ほゞ、エレカシ漬

私が好きなエレファントカシマシの事を軸に音楽のことを綴るブログ

『代弁』ではなくて、いつかあなたの魂になりますように

先週、怒涛のメディア情報で頭の中がぐるぐるぅ~になってました(笑)

タイムラグはありますが全て触れて行きたいと思います。

まず、東京スカパラダイスオーケストラの客演曲「明日以外すべて燃やせ」のMVが発表されました!

先立ってラジオで音源は聴きまして、その第一印象については記しましたけど映像付きで聴きますと、また印象が少し変わりますね。 MV観た後の感想ツイはこれ

ふぉぁぁぁぁーーって…見終わって顔がニヤってしてる。小難しさ無用の直に入ってくるこの感じが、同い年贔屓なのか?元気貰えるって久しぶりに感じたな…谷中さんの渾身の想いと言葉、沖さんの楽曲、ミヤジの歌この三位一体とスカパラの演奏で爽快感ハンパないです(笑)

9:33 - 2018年11月7日 


「明日以外すべて燃やせ feat.宮本浩次」Music Video+インタビュー/ TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA

 

谷中さんが

「一人一人の人生観が変わる様な、俺たち世代から、次世代へつないで行ける松明のような、魂のリレーのような曲であってほしい!という高い理想で作った。」

と、仰っていて宮本は

東京スカパラダイスオーケストラの魂を代弁しなければならない」

って言いましたが、私は谷中さんは代弁してほしいのではなくミヤジにも同じ気持ちに立って、次世代へ魂を繋ぐメッセンジャーになってほしいと思いを込めたんじゃないかな。っていうか、この思い魂を伝えていけるボーカリストは“宮本浩次”しかいない!っていう気持ちがひしひしと伝わってくるし使者、語りべとして招かれたのだと思う。

歌は歌い継がれてこそ活きる…ことあるごとに私はこれを言ってしまうけど、谷中さんは自分が歌うよりも宮本浩次を選んでくれたんだな…って、率直に感じた。

東京スカパラダイスオーケストラが一緒でないとお披露目される機会は少ないであろうけど、これからも事あるごとにこの曲はやり続けてほしい。そんな風に育てあげてほしい曲だと思いました。

宮本の一言一句を大切に歌っている気真面目さが彼らしさ。いつか自分の魂として歌い上げられる日がきたらいいな…そんな風に感じました。

途中のインタビューで「谷中!」「宮本!」「沖!」って抱き合うシーンがあるけど、おじさん達、何やってるのん(笑)って泣き笑いのような気持ちで微笑んでしまったわ。イメージはやっぱりこんな風に野郎どもの中に溶け込んでる感じが…好みではある(笑)

 

f:id:yumcha_low:20181112204302j:plain

2018/11/07 時点