ほゞ、エレカシ漬

私が好きなエレファントカシマシの事を軸に音楽のことを綴るブログ

音楽と人、RollingStone、anan、各誌より…テーマ『凄い』

※ネタバレないです※ご購入の上、お楽しみください。

テーマは『凄い』です。

凄いのてんこ盛りです。

エレカシは新作を出すたびに“音楽専門家”

から、毎度凄い凄いと言われていますが、22枚目のアルバム“RAINBOW”の『凄い』に関する感想と、その凄い人のインタビューが掲載されていました。

ここんとこキャンペーン中ということで、ラジヲ番組に出演していることが多くなっていて、その中の会話の中だったと思うですが…

「僕が作っているのは…J-POPではない」と、ポロッと言った場面があったと…ちょっと前までは自分の曲は「POP」だと言ってた気がするのだけど(笑)

今回のインタビュアーの感想が、多種多様な雰囲気の曲でアルバムができましたね。と、言っておるように、徐々にメディアで紹介される曲を聞いただけでもその予感はある。

「愛すべき今日」のカップリング「TEKUMAKUMAYAKON」や野音で聴いた「RAINBOW」など圧巻だったし。新春の武道館で聴いた「なからん」も…確かにJ-POPのそれとはカラーが違う。もともと違っていたとは思うけど(笑)

ファンにとって宮本はたぶん、『正義のヒーロー』であろう。

人というのは「偉くなりたい」と思ってもなかなかなれるものではないし、自分で偉くなったもんだって思うことでもない。だけど、宮本の場合は周りが彼を『凄いやつ』って、感じさせるところが偉いと思う。

人からそう評価されることが最大の誇りではないかな?

いくら偉ぶっても虚勢を張っても、結果が全て。

彼は紆余曲折いろいろありながらもそのたびに乗り越えた。結果的には怪我の功名にはなった2012年の病気も同じ。彼が思い描いたヒーローは多少、下心のあった正義のヒーロー像だったけど(笑)実は周りが認めるヒーローである上さらに、宮本の歌に救われてる人が増えているんだから。宮本は「ヒーロー」なのだと思う。「ヒーロー次」だ(笑)

とは、言え私といえば相変わらず宮本と並走している感が強い(笑)同い歳同じ学年っていうのもあるから、住む世界は違えど、生活パターンは違えど、私も正義のヒロインだ!って思うしww

発表される新曲。訪れたLIVEでのパフォーマンスを見ると、宮本があそこまでできるんだから、私もまだまだ頑張れる!そんな存在であるからなんというか、もっともっとやれる!(宮本も私も)ただ、やはり手の届かない“星”であることには違いない。

エレカシのメンバーはホント、『無口な職人達』 だね。宮本浩次ご用達の職人。メディアに4人で出てくれるとファンとしてはものすごく嬉しいのだけど、わかったのは宮本の要望に応えるためには、そういう場に出ている時間がもったいない!ってことだ。うすうす気がついてはいたけど(笑)もう、そんな時間があったら練習あるのみ!なんだなーってこと(笑)

3誌読んでなんとなく感じたのはこんなことです。

やっぱ、アルバム『RAIBOW』をひっさげながら、2016年はもっともっと演奏の旅に出てほしい。そうすれば理想にもっともっと近づけるそんな気がします。

の画像