ほゞ、エレカシ漬

私が好きなエレファントカシマシを軸に音楽のことを綴るブログ

『今日はドーンと行くぜ!』

ddnavi.com

チケット代はけして安くないのよ。

エレカシももう約7000円だから…そこに集ってくれる人は皆意識を高く持ったエレカシファンだって、宮本はもう自信をもって自覚してほしい。

そりゃ、温度差はいろいろだけど単純に通りすがりに入れるわけもないし、一寸行ってみるかっていうカジュアルな気持ちで払える額でもない(中にはたいしたことない額だと思う人もいると思うけど)。

物価も違うしね。地方の人がこの7000円のチケットを買ってコンサートに来てくれるって言うのは、かなり尊いよ。

今ツアーのお客さんは尊い存在よ!

 

『風と共に』の私なりの解釈はほぼほぼ間違ってなかったようだ。

yumcha-elekashi.hatenadiary.com

お母さんの話しがここでも出たね。このインタビューのあとに岩手公演があったのかな?私も属性「お母さん」になって早26年。二人の息子を持つ母。宮本にはお兄さんがいて少し歳が離れている。私の息子も12歳歳が離れている。二人の息子に抱く思い…もちろん生活形態とか環境とかいろいろ違うけど、母としての思いはそんなに違わないだろう。だから、宮本が合唱団を辞めたいと言った時のお母様の気持ちは多少理解できる。母親は息子に限らず子供の才能や可能性に期待もするし、そこから夢を切り開いてほしいとも願う。特に宮本のお母様は彼に歌の才能があるってわかりすぎるくらいわかっただろうし、辞めてしまうのは本当にもったいないって思ったに違いない。

宮本がエレカシのボーカルにとトミと石くんから誘いを受けエレファントカシマシに加入した時、まだ中学生だったけどお母様は彼の将来に何を見たのかな?宮本は両親に心配かけないように大学にも行った。将来は普通にサラリーマンになるだろうとも思ってた。でも、あれよあれよという間に大学に在学中デビュー。

玄関の前で奮い立って笑顔を作った
母は喜びと心配をない混ぜた表情でみていた

「お母さん この通り元気でやってるよ。おまけに強い男だから僕は大丈夫さ(云々)」

意味もなく得意げに上っ調子で母親に語り続ける

お母様は「おまえは大器晩成型だから」って、言ったことがあるらしい。お母さんって 予言者であり良き理解者であり、いつでも子供の味方で…でも、やっぱり特別でありながら普通の優しい女性で…お母さんってすごいのだよ(笑)

 

シングルジャケット…イラストは、はじめて…って言ってるけど、「愛すべき今日」もあれイラストだよね?(笑)メンバーをモチーフにしてる。

さて、『風と共に』のジャケットデザイン見た時、びっくりした。あのイラストの男の子、女の子にそっくりなお子さん(兄妹)を知ってるから(そのお子さんのお母さんもエレカシのファン)。私は興奮気味に彼女にメールした。

“見た!?シングルジャケットのイラスト!似てるよね!?”…って(笑)

彼女も驚きながらも感慨深げな返信をくれた。なんだか自分の事のように嬉しくて…彼女の喜びの波動も伝わった…。いろんなエピソードがあって…いろんなことがね。彼女には彼女のエピソード。私と彼女が出会ってからのエピソード…なんか、それらがあの一つの画になったって気がしました。

偶然って言ってしまうのは簡単。でも、これが偶然ならそれは出来過ぎた偶然だと思うくらいに、いろんなことがつながった。そう、私たちのエピソードの中ですべてがつながった気がした。

このシングルは沢山の悲しみ苦しみを乗り越えてきた人に希望を与えているし、これから長い人生を歩む人にも希望を与えている。そんな凄い楽曲。売れなきゃ嘘だ…多くの人に届いてほしい。

 

風と共に(初回限定盤)(DVD付)

風と共に(初回限定盤)(DVD付)

 

そして、カップリングの曲もすごく話題になっている。でも、私はまだ聴いていない。Download盤…買うより、まずCDで聴きたいから発売日の26日を待ちます。

 

