ほゞ、エレカシ漬

私が好きなエレファントカシマシの事を軸に音楽のことを綴るブログ

2008年11月27日:宮本の路・・・上野東照宮

はじめてのゆかりの地巡りの日(2008年11月26日)、ジュンク堂の帰りにも一カ所立ち寄りました。上野東照宮です。東京育ちの私にとって上野は身近な憩いの場所であり、思い出も多い場所です。両親の実家に帰省する時も上野駅からだったし、動物園にもよく連れて来てもらったし。

ただ、知らない場所も多数…上野の知らない歴史も多かった。ジュンク堂の動画と同じ配信番組だったと思います。上野恩賜公園~その界隈を紹介するシリーズがあって、それを観ていたので立ち寄ってみたかったのです。

上野の東照宮に関しては存在は知っていたけど、来てみたことはなかったので…。

 

11月26日(ジュンク堂からの帰り)の続き…

f:id:yumcha_low:20180204092557j:plain

ファンの間では有名ですよね。
ミヤジが史跡巡りが好きと言うことは・・・
何かのインタビューで、日光と上野の東照宮について話していることがございました。

彼らの曲にも「上野の山」ってのが登場しますしね。

今はどうか知りませんが、宮本氏、上野のあたりは良く散策されたものと・・・

歌詞の中に出てくる「五重の塔」もアップさせていただきます。

f:id:yumcha_low:20180204092257j:plain


すっかり秋めいて、風情溢れるところでございました。
日が暮れてきていたので、人影もまばら落ち葉掃きをする高校生?ボランティアさん達がいたくらいでした。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

東照宮」と言えば、日光が有名ですが
これは
藤堂高虎(とうどう たかとら)」
(戦国時代から安土桃山時代、江戸時代前期にかけての武将・大名。伊予今治藩主。後に伊勢津藩の初代藩主となる。藤堂家宗家初代。)が、屋敷内に「徳川家康」を祀るために建てたのが、この上野の東照宮です。

 

この“上野東照宮のことがジュンク堂で購入した書籍、江戸城と大名屋敷を歩く (こだわり歴史散策) に、わかりやすく説明が出ていました。早速、お役立ちしました。

この日を境に春と夏にと何度か東照宮に来ています。なので、別の季節の東照宮も後々、ご紹介できると思います。

このあと江戸の成り立ちとかも色々知ることができたことに、有意義なきっかけを与えてくれたよなぁ…って、宮本浩次には感謝しきりです。

好きな人が興味があるからと言って、必ずしも影響されないのですが、私もこういうルーツをたどる…ということが好きだったし、住んでる者として興味をそそられないわけがないのです。

にわか仕込みではあるけれど、40過ぎで「何かを知る」きっかけを得ることは、とても嬉しいことでした。

エレファントカシマシ

エレファントカシマシとは編集