ほゞ、エレカシ漬

私が好きなエレファントカシマシの事を軸に音楽のことを綴るブログ

【生中継】2016/01/11(月) 新春ライブ2016 大阪フェスティバルホール

==録画観ていない方は、ネタバレしてます==

 

 

 

RAINBOWツアーからの2016年新春コンサート最終日

1月11日(月)は大阪フェスティバルホール

この日はWOWOWで生中継があり、現場へは行けなかったもののリアルタイムでその様子をうかがい知ることはできた。

 

ツアーも終わっているのでセトリをドーンと見てみることにしよう…17:00開演の終わってみれば20:40…3時間40分39曲。

あの、さいたまスーパーアリーナでの新春が37曲だったしかも4時間でだったのに、さらに2曲上乗せ…歳は確実に2歳上乗せされているのに(笑)これはもう、宮本の意地が曲数を増やさせたとしか言いようがない(笑)

 

そして、この週末に行われる怒髪天の新春公演で話題に持ち上がることも…(笑)

「どうやらエレカシは39曲もやったらしいね?でも、俺らは曲数じゃなくて公演数で勝負するよ!(50歳だから50か所回る予定)」みたいなことを言いそう(笑)

 

※マークした曲が、1/5東京国際フォーラムから増えた分です。

 

=1部=

01.脱コミュニケーション

02.今はここが真ん中さ!

03.悲しみの果て

04.デーデ

05.彼女は買い物の帰り道

06.あなたへ

07.TEKUMAKUMAYAKON

08.なからん

09.昨日よ

10.シナリオどおり

11.永遠の旅人

12.愛すべき今日

※13.歩いてゆく

14.曙光

15.Under the sky

16.雨の日も風の日も

17.3210

18.RAINBOW

 

=2部=

19.I am happy

※20.この世は最高!

21.めんどくせい

22.偶成

23.リッスントゥザミュージック

24.Destiny

25.桜の花、舞い上がる道を

26.笑顔の未来へ

27.新しい季節へキミと

※28.ハナウタ~遠い昔からの物語~

29.ズレてる方がいい

30.ガストロンジャー

※31.待つ男

 

32.俺たちの明日(アンコール1)

※33.四月の風(アンコール1)

※34.今宵の月のように(アンコール1)

 

※35.昔の侍(アンコール2)

36.風に吹かれて(アンコール2)

37.ファイティングマン(アンコール2)

 

38.男は行く(アンコール3)

39.花男(アンコール3)

 

大阪公演の2日間、「やさしさ」はやらなかった。

なんといっても目玉はアルバムRAINBOWのシークレットトラック「歩いていく」をここで入れてきた!あと、ツアーでも最終公演でしかやらなかった「今宵の月のように」も入ってる。

今宵の時にはコンサートも終盤にかかり、緊張の糸が切れたのか何かを思い出したのか、観客の思いに感動したのか?宮本はこの夜も声を詰まらせ泣いていた。

 

大阪でのファイナルはテレビが入っていたせいか、っていうかテレビが入ると宮本も普通に進行できる(笑)

終演のメンバー紹介の時、そでに下がった金原ストリングスチームのメンバーをステージに呼ぶ。

「金原さん・・・(手招き)金原さん、いいから来なさい」と呼ぶ。メンバー紹介の時、一人一人の腕を持ち上げ名前を言うも、お一人の方の名前が出てこなくて、何回も聞き直して聞き間違えるという(笑)笠原さん(チェロ)の次はこの方がいじられるのであろうか?(笑)

 

とにもかくにもテレビ特有の臨場感はあるものの、音的な臨場感は味わえなかったのは否めない。しかし、気持ちは大阪のあの場所にいたような、そんな錯覚をさせるのに十分な迫力でステージをやり終えたと思います。

 

テレビだとお酒飲みながら見れるし、トイレも我慢できない(笑)もっと真面目なファンの方には大変に不愉快なことを言ってしまいますが、そんなリラックスした感覚とSNSでつながった同じエレカシファンとの共有も楽しめて、生に勝るものはないがこれはこれでよかったと思うことができた。

 

 

今度は近々で4月のイベントにゲストとして出る。以外、なんのLIVE情報はないが春のフェスにも出るだろう、夏フェスを経てまたツアーがあるかもしれない。宮本もメンバーも体を壊しているから、こういうスパンになってしまうことも致し方のないことなのだろう。

ただ、欲を言えばやはり公演個所は気持ち多くしてほしいなぁ…とは、思う。曲数も大事だけど(笑)