さて、47都道府県ツアーの前半戦も昨夜の沖縄公演で一応区切り。沖縄は唯一スタンディング、しかも時間がゆったり流れる沖縄…さぞ、他の会場以上の盛り上がり?っ思ったけど、沖縄だけが異常に盛り上がったってことでもないって、誰かがつぶやいていた。確かに…今のエレカシは何処に行っても60~70%でやってるって語っていたから。地域性を活かしながら熱量は変えずどこに行っても最高!でも、みんな同じじゃない!って思えるLIVEができるようになったのだな…って、思った。

それってエンターテナーとして素晴らしい成長ではないかな?って、少し上から目線で思うのよ。

ツアー後半戦も楽しみであります!毎回、一期一会の「今日はドーンと行くぜ!」で、挑みたい。

自然発生という凄まじいPower!

ddnavi.com

このダ・ヴィンチのインタビュー記事もよかったですね。

これは好みの問題ですが、ライターもラジオのパーソナリティーも「好き」っていう気持ちを60%くらいに抑えてインタビューしていると、ファンの知りたいことを自然と聞いてくださってる気がします(笑)

この記事もそういう感じが伝わってくる。

ミヤジが旅に哲学の本、新書本、軽い読み物の三冊を持って行くと書いてあった。哲学に興味をもったのは今に始まったことではないけど。

私も基本、哲学するのは好き。新書ばかり読んで知識を深めた気にもなってる。小説も長編よりは短編が好きだ。哲学書は読まないけど…ゲーテニーチェブッダ論語超訳本は持ってる(笑)これがちょうどいいです。

私の思考がいろんな事象には理由があったり、何かあった時の物事の捉え方とか…哲学的に考える…クセがあって、ミヤジもたぶんそんな思考だと思う。

 最近のリラックス法は“ドライブ”…そういえばSONGS(7月13日NHK)でも渋滞にはまると、こんなポーズをしてる…って、タバコを指で挟みながらハンドル握るような(笑)なんでもよいです。スイッチを切ってリラックスできるのであれば。羽田からの帰りにRAINBOWブリッジを渡っているのかな…?

東京の首都高、湾岸をドライブして画になるのは…佐野元春*1宮本浩次の二人だけだろうって私は勝手に思ってる(笑)

youtu.be

今度は東京の街を運転して走るMVを作ってほしいな(^^♪

 

さて、私はブログ書くとき、過去のを読み返すこともあるんだけど、時々自分の思っていたことが後々に答えとしてインタビューとかで載っていたりして、妙に安心するというか…確認できたみたいで嬉しくなったりする。

これはTwitterでのやり取りでのことだけど、ここでも同じことがある。

6月10日

本人たちはまんざらでもないと思う。気にしすぎるのはファンだけよ。
私も郡山ではじめて体験して…「うっ・・・」って思った方ですが、盛り上げる気持ちの方が勝っていた気がするな…。拡散するより自然発生が好ましい。

posted at 23:32:12

 と、「歴史」のイントロで手拍子が起こることについて、フォロワーさんと話していました。そしたらこの記事の中で、1曲目から手拍子…つまり「歴史」の成ちゃんのベースイントロから起きてる手拍子のことだと思うんだけど、このことにちゃんと答えが返ってきた。やっぱり、宮本はもちろんメンバーもスタッフも吃驚しながらも喜んでいたんだな…って記事を読んでわかったことが嬉しい。

6月25日

く、苦しくまとめたな…肉ゴー(笑)
おばちゃんネタ出されて即反応するで?ワシはマジのおばはんやからね(笑)

だんだん、自然発生的に盛り上がって近隣から集まってる空気が嬉しいね。満席で嬉しそうなメンバーとか見たら、ファンも意地になってるみたいな(笑)愛が深くて…ほんと感動する。

posted at 21:51:31

 宮本が「気楽においでよ」って思えるようになったのは、コアなファンが口コミでエレカシのツアーの宣伝したり、感動をつぶやいたりしているから、“なんとなく”とか“あぁ、エレカシか懐かしいな”って、気楽にチケット買って来てくれてる人も沢山いるってことで、結果的にあのLIVEのグルーヴ感が起きているのだと思った。

もちろん、宮本やメンバー、スタッフの努力も大きいけど、ツアーが始まって蓋をあけてみたら!ファンもスタッフの一員みたいになってて(これはツアー前から)、みんなで作ってるツアーになっているんじゃなかろうか?

