ほゞ、エレカシ漬

私が好きなエレファントカシマシの事を軸に音楽のことを綴るブログ

2011年9月17日(土)エレファントカシマシ 日比谷野外音楽堂

昨夜エレファントカシマシ2011年の日比谷野音ライブが行われ、今年もプラチナチケットとなったチケットを手に、長男と一緒に行ってきました。

長男が昨日から大学がはじまり出かけていたので、開演少し前の入場となりました。
座席はC1列101・102、
通路側で眼前にさえぎるものもなく、ステージがまんべんなく見えました。
私の視線の先には宮本浩次がしっかりと…

今回の野音は…LIVEで初聴きの曲が多く…っていうか、あまりLIVEではやらない?
そんな曲が多く演奏された気がします。

開演より10分ほど押して…エレカシの3メンバーが先に…
暮れゆく夕べに…ドゥンドゥンドゥドド…と成ちゃんのベースが渋く響き始め、

えーーーーーーーーっ!?ま・さ・か!!
※演奏年に関しては、EKDBサイトさんより参照しました。


1 歴史

ミヤジ白シャツで登場…

まさか、歴史が聴けるとは…私のカウントダウン日記①で出したのが、
その1曲目になったのが…めちゃめちゃ嬉しかったなぁ♪

声は絶好調!この曲を最初に歌って…会場が一気にピリリッとした感じもした。
エレカシ野音LIVEの歴史…と、宮本浩次の歴史。
この曲の中に登場する“森鴎外”…

青年期、あらゆる希望を胸にいきりたって 喧嘩ふっかけていた
森鴎外は官僚として権力闘争のなかに身を置いたが、
エレカシ宮本浩次)は、音楽ビジネスの下剋上の中に身を置いてきた。
今、彼らは…昔で言うなれば晩年にさしかかっているというのか?
鴎外が凄味のある文章を書いていながら、穏やかな生活を送っていた。
それと同じような状況なのかな?などとそんな事を思いながら聴いた。

最近の宮本浩次、その姿も非常に穏やかですから…。


「人生は旅だぁ!」みたいなことを仰ったと思う。

2 孤独な旅人 2008年ぶり

3 悲しみの果て

悲しみの果ての前に「古い方の曲です…」と紹介(笑)
曲の歴史からっていう意味でも、古い曲の方になってくるのかなぁ?
でも、私的解釈で…オリジナルメンバー4人でやる「悲しみの果て」
ってことにも通じるよなぁって…感じた。

LIVEハウスツアーで4人だけの時もあったと思いますが…あった?(笑)

で、ここからの3曲が…まさかっ!まさかのっ!怒涛の初聴き曲(笑)
この辺のMCだったかな…

「智慧を絞って曲を選んできました!」

と、仰ってまして…毎回、いろいろ考えてやってくれているのは、わかっていて…
少なくともここ数年はステージにもストーリー性を持たせた構成になっていると…
私は感じているのであります。

前に「双子座の本」の話を書きましたが、双子座は物事にストーリー性を持たせるのが大好きなんですよね。
ミヤジがアルバムの曲順、ベスト盤の曲順にこだわるのと一緒で、LIVEの曲や順番に何かあるような気がしてしまうのです。

4 ふわふわ 2007年ぶり

5 勉強オレ 2003年ぶり

6 無事なる男 2006年ぶり

隣で聴いてる長男が“ふわふわ”聴けるなんて!と感動してましたね。
私は“勉強オレ”が聴けてうれしかったなぁ…
そして、気づけば“無事なる男”までエレカシオリジナルメンバー♪

次の“太陽の季節”前に、蔦谷好位置さんと昼海幹音さんがさりげなく登場。

7 太陽の季節

8 うれしけりゃとんでゆけよ 2005年ぶり

うれしけりゃとんでゆけよ”…とんでいきたいけど、行きたい所へいけない…。
そんなジレンマもあって…世間の渦をぶちのめして…とんで行きたいな。
でも、それができないから一人涙流すんだよね…そう、満足してますよ。

