ほゞ、エレカシ漬

私が好きなエレファントカシマシの事を軸に音楽のことを綴るブログ

【宮本三十三景其の⑮】「不忍池」

 

goo.gl

2012年08月12日 13:43の日記

もう、何度も訪れているこの不忍池 「明日に向かって歩け」(通称:赤本)によるとこの池は人工的な池ではなく、天然の池であるという。

中央には弁才天を祀る弁天島があってそこの裏手を抜けると、ボート乗り場、遊歩道が続いています。 

f:id:yumcha_low:20180923152254j:plain

 

f:id:yumcha_low:20180923150921j:plain

Wikipediaによると・・・
弁天島に建つ石碑(上の写真)に「不忍池」の名の由来が書かれている。

この辺はかつて、上野台地と本郷台地の間の地名が忍ヶ丘(しのぶがおか)と呼ばれていて、一般的にここから由来する。と、説明されていた。

f:id:yumcha_low:20180923151847j:plain


訪れたこの日は不忍の池の蓮の華が咲き誇っておりました。

私は特に狙っているわけではないのですが(蓮の見頃は7月〜8月)、ここ3年間この蓮の花の時期に散策をしています。

上野界隈では「上野夏まつり(2012年は7/13〜8/12)」が開催されています。
この日は訪れなかったのですが、池畔で“骨董市”も行われていて、去年と一昨年は見て回りました!「火鉢」「浮世絵」なんかも売りに出てますよ(笑)
宮本も来てるんじゃないか?なんて、キョロキョロしたりしてww挙動不審になります。

骨董市の会場近くには『蓮見茶屋』(※2018年現在、閉店されています)という、カフェもあったりしてそこで蓮を眺めながら、和のスィーツが食べられます♪散策に疲れたらここで一休みがおすすめですよ。

 

以下、オマケ日記

2009年11月01日08:58の日記

エレ友さんと不忍池方面へ・・・ここは、ミヤジもデートコースにしていたようですが、 アタクシもかつて此処へは、おデートで何度も訪れた場所。

「ひょっとしたら、ミヤジともすれ違っていたかも」

などと話しながらテクテクテク・・・すると、昨日は「骨董市」もやっておりましてね。
こりゃラッキー!
「もしかしてミヤジと遭遇?あり?」とか笑いながら話し、見て歩きましたよ。
浮世絵もあったし、火鉢もあったしw 宮本ワールドな催しで、私もワクワクしちゃいました! 何やらすごいものがいっぱいあってさすが、「骨董市」と言うだけの事はありました。

一通り見て歩き、本日のお昼処に到着。ところが!ネット調べでは11時開店となっていたのに、10月は12時開店・・・ちょうどぴったり位に着いたのに、あと1時間・・・を・・・ってことで不忍池ボート乗り場へ♪

 

若かったあの頃、私もボートにのったなぁ・・・スワンにも乗ったし手漕ぎボートも乗った♪(私は漕がなかったよw)いろんな思ひ出と共に、ミヤジとデートしてるのも妄想したりして。

暖かい陽射しの中、テクテク不忍池の周りを歩きました。途中、少し疲れたので池岸のベンチで一休み。

「人生の午後に」を語り合いましたとも・・・シンミリ・・・

 

目の前にピンクのスワンボートが・・・あー、ミヤジと乗ってみたいw
などと妄想にふけりつつ…

f:id:yumcha_low:20180923150718j:plain

10月15日(月)歩くのはいいぜ・・・緑化フェアTOKYO(上野)
2012年10月17日15:11の日記

今年、もう何回目だろうか?
家から歩いて3、40分で行けるので適度なウォーキングコース。
上野に到着すると・・・“上野恩賜公園”では『第29回全国都市緑化フェアTOKYO』のェアが執り行われていました。(日比谷公園でも催されていましたね)

f:id:yumcha_low:20180926103551j:plain

稲が!「東北“農”の庭」と題したエリアが設けられていて、東北復興を祈念する意味で、野菜、果実などが植わっておりました。

そして、“不忍の池”の方へ向かいますと・・・

f:id:yumcha_low:20180926103643j:plain

不忍の池水のアートとという水上アートが展開されていました。 不忍池・緑・五景、この他にも4つのアートが出展されています。不忍池の水面を利用した、地元中学生等の参加によるアート作品だそうです。

水上音楽堂のあたりから、下町風俗資料館までの小道が「下町の庭」と題されたエリアで、飲食、物販、休憩所があり縁日のような雰囲気をだしていました。

f:id:yumcha_low:20180926105009j:plain