とにかくほぼ毎週末にLIVEがあって、その夜は行った人もお留守番してた人も一体となって喜びあっている時間が生まれて…すごい事だな…って感動してるのです。

今日は前半ラストの沖縄公演。後半は9月からで夏はフェスに繰り出すエレファントカシマシ。私は今年、夏フェスには行かないつもりでいる。体に留意してのこと。でも、行かなかったことを後悔させる、そんなパフォーマンスを魅せてくれるんだろうな…って今から想像できる(笑)

 

 

 

「風と共に」

SPICEの記事、読了!あ~…良いインタビューだ…。最高だよ…ミヤジの言葉ひとつひとつがスパーーンと入ってくるし、思っていたことの答え合わせできた…。いちいち頷きまくって涙出たわ本当に…

spice.eplus.jp

 ツアー先で最近よく口にしているという、NHK東京放送児童合唱団にお母さんが入れてくれて、はじめてソロで「はじめての僕デス」を歌うことになった時、「いつか私に感謝する時がくるわよ」って言われたエピソードを話しているようです。

お母さまも歌手の玉子だったことを今回のベストアルバムのプロモーションの中で知って、歌の上手い宮本に合唱団のオーディションを受けさせたのは、自分の夢を託す気持ちが少なからずあったのではないかと思います。

中学からバンドに加入してそのままデビューするまで、お母さまは反対することもなくいてくれたというのも、何かの取材で見聞きしました。心配する気持ちはもちろんあったでしょうが、そういう道筋を作ったのもお母さまだし応援する気持ちの方が大きかったと思う。

「はじめての僕デス」から40年、再び歌いませんか?と、オファーがあったときの喜びは如何ばかりかと…。

『風と共に』歌詞を見た時は、THE宮本節!ってだけの感じがしたけど、メロディーとその歌を聴かなきゃ意味がなくて…郡山のコンサートではじめて聴いて…「みんなのうた」で聴いて…フルで聴いたのは郡山と横浜と八王子の3回。LIVEでフルを聴くという、珍しいパターンで今日、MUSIC VIDEOが解禁になって映像と音源をはじめて聴きました。聴けば聴くほど良い曲で“心よ自由であれ そうさ私は風の旅人”・・・“風”というワードは宮本が得意とする素材であるけど、“自由”っていう言葉はあまり記憶がない。また、今まで“風”というのは気まぐれで吹かれるまま、自分はどこに飛ばされてしまうんだろう?という不安な思いも含んでいた気がするのですが、今回の“風”は自分で操れる“風”をイメージしました。“行く先は自由”っていうのは解釈が難しい部分もあるけれども、鳥が風に乗って飛ぶように、目的ないように飛んでいるようで実は目的に向かって行けるよう風を選んでいるわけで…人も夢という目的をもって風を選んで乗って行こう!そんな風に解釈しました。

7月16日(日)の盛岡公演で「みんなのうた」のエピソードの中で、お母さまは既に故人になっていると話したらしい。改まって言ったというよりサラッと自然な話し方で、お客さんもサラッと聞き流してしまうほどだったらしい。

お客さんのほとんどがまだ、ご健在だと思っていたと思うから今回の『風と共に』40年ぶりのみんなのうたに喜んでおられると思っていましたね。

それをうけて誰かがTwitterでは「あなたへ」はお母さんにあてた歌では?と、話し出すとみるみるそれが広がり始めた…。私も「あなたへ」はお母さまへのレクイエムだと思っている。

「あなたへ」リリース時にこんな日記つけてた #エレカシ あなたへ(初回限定盤)(DVD付) - ほゞ、エレカシhttps://t.co/IF1Nw0wTrm

 私はこの曲の中から、「何にでもなれる、どこにでも行けるそんな可能性」を感じていた。「あなたへ」のリリースが復帰1作目であり、デビュー25周年の第一弾だった。「風と共に」は30周年シングル第一弾。「風と共に」は「あなたへ」の思い出から旅立った曲にも捉えられないかな?

