読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほゞ、エレカシ漬

私が好きなエレファントカシマシを軸に音楽のことを綴るブログ

戦う男たちに取り急ぎ届けたかった“メッセージ”がこの名曲

2016年 デビュー30周年 エレカシ雑記

戦え男よ 聞こえるこのメッセージ
燃えろよ 静かに
昨日の喜びも 捨てちまう 道端に
Oh 走りぬけろ

男に与えた“メッセージ”とはいったい何だったのだろう?

彼を鼓舞させている“メッセージ”について少し考えてみた。しかし、だれそれがあの時言ったあの言葉が忘れられず、今も教訓になっている…的なコメントは記憶に全くない(笑)もっと、古いエレカシファンの方なら何かご存知かもしれませんが…何かご存知でしたら教えてください。

その“メッセージ”がキーワードと思われるこの曲が本日のLyric Speaker
sp.universal-music.co.jp

過去のデータを見て見たらレコ発ツアー以降は、あまりLIVEでは披露されていないようだ。私は2011年9月のGG11で一度だけ聴いている。

30周年記念ベストの30曲の中に選んだ…っていうか、よく調べるとベスト盤には毎度のように入れている。何か思い入れでもあるのかしら?

シングル盤「明日に向かって走れ」リリースから、わずか1ヶ月後に出されたシングルというのも何か思惑を感じてしまう。

 


戦う男

皆さんは心に残っている“メッセージ”ってありますか?何か壁にぶち当たった時に心の引き出しからすぐに取り出せる…魔法の様な“メッセージ”

主に好きなアーティストや作家さんが発した【言葉】が多いと思うのだけど、親しい人が自分に向けて言ってくれた【言葉】が身に染みて励みになってるって…少ない気もする。失礼、そんなの私の場合だけか(笑)で、そのことをよく考えてみたら、私は何か問題や悩みがおきても人に相談したり打ち明けたりしないからなのだな…って結論した。

身近な親にでさえ何も打ち明けたことはない。ほぼ事後報告(笑)

何を言われるかを予想してしまうクセがついて、話したところで“結果&結論”は既に自分の中に出ている。結局は自分の意思の問題。だから、言わなくてもよい。そんな風になってしまいました。

また、友達とかにも変な気が回りすぎて、「彼女も今他の事で大変かもしれない」とか、こんなことで人の時間を割いたら悪いとか、そんなことをつい考えてしまうクセがついてしまった。

でも、時々なにかあった時にはあの時のあの言葉があるから、今の私があるんだ!みたいなメッセージが欲しいと思うこともある。

「戦う男」の戦うは武器や技量をもって物理的に競うこと。
一方「闘う」は利害関係や自分の心の中の葛藤と闘う、精神的な闘い。

私は「闘う女」なのだと思う。