ミヤジは私からのメッセージを読んでくれているのかな?
しなやかに愛を…語りたいもんだね(笑)

で、次の曲からミヤジを残して他のメンバーがいなくなる。

ギターが!!新しい!!えっと…このギターは
「次に歌う曲を作った時に○○さんからお借りしたもので…」(笑)

たぶん…“リゾフォニック・ギター”…だと思う…
(※ドブロギター、エンジニアの寺田氏から借用と言ったようです)

「45歳になってほとんど散歩しなくなってしまって、電車は乗るんですけど
 昔はお弁当持っていったりして(お弁当の大きさ?手で形を作るww)
 どうしてでしょうねぇ?歩きながら見る風景があんなに美しく、
 キラキラ見えて…今は街は変わっていなと思けど…自分が変わってしまって
 “邪気”が自分の中に漂ってしまって…まぁ、そんな散歩の美しい曲です」

9 月夜の散歩

「21か22くらいの時、散歩するのが…」なんて言っていたのか聞きとれなかった“サラリサラサラリ”。
ここから14曲目の“ハローニューヨーク”まで初聴き。

10 サラリサラサラリ 2004年ぶり

ここで、メンバー再登場。
で、このタイミングだったかな?

「なんか今日は…真剣に聴いてくれて本当にありがとう!」

って言っておりましたね…
真剣に聴いていたり、目が♡で聴いていたりいろいろだったと思います。
今年ももちろん、外聴きで来てる人もいて…日記をあげるならできるだけ、
忠実に書きたいんだけど…文章力が及ばないこともあるし…

でも、真剣に聴いて私も伝えたいって思うんですよね…うん…

11 ラスト・ゲーム 2003年ぶり

12 Tonight 2008年ぶり

13 秋−さらば遠い夢よ− 2002年ぶり

「単身ニューヨークに行って作った曲です。9.11の同時多発テロがあって
 10日後くらいに行って…あ、石森さんなんか余計な事言っちゃいましたかね?」
よく見えなかったけど、石くんは首を振ったと思いますw

14 ハローNew York! 2002年ぶり

15 風に吹かれて

16 翳りゆく部屋

17 明日への記憶

18 新しい季節へキミと

19 男は行く

−アンコール1−

「なんなのでしょう?このやさしさに溢れた雰囲気は…」
と、開口一言目そしてそのやさしさに応えるような曲。

20 武蔵野

21 生命賛歌

22 幸せよ、この指にとまれ

23 友達がいるのさ

−アンコール2−


24 笑顔の未来へ

25 ガストロンジャー

26 ファイティングマン

「男も女もファインティングマンだーーー!!」


ヘロヘロヨレヨレになりながら最後の力を振り絞るように…
ミヤジ三度登場…

−アンコール3−

27 今宵の月のように(アンコール3)

ギターがひっくり返っているのにも気づかず?戻す気力なくすくらい?
フラフラしながら歌いきったミヤジでした…。
その姿にまさに感動してしまった…。

今回のセトリは派手さを抑えた、落ち着いた曲が中心で渋めだったと思う。
虫の音がする秋の野音にピッタリで…最初からウルウルしていたんだけど、
息子がいる手前、泣く事はなかったけど(笑)そのくらいに感動的でした。

野音は特別ですね…来年も来れるといいな…。
そして、今年来れなかった人こそ来年は来れるといいな…そう思う。

某音楽情報会社のY氏が言っていた“プロジェクト”の事が気になったまま
終わったのですが…会場を出る時に配布された1枚のコピーチラシ…

そこには“新曲”と“LIVE DVD”発売の事と新春ライブの告知が!!
このことなのでしょうか?
そういやこの野音ではその新曲は披露されませんでした…だとしたら…
また、FC限定で何か?それとも大阪野音でそのベールが!?

ウーーーヌ…謎だ…小出しのエレカシめっ(笑)