ほゞ、エレカシ漬

私が好きなエレファントカシマシの事を軸に音楽のことを綴るブログ

2017年の日比谷野外大音楽堂…台風一過!

2017年9月18日・第28回日比谷野外音楽堂LIVE

台風一過!

エレカシ野音の台風回避は私の野音史上でも2度目。時期が時期だから仕方ないけどいずれも…すごい晴れた!暑い!私は物販で野音限定を求めて早めに家を出た。12:30~販売開始なので11:40には現場に到着してました。

ですが、兵どもは既に多勢(笑)来る前から半分以上諦めていましたが…。入り口付近の商品ボードに売り切れたものに「×」がついててもう、祷る思いで待ったが私の前の列の人で限定グッズは完売しました…(2時間以上待ったのに…)。

購入枚数限定にしても…ダメだったかーーー…。・゚・(*ノД`*)・゚・。

予約引換券で販売してほしいわ… ロッキンのグッズみたいにさ…頭つかってほしいよ!よろしくお願いします!FAITHさん!

 

f:id:yumcha_low:20170920102552j:plain

※中へは入れませんでしたよ。この写真は物販で並んだ時に撮りました(笑)

初外聴き…様子は見えなかったけど、MCは少な目で粛々と進めていた感じがしました。

特にどっと笑いがおきるような場面もなかったような、前半は声も絶好調だと思いましたが、後半は若干声がこもった感じに聞こえた気がします。

新曲(タイアップ2曲)は披露されませんでした。

良い経験をしましたね。ロケットスタートです。
ロケットがどういう風に発射するのかは知りませんけど。

 

ミュージックステーションの「ウルトラフェス」の生中継があって、外でワンセグ観ながら歌は生歌で…不思議な空間でした。

2017/09/18(月) 日比谷野外大音楽堂 セットリスト

01.地元のダンナ
02.悲しみの果て
03.星の砂
04.涙の数だけ
05.Tonight
06.おまえはどこだ

「おまえはどこだ」私はここだ…と、つぶやきながら聴いた。

初聴きだったので歌詞を読んだ。

日々を重ね 溜息重ね なんか無性に眠くなる瞬間があって 欠伸してた…そう、私は外にいたよ。


07.九月の雨

「九月の雨」は嬉しかったな…宅録で楽器演奏は全部、ミヤジなんだよね…

バンドで聴いたのは悪魔Tour以来じゃないかな…? 

yumcha-elekashi.hatenadiary.com


08.曙光
09.too fine life
10.秋-さらば遠い夢よ-
11.真夏の星空は少しブルー
12.珍奇男
13.月の夜
14.武蔵野
15.男餓鬼道空っ風
16.昔の侍
17.シグナル
18.パワー・イン・ザ・ワールド
19.男は行く
20.友達がいるのさ

21.今宵の月のように

今宵が始まった瞬間、夜空を見上げ月を探す外組

22.ベイベー明日は俺の夢

「ちょっと前の新しい曲で、大好きな曲です。本当に歌好きで(この先がよく聞こえなかったけどTLで)コンサートも好きだし……よかったです」と、言ったようです。


23.3210
24.RAINBOW
25.ガストロンジャー

ガストきた瞬間、

森からクルクル回り踊りながら駆け出してきた外組(男子)

26.ゴクロウサン

音楽を愛するエビバデぇぇ!からの「ゴクロウサン」

27.風と共に
28.星の降るような夜に

「歩こうぜ!歩こうぜ!」で、

スキップしながら壁の方に移動する外組(女子)

29.花男

「さよーおならぁー」で、

手を振り上げる外組


30.ファイティングマン

31.待つ男

 

f:id:yumcha_low:20170920103526j:plain

  

夕刻が迫って夜の帳が降りる頃、昼間の暑さが嘘のように風も秋を感じさせ、虫の音がいっぱい聞こえてきてやはり、季節はもう秋でした。

この花壇の縁に腰かけて聴いてました。続々と人が集まる。レジャーシート敷いている人。折り畳みの椅子(小さいのから、ドリンクホルダーの付いた大きいのまで)を持参する人。ずっと立って聴いてる人。路面に直座りして聴く家族。お外の人達は様々なスタイルで思い思いに聴いていました。

