざかる。
 だから、この曲が心に沁みる。

3 脱コミュニケーション
 「脱コミュニケーション 引き裂かれる俺の心
  光と闇 泣かないで Baby 仕方ないさ…」
 「達者であれよ」のあとにこれ聴くと…なんか、更にズズズンっと心にキタ…

4 悲しみの果て
 で、しまいにゃこれですよ!!(笑)
 笑うしかないこの展開!
 でも、うん…ひとつ悲しみが終わった後には素敵な出会いが待ってた。
 これを体験できました。

5 彼女は買い物の帰り道
 この曲はほんとに丁寧に歌ってくれています。
 ミヤジも大切な曲ですっていつも言う…なんだか、嬉しいですよね。

6 歩く男

7 九月の雨
「“ヨロレイン”って曲です」と紹介してました(笑)

8 旅

9 いつか見た夢を

10 so many people
ここまで会場は掛け声も少なく、なんとなくおとなしめな雰囲気で来ていたのが…皆はじけました。
歌ったあとに
「みんなが楽しそうにしてくれて、嬉しく思います」
と、言ってましたね。

11 珍奇男
戸田では「お金」を連呼してましたが、今回は…
「私はアナタより偉いの〜偉いの〜偉いの〜どう考えても偉いの〜」と歌ってました(笑)
私、大いに共感しましたよ。どう考えても…だよ!ってさwww

12 お前の夢を見た(ふられた男)
2005/07/09日比谷野外大音楽堂、以来…
ダイジェストに出るような予感しますが…と、思ったらやはりダイジェストに出ました!

 「一人暮らしはじめたり、彼女にふられたり重なった時期で
 自暴自棄まではいかなかったけど…そんな時に作った曲です」

寂しさが溢れる歌ではあるけど…聴き方で、仲間といても、恋人といても結局、生きているって一人の時が多く、「ひとりぼっち」っていう感覚をぬぐえず、日々暮らしてるものだなと…

13 明日への記憶

14 赤き空よ!

15 夜の道

16 幸せよ、この指にとまれ

17 朝

18 悪魔メフィスト

♪アンコール①

19 Sky is blue

20 生きている証
肩から全身がガタガタと震えました…今月は父の命日があって、 父が死んでからアルバム「扉」を正面から聴くことができて、この「生きている証」が父への贈る歌でしたから… 体の震えが止まらず、涙があふれて…ミヤジの歌っている姿…直視できず眼鏡をはずし…聴き入りました…

生きていればこそ逢える人、出来る事… 無理やりにでも逢っておけばよかった…今、そんな風に思う。
大阪の人達…最初で最後になるかもしれない…日々、そうやって大切に生きるんじゃなかったのかな?…ちょっと後悔したりもした…。

でも、私は生きぬきますよ…生きていればまた、巡ってくるかもしれない。
求め抜くかぎり…

 トモよ あなたは思ったことが無いか?

 「死ぬまでにどこまで たどりつけるだらう?」

 生きて生き抜くココロ
 おのれの中へ
 喜びを求むるココロ
 それが生きている証

21 ハナウタ〜遠い昔からの物語〜

22 さよならパーティー
その時が巡りくるまで…

もう抜けるよこんなのつまんない…
消えないココロの古キズに染みるぜ。
立ち尽くす 賑やかなこの町(大阪)で

なんどもなんども繰り返してきた さよなら
オレの未来へとつづく道
こころから そう言える日が…来たよ!ミヤジ♪

23 ファイティングマン

♪アンコール②

24 新しい季節へキミと
そうさ!新しい季節へ行く出会いがあったのだもの!
出かけますよ!これからも沢山ね!

「変わりゆく東京の〜」を大阪の街〜とちゃんと歌ってました(笑)

25 ガストロンジャー


私にとって大変にドラマのある、
“悪魔のささやき〜そして、心に火を灯す旅”LIVE in 大阪でした。

あっという間の25曲…25曲もやったんだ…と今、驚いた。
だって、17:00開演ではあったけど外に出たらまだ明るい(笑)
なんだか…まだまだ、これから…これから始まるんじゃないか?って思うくらいに…

Mさんが言った
「やっと温まってきた!って感じやのに」って(笑)
確かにそんな感じでした…。
Pさんも久しぶりの遠征…でしたが、生きていればこそ出逢える、出来事に感慨深いものを感じておられるようでした。

PさんMさんと3人で新大阪まで出て、私は少しでも早く東京に戻りたく、すぐ出発する「のぞみ」に乗り込むため、その場でお二人とはさよなら。
席についてしばし一人で余韻に浸り…缶ビールの栓を開けました。

今回もサントリープレミアは最高の味でした!