ほゞ、エレカシ漬

私が好きなエレファントカシマシの事を軸に音楽のことを綴るブログ

私が抱くエレカシへの夢

涙の数だけ

涙の数だけこの世には 数えきれない夢がある

Ah オレには叶えたい夢がある

涙の数だけ働いて 明日も暮らして行くオレの

短い夢のその向こうには

Ah なぜか涙こぼれ落ちそうさ

 男餓鬼道空っ風

おいおい誰か見せてくれ 胸のすくよな冒険を

夢だきゃたくさんもってるぜ やりたいことがたくさんあるのさ

 ベイベー明日は俺の夢

ベイベー明日は俺の夢

行くぜあの丘を登り切れば

そうさベイベー何か見えてくるはず

準備もそこそこに今すぐ出かけようどうせなら俺は笑らいたい

 友達がいるのさ

「おい、あいつまたでっかい事やろうとしてるぜ」

 

野音でやったこの4曲から察するに…ミヤジにはまだまだ叶えたい夢があるんだ!という野望のような気持ちが見える気もする。 あるとすればどんな夢なのだろう?

やっぱ、あれだろうか?

年末の国民的歌合戦に出る事。

あれに出れたら…そうか…ご両親への恩返し、プレゼントになるかもしれないね。

でも、私的には

「おい、あいつまたでっかい事やろうとしてるぜ」の方に期待があって、でもこれも埼玉スーパーアリーナのツアーファイナルの事か…とか(笑)

 

でも、色々と挑戦してほしいなぁって思う希望はいっぱいあるよ。

例えば前にTwitteでつぶやいたことです。

誰かが宮本に本の朗読をしてもらいたいってつぶやいてた。

少し違うけど私はメロディーからはみ出る言葉。宮本の書いた自分の散文詩を声に出して読んだらどうか?と、思っている。それを録音するの。聞かせてほしいとはいわない。散文詩書いたりするのだろうか…?
ふと、そんなことを最近ずっと考えてる。詩の朗読はいろんな効果を生んでくれる気がするから。

 テレビドラマでは役者として良いリアクションした。でも、ラジオドラマでは…まぁ、そんなに上手くもなかった(笑)

歌の表現は絶品だ!でも、詞の世界が代わり映えしないのは否めない。私はメロディにあてはめた言葉からはみ出た、表に出てない表現を聞いてみたいと思った。

散文詩は自由

宮本の言葉をもっと開放した姿が見てみたい。

 

あと、もう一つはアルバムを一つのコンセプトで作って、1曲1曲にイメージ映像(MV)をつけてほしいってこと。音楽に合わせたスートリー…これはかなり大がかりだけどやりごたえがあって、面白そうだと思った。

詩とメロディーと歌と…映像。それが宮本の世界にあてはめたらどんな作品が生まれるだろうか?

想像するだけでワクワクしてしまうのです。

 

これが私のエレファントカシマシ宮本浩次へ抱く夢