ほゞ、エレカシ漬

私が好きなエレファントカシマシの事を軸に音楽のことを綴るブログ

少しだけ愚痴のようなことを・・・つらつら

10月21日(土)山崎まさよしのファンクラブイベント&LIVEに出かけた。

やっぱり音楽は速効性のあるカンフル剤だな。ライブは癒しの場所だ…私にとっては…。音楽が好き。まさやんが歌ったように、単純に物事を考えるようにしよう。

音楽はこんなに人をHappyにするのにな。音楽は人の心を豊かにして優しくするのに・・・どこで歪んでしまうのだろう・・・同じ音楽を聴いてるのに。

隠れ家的に使ってる某SNSに記録した私の心境・・・。

ミヤジが栃木公演のライブでコンピューター(ネット)は見てない、見たくもない。と、言ったらしい。
急にどうしたんだろう?って思ったけど、私も最近、偶然嫌なものを見てしまった。それで重苦しい気持ちになったから・・・そういう事なのだと思う。
私はブログでエレファントカシマシの事や宮本浩次のことをテーマに記しているから、気になってしまったのです。
見てない。見たくもない・・・と、突然発言したのは何故なのだろう?たとえば、最近とあるきっかけでエレカシに関する2chをのぞいたことがあった。
それにはエレカシに関することと言うよりは、ファン同士ののしり合いや悪口を吐き出すような世界だった。
同じミュージシャンのファンでありながら、ああいった闇の部分が展開されている場所があることに驚愕し嫌悪した。そこには私のハンドルネームも出ていて、根も葉もないことや悪口、嘘が書かれていた。
宮本があそこに巡りついてファンの醜態見てしまって言ったのか、自分の悪評を見たのか?私のようなファンの記すブログの内容を読んで言ったのか・・・?それはわからない。だけど、もし自分のブログが読まれていたとしてそれによって嫌な思いをさせたのであれば、どうしたらいいのだろう・・・?
私は思いの丈を記してはいけないのだろうか?考えてしまった。
Twitterでこんなことをつぶやけば、私のつぶやきを見た2chユーザーがまた捻じ曲げて、2chで私を罵るだけ・・・見なきゃいいのでもう見ないけど、そういう悪意のある行為で私自身の本意が書き換えられてしまうのは、悲しいことだ・・・こういう思いをしてる人はもっとたくさんいるのだろうな・・・。

もしかしたら、自分の事を悪く書かれたことに嫌悪していたんじゃなくて、親しい知り合いが悪く言われたり、罵られていたのを見たのかな?宮本は自分の事を言われているのも嫌だけど、それ以上に仕事仲間のことや親しい人のことを悪く言われるのが、許せない人なのかも?いや、許せない人だろう。
私もほんの嫉妬心から、ライターさんがポロッとつぶやく素人っぽいファン感情に苛っとしたりする(笑)公私混同してる雰囲気が嫌なのです。だけど、ライターさんにだって休暇はあってLIVEのチケットさえ買えばLIVEにも行けるのだ。でも、私は一般人だからそれを職権乱用と見えてしまうこともある。また、知ってるライターさんが客席いたら、宮本だって気づくだろう・・・そういう些細な事に馬鹿みたいに嫉妬するのだ。羨むのです。
でも、私は悪口は言わない罵ったりもしない。ライターの名前のまま、「素人ファンみたいなことはつぶやいてほしくないね。」そんなことはTwitterで言ったことはある(笑)
でも、たぶん2chではそんなもんじゃないだろうな・・・って、思う。素人の私のことですらあそこまで書く人たちだから。もっと酷いことを書かれているに違いない。もし、それを宮本が見たらきっと・・・心穏やかではいられないはずだ。

 

2chで交わされていた私の悪口は、事実に嘘と想像を上塗りした事。

私が共通のハンドルネームでいくつかのSNS(ブログも含む)に参加し、話している自己顕示欲への叩き。最終的には転売(商売)目的ではない、行けなくなったLIVEチケットの売買サイトでの参加も探し出され叩かれた(隠れて利用していたわけでもない)。

昨今、転売目的の高額で販売をする転売屋が横行している。私はその売買サイトが立ち上がった時から、ごくたまに利用し始めていた。自分が行けなくなったチケットだけではなかった。知人から頼まれて掲載したこともある。定価以上で出したことはない。私が取ったエレカシのLIVEチケットを譲ったことは4年前くらいの1、2回。母親が闘病し行けなくなったからだ。その頃は定価で出す利用者も多かった。純粋に行きたいと思う人に安心してもらえるように、私はハンドルネームは変えずに登録をしていた。当時は定価から公演日が近づくと定価割れするくらいだったが、今じゃそのようなやりとりは少なくなってしまった。いきなり定価以上・・・しかも、ファンクラブ先行とか普通に何枚も出てる。

私がそのサイトで見つけられたのは、エレファントカシマシの新春東京公演に諦めがつかなくて、魔が差したのがきっかけだった。新曲のCDにCD先行があるのを見落として、譲ってほしいと「リクエスト」を出したことだった。高額で買うつもりはなく定価に手数料分を色付けした額でリクエストした。

しかし、そんなことは関係がなくなっている。あのチケット売買サイト自体が今、悪徳サイトのように扱われているから、そこに掲載した時点で私は悪なのです。だから、何を言われても仕方のないことです。その売買サイトは退会しました。売る側の取り締まりはまだまだだけど、運営方法はいろいろ改善されて良くなってきたと思ってましたが・・・。

私が悲しいなと思ったのはそのチケット売買サイトでのことではない、エレカシファンの集うサイトで設けられている、チケット譲渡掲示板に譲ってください。と、出したところ。

「2枚持ってるけど、お前なんかに絶対ゆずらねぇよ」と、2chで言われていた事。

譲ってほしい理由や思いを掲示板に書くわけですが、その内容をまず罵倒されあげくに言い捨てられる・・・。心底空しくなりました。同じアーティストが好きなのに・・・同じ考えや思いのファンではないにせよ、何故私はその人にあそこまで嫌悪されるのか?嫌悪されてもかまわないのだけど、名前も正体もわからない人が私に執拗な悪意を持っていることになんとも言えない虚しさ怖さが湧きました。

他にもtwitterでよくみかける人のニックネームがいくつもあった・・・。いろいろ思うことはあるけど、2chの利用者の心は何がどうなっているのか・・・本当にわからない。わからなくてもいいけど、報道で言われているように闇が深い気がする。

しばらくそんな感じでモヤモヤとした気持ちで過ごしていたわけですが、少し冷静さを取り戻して今色々考えてみれば、私には家族がいて現実に友達もいて、仕事もしていて社会に適応適合しながら生活していて、ご近所付き合いもできてコミュニケーション障害があるわけでもない。正体のわからない場所での出来事にいつまでもこだわってることはないと結論した。

とはいえ、あそこにネタを提供するかもしれないtwitterはしばらく鍵をかけておくことにする。ブログも閲覧に制限をかけます。読みたいと思ってくれる人だけでいい(ネタ探しで読みたい人は含まずw)。

また、同じようなことがあるかもしれないけど、この件に関してはこれで一旦、心の整理をつけました。長々とここまで読んでくださった方、ありがとうございました。