ほゞ、エレカシ漬

私が好きなエレファントカシマシの事を軸に音楽のことを綴るブログ

2012/1/7 エレファントカシマシ2012年新春LIVE@渋谷公会堂≪2日目≫

f:id:yumcha_low:20180106162311p:plain

16:30開場 17:00開演っつうことで、まだ明るさの残る16:00に渋公に到着。
エレ友のAさんから到着メールが来て。
すかさずご挨拶に…すると、もう一人のエレ友さんSさんもご一緒で、
始めてお二人のエレ友さんにお会いすることができました。

少し時間があったのでグッズに並んだのですが…
並んでいる時にお目あての…
「今日の分のカレンダー終了しました!」のアナウンス
買えずじまいちょっとショックでした。

なんやかんややってるうちに開場時間が来て、列に並び始めると…
娘さんと参戦すると言っていたTさんと遭遇。
通り過ぎそうなところを呼び止めて(笑)ごあいさつ完了

粛々と列の流れは会場に吸い込まれ…私は私の席に…
お隣りが席を譲って下さった方だったので、少し緊張しながら…
1階17列これまた石くん側エリア、センター寄りの通路側でした。

 

f:id:yumcha_low:20180106162345p:plain

譲って下さった方は奈良からいらっしゃると聞いていて、年齢も上の方の方らしく…
実際、そうですね…もしかしたら私の母に年齢が近かったかもしれない、
そんなご婦人がおりまして、でもとても品がよくて優しくて…
エレカシの話しをまるで少女のようにトキメキながら話されていて、
あぁ…なんて素敵な方なんだろう!って感激しながら、開演までお話を
させていただきました。
このご婦人は佐野元春も好んで聴いている方で、全く色が違うミュージシャン…
それなのに魅かれる部分がまったく一緒で、ものすごく嬉しい出会いとなりました。

チケット代と一緒に、浅草で購入したハンカチをお土産にお渡ししたのですが、
なんとこのご婦人も「赤福」をお土産に持ってきて下さっていて…
気遣いやら心配り…見習うべき立ち居振る舞い…ステキすぎでした!!

~~~~~~~~~~~~

いよいよ開演…
予想通り、曲目を多く替えてきた!
前日の
「女神になって」→「おかみさん」
「俺の道」→「精神暗黒街」
「ふたりの冬」→「寒き夜」
「今をかきならせ」→「季節はずれの男」
「あの風のように」→「Sky is blue」
「新しい季節へキミと」→「ハナウタ」
「絆」→「桜の花、舞いあがる道を」
 +
「so many people」
 これはどのタイミングでやるつもりだたのか?ミヤジ忘れていたらしくww
 サックスの山本拓夫氏に「これやらないの?」って指摘されたらしい(笑)
※この山本拓夫さん、失念していたのですが佐野元春のバックでも吹いてくれてる方!


この日は曲の歌い直しが2曲、第2部の「ファインティングマン」で
石くんのアンプが故障したらしく
「俺のアンプ使え!」
もたもたしてたら
「だから、俺のを使えって言ってんだろ!」
とか言われ(笑)
「大丈夫だったら声出して」
「…」
「いけますか?」
(石くん頷く)
こんなレアなやりとりがあったり。

あと、面白かったのはオーディエンスの中に
「ミヤジ結婚して!」とか
「ミヤジ愛してる!」とか
やたら、連呼する野太い声の女性がいましてね…
ちょっと不愉快になるくらいにww
次にやる曲によっては笑えない雰囲気になってしまう時もあって…
で、「so many people」の前だったかな?
同じく
「ミヤジ愛してる!」って言った時に、なんと宮本くん
「告白は石くんを通して言ってください」
(場内、失笑?爆笑?)
「でも、俺も愛してま~す!皆を愛してるぜ!」
なんてことを言いましてね…
絶対にこれが初めてじゃないか?
過去にも「愛してる」なんて会場で言った事あるのかな?

恥ずかしながら私は宮本に送った手紙で
「愛してる」って告ったことがありますww
その返事がやっとキタ!って勝手に自分に置き換えてます
まぁ、雰囲気を害する感じもあったものの…彼女が叫んでくれたおかげで、
「みんなを愛してる」って言わせたんだし…よしとしよう!って思った。
でも、もしかしたら彼女をイイ気にさせちゃったかも?
そこんとこは悔しいけどね(笑)

見やすい席のはずが私の目の前は長身の男性…
でも、頭の間からばっちり全身ミヤジが見えました♪
ただ、その隣が彼女だったらしく演奏中に頬寄せあったり、
耳元でなんか話したりするもんだから、ふたりの頭でミヤジの姿がさえぎられ…
しかも、曲の間もノリノリってわけでなく、彼女は中座したり座ったり
立ったり…落ち着かなくて…結構、目ざわりだな…って感じてしまった。
つか、見えないから顔寄せないでくれ!ついイラッとして
「このバカ女!」と普通の声でつぶやいちゃった(笑)

「寒き夜」の時にはあの“男パイプ椅子”を
「これ座りずらいんですよね…こんなに斜めになっちゃって、
 15・6年使ってるんだけど…」とか言いながら、見せてくれたり…
「漂う人の性」で
夢から覚めし人よ…と歌ったあと「俺は覚めてないけど」と言ったり
「俺たちの明日」の前に

「あのたこの八ッちゃん(たこ八郎氏だと思った)だって金持ち。」
と言ったと思う…
エレカシコミュより情報!!
>>田河水泡さん『蛸の八ちゃん』の事だと!!
  2010年のJAPAN6月号にもこの話題がインタビューで掲載。
私、読んでたはずなのに(笑)エレカシフリークは相当凄いです
>>「生まれたときから不器用だけど、なんとかやるしかないだろう?俺だって蛸の八ちゃんがお金持ちで羨ましいけど傷がついたら治したいって思うんだ。」(コミュより…ツィッター情報)


「ハナウタ」の時はセイちゃんの帽子を取って、自分がかぶるのかと思ったら
アンプの上に放置…ォィォィww

そして、この日自分の心境と重ね合わせて感激しちゃったのが…
どの曲の時だったかな…もう終盤の曲の前奏の時…
「おまえは間違ってねぇーーー!」と叫んだんだよね…
その一言が完全に私を救いあげました…
こんなことを言うのも非常に珍しいと思うし…ありがたい気持ちになった。

 

※7日のセトリ…マイミクさんとところから拝借

(第1部)
01. 今はここが真ん中さ!
02. おかみさん
03. 真冬のロマンチック
04. Soul rescue
05. 精神暗黒街
06. 未来の生命体
07. 寒き夜
08. リッスントゥザミュージック
09. 季節はずれの男
10. 風
11. 明日への記憶
12. 漂う人の性
13. 傷だらけの夜明け
14. 普通の日々
15. 旅
16. 笑顔の未来へ
17. 俺たちの明日
18. あなたのやさしさをオレは何に例えよう

(第2部)
19. Sky is blue
20. ワインディングロード
21. 東京からまんまで宇宙
22. ハナウタ〜遠い昔からの物語〜
23. 桜の花、舞い上がる道を
24. パワー・イン・ザ・ワールド
25. ガストロンジャー
26. ファイティングマン

(アンコール1)
27. 悲しみの果て
28. so many people

(アンコール2)
29. 待つ男


選曲も演奏ももちろん歌も何もかも申し分のない、最高のステージでした。
私のようにパワーをもらって、明日に向かえる人沢山いただろうな…

次のLIVE情報が待ち遠しいです