ほゞ、エレカシ漬

私が好きなエレファントカシマシの事を軸に音楽のことを綴るブログ

努力を忘れた涙は汚い…もう、泣くな泣かずに世を笑っていくがいい!涙の後には笑いがある名曲

エレファントカシマシ新春武道館2015@1月4日(日)

泣きたいだけ泣けばいい

私は時々考える。音を楽しむのが音楽…宮本は音を楽しめているのだろうか?不器用な男だけれども…もう少し音楽を楽観的にやれればいいのに…って。
泣きたくなるほど苦しいのか?嬉しすぎて泣けるのか?男はめったなことでは泣かない生き物だと思っているので、何がそうさせてしまうのか?
音が苦で「おんがく」になっちゃいないか?なんかそんな事を考えちゃって私も苦しい。

正直、わからない。まぁ、わからなくてもいい。
「努力をしてきた涙」だから、皆は美しいという。それもそうだろう…そうなんだろうって思う。でも、まぁ、最近は泣きすぎだよ(笑)涙の価値も少々、下がってきてるぞww
気を引き締めて涙も封印してまた精進してもらいたい。私はそう思う。

まぁ、がんばれや。ちゃんと応援してるから♪

と、約束した通り私は今でもちょいちょいいじりながらもミヤジを応援している。最近、ほんと良く泣いてるけどそれは「悲しい」からでないことはわかる。悲しい時には涙なんてこぼれないから。

あーー私、最後に嗚咽したのはいつだったかなぁ。なんか、いろいろと絞り出したい。今、たまたまボブ・ディランの名言が流れてきた…。

君の立場になれば君が正しい。

僕の立場になれば僕が正しい。

世の中は自分が主体だ。人生においては主役は自分…だけど、実際はいろんな人との関わりの中で曲げなければならないことも多く。価値観の違いもあったり…正論でなく一般常識すら通じない人もいて、こりゃ一筋縄で生きていけないややこしい世になったなぁ…と、泣きたい気分。もちろん情けない気持ちで(笑)

 

「涙」はアルバム『東京の空』に収録されている曲。この『東京の空』のリリース後にエピックソニーとの契約が解除。このアルバムはそれまでのエレカシサウンドから脱皮して生まれた。彼らをデビューから追いかけ続けたY氏も絶賛している。ゲストアーティストを入れたり、デビュー7年目にしてプロモーションビデオを制作したりと、今までしてこなかった宣伝活動を開始している。

 

私もこのアルバムが好きです。

さて、私は成人した自分の息子の泣いてる姿を見ていない。感動的な映画を観ると泣いてるらしいが(笑)旦那が泣いてる姿は…彼の父親が亡くなった時にしか見ていない。
それなのにミヤジの泣き顔はもう何度見てる事か(笑)泣き顔を見るたびに私の心はモヤモヤする(笑)

私は12月25日深夜に笑い泣きすることが決定している 。

 

sp.universal-music.co.jp