 

時々、スタッフさんが注意喚起に走ってきたり(笑)昨日、ファンが数千人駆けつける…と、報道されてた。

ミスチル野音の時はもっと集結してたんじゃないの?どうなんだろ?今年のエレカシ野音の外聞き人口は史上最高だったのかぃ?(笑)

 

歌は思った以上に良く聞こえて…

全31曲

野音の数だけその雰囲気があるなぁ。似てるっていうのもないだろう。私が来てる過去8回の中でも…当たり前っちゃそうなんだけどね。

セトリをみてもわかるように、野音は宮本がその時やりたい曲が盛りだくさんでセレクトされる。ツアーなどの普段のコンサートとは一線を引く空間。

  • 秋-さらば遠い夢よ-
  • 真夏の星空は少しブルー
  • 珍奇男
  • 月の夜
  • 武蔵野
  • 男餓鬼道空っ風
  • 昔の侍
  • シグナル
  • 友達がいるのさ
  • 星の降るような夜に

この選曲は…私の中ではベストセレクト!

もう1曲、LIVE初聴きの

  • 涙の数だけ
この曲の時は客席に向かって手を広げて
「あなたに届けるプレゼント Ahあなたに あなたに届けるぜ」
の部分を歌ったとか…。
「この曲は何かのカップリング(はじまりは今)で…」とか、紹介したようですが私が持っていない楽曲だったので、野音前に何度もAmazonプライムで聴きこんでいました。流れてきた瞬間ハッとしてとても嬉しかったです。 
涙の数だけ

涙の数だけ

 

 

声の調子に関しては単純に疲れて出ない…というものでもない気が…不安を煽る意味ではないし、気のせいだとよいのですが…喉がっていより気道が疲れているんじゃなかろうか?気道が狭くなって声がこもっちゃってる…そんな風に聞こえましたけどね。

今まで疲れて終盤ガラガラになっても声自体は、スパーンと突き抜けて広がっていたのが、この夜は少し違って聞こえました。喉から気管をリラックスさせる方法があればよいのですが…。

私は開演の数日前から25周年の時に再販された野音 秋」を聴いていた。歴代の野音で曲ごとで印象の強い年の曲が集約されている。今回のセトリにも入ってますが、「珍奇男(1996年)」「男餓鬼道空っ風(1996年)」「友達がいるのさ(2004年)」今のエレファントカシマシと聴き比べても、仕方ないけどそれでも昨今のエレカシは順調であることがわかる。“安定”してきたそんな空気が吹き込んでいる。
ただ、今年の歌声、演奏から感じたのはこんな日々を脅かす、不協和音。裏の悪い奴らに怒りを抱いているようにも受け取れた。誰かが言ってたけど、

「彼はちゃんと怒っている」って、私も同じことを感じていた。 

野音 秋(Amazon.co.jp 独占限定盤)

野音 秋(Amazon.co.jp 独占限定盤)

 

 

まぁ、それにしても今年のセトリは本当に❗最高でした🎵
もしかしたら途中で心が折れて「帰ろう…」なんて、思うかも…って考えてましたが次から次へと好きな曲、はじめて聴く曲が始まって…そういえば外聴きの方が時間が短く感じたな。

中だと見るのと聴くのと忙しくて脳みそが疲れるんですかねぇ?外聞きは耳だけ集中するから、短く感じるのかも(笑)

ただ、集中はするけどMCとかほとんど聞こえませんでした。

だから、

自分のつぶやきと中からの情報を重ねて合わせて、色々想いを馳せたりしてます。こういうことが出来るのも外聴きしたからだなぁと思う。ただ、来年でも再来年でもいいから中でまた聴けたら嬉しい。

外壁なんてものともしない宮本の言霊(ギフト)が届いたよ。

 

エレファントカシマシを愛してくれて、

 本当にありがとう!エブリバデー!」

 

この言葉があっただけで、私はこの先は腐らず(笑)待てるなって思えたし、外聴きに行って本当に良かったと思います。

さぁ!ツアー後半戦のスタートよっ!

ファイナルまでこのまま…全力疾走しよう!疾走よ!(笑)