読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほゞ、エレカシ漬

私が好きなエレファントカシマシを軸に音楽のことを綴るブログ

運命にさいなまれ、どこに向かうのか?誰かの手にゆだね…明日を歩いてゆくという名曲

“生きてるだけで 精一杯のオレに 何をしろというの?”

まさしく昨日のブログでもこの一節を引用しましたが…優しさの数だけ歩いてこれた男も、どうだろ?この先も優しさを求めさすらうのか?

耳の肥えたリスナーの辛辣な声もチラホラ…無言でこの話題にあえて触れていない空気もある。後半にきて盛り下がってきた感が否めない。この現象がくるのをわかっていたかのような選曲。昨日の「大地のシンフォニー」から少し気弱な面が出てきた印象。

『Destiny』運命…

sp.universal-music.co.jp

現レコード会社から出すベスト盤…オールタイムということで、使用権のある楽曲を選ぶのもかなり厳しかったのかも?その辺のルールについては詳しくないけど、自選作品集の曲からなら選びやすさもあるし、ユニバから出した曲ならいくらでも出せるよね。っていうかユニバからは率先して出さなきゃならんだろうし…。

『Destiny』は一応、ドラマとのタイアップ。ドラマの為の書きおろしであるかはわかんないけど、このドラマに合わせてリリースされたシングル。確か発掘作品だとか言ってたかなそれを亀田誠一さんにアレンジしてもらって…そんな、経緯だったと思います。

ライナーノーツ裏の挿絵は【運命の三女神】。三人の女神(クロートー、ラケシス、アトロポス)が一柱で“Moira”という女神。

  • クロート=人の命を紡ぐ女神
  • ラケシス=その命の糸を分配する女神
  • アトロポス=命の糸を切る女神

ここにきて女神たちの反乱の気配を感じる。どの程度の影響なのかは図りしれないけど…不穏ではある(笑)

『Destiny』を聴いた時の感想を過去のブログではこう記してる…。ちょうど、プロモ期間だったのかTVに出ていたインタビューをうけての内容。

あの病気療養の時間が自分をリセットする時間だった 。と、今朝の情報番組の中で言ってた。

つまり、昔の “宮本浩次” ではない 。
なんだろ?遠周りしちゃったけど・・・進みたかった路線に今、来てる と、ミヤジが思っているかはわからないけど。

んーーー、その位にガラッと変わりましたね 。
音もメロディも綺麗 。エレカシにとっては新しい路線だけど、私にとってはあまり新鮮な感じはしない。

んーーー、厳しい感想かもだけど 、私の知ってるメロディなんだよね 。
だけど、ミヤジが歌うから新しい感じがして・・・不思議な感覚です。

音楽で生活をしていく道筋ができはじめていたし、事務所にもレコード会社にも恩が出来た今、強く方針を打ち立てるには正直言ってミヤジだけの力には及ばないだろう。

とりあえず受けた恩はどんな形にせよ返さなきゃならない。とりあえず今、歌えている環境があるのは、レコード会社の力も大きいだろうと思う(やり方云々は抜きにして)。自分のやりたいやり方があって、それを通すにはそれなりに通さなきゃならない筋もあるだろう。私は今、自分の気持ちはさておき、世情を考えざるを得ないそんな気持ちでエレカシ宮本浩次を見守っている。

言うなればこれがエレファントカシマシの運命。

 

私の頭の中には中島みゆきの『世情』が流れる…(笑)

www.kasi-time.com

 

こう言う曲を書けばいいのになw