2016年の東京国際フォーラムで行われた新春での「あなたへ」のMCは「今日でこの曲も完成を見たような気がする」と言っていました。それが宮本の予感だったのかはわからないけど、

f:id:yumcha_low:20170717155042p:plain

お母さまに贈る花束ができた…そんな、30周年になったのではないでしょうか?私はそう思います。

 

風と共に(初回限定盤)(DVD付)

風と共に(初回限定盤)(DVD付)

 

 47都道府県ツアーも乗りに乗ってきましたよね。お客さんもメンバーも肩の力が抜けた感じで、とてもいい雰囲気。

最初、歴史のイントロで手拍子が起きた時、ちょっとだけ違和感があった。でも、そのうち自然発生的に出てるんなら、それはそれで良いことと思えるようになってて、ミヤジも最初ビックリしてはいたみたいだけど、やっぱり喜んでるみたいでヨカッタ。

いつぞやに「MCでご当地ネタ挟んだらいいのに…」ってつぶやいたらその後、自分の知ってることや行ったことのある場所をご当地ソング風に歌い出した(笑)

 

カラスが二羽、阿保ぉ~と啼いた

SONGS | 第428回 エレファントカシマシ @7月13日

http://www6.nhk.or.jp/songs/prog.html?fid=170713

 

昨夜、NHKの『SONGS』という番組でエレカシ宮本浩次 × 爆笑問題太田光の対談企画。

過去に太田光の自叙伝「カラス」の中でも対談してる。対談ではないけど最近の記憶で新しいところでは、爆笑問題のラジオ番組にゲスト出演している。

太田光エレファントカシマシ宮本浩次)のファンであるらしい。宮本が爆笑問題のファンであるかはわかんない。っていうか、漫才とか好きかどうかも知らない。

出会いは爆笑問題がMCをしていたNHKの音楽番組ポップジャム” 。動画サイトで何度か見たことあるけど、普通歌ったらすぐにはけるところ必ずMC席で何かやらかして帰るという(笑)太田さんは、“サービス精神”って言ってくれてたけど、あれは単に目立ちたがり屋だよね。タダじゃ帰らないっていう(笑)

お互いの売れない時代のVTRが出た。エレカシは伝説の渋公LIVE。爆問はNHKの新人演芸大賞。お笑いの見せ方についてレクチャーしていた太田さんを見て、真似てみる宮本(笑)どこかでこういう手法が活かされそうで楽しみ(笑)

ターニングポイント、エレカシ「奴隷天国」が合宿先のコンビニで流れてきたエピソードと爆問のネタ「進路指導室」で、大衆ウケしない内容に気づけたこと。大衆に受け入れられなければ、やってる意味がない…大衆を相手にできなければ…。

仕事に対する姿勢・・・「オレはこれで行く!こうやる!こうなんだ!」という考え方から、いろんな人と仕事をして、人と関わっていく中で気づきがあり、広がりが得られ磨かれた。最近のLIVEでのMC、雑誌のインタビュー、専門サイトからの取材でも語られてる。クライアントから「カッコいい曲にしようと思っていても、宮本さんと言えば“THE ドーン!”じゃないですか!?そんな感じでお願いしたいんですよ!って言われて15種類くらいのドーンがあるらしくって…」このくだりがおかしくて笑えたけど、沢山コミュケーションをとりながら自分の本領を発揮できているんだな…と、嬉しく思う。

ふと思い出したのは「さよならパーティー」

つまらないパーティーから抜け出して、輝く太陽の外に飛び出した。自分の殻を破って飛び出した。何度も繰り返してきたサヨナラの先に未来へ続く道があると、心から信じて歌った曲。この思いが今、新曲の「風と共に」につながっている気がする。

太田光の自叙伝「カラス」の中でも自分たちの仕事について語っている。33、4歳くらいの模索の中で葛藤している時期の二人。文章の中の二人は太田さんは宮本を探り探り、宮本は問いかけられる質問に時に食いつき、時に興味なさげに対応してる。まだ、尖がってる感じが強い。太田さんが「わかる部分とわからない部分が混在する。大メジャーとなる途中・・・なのだと感じた」と、感想を言っている。

番組の中の二人はお互い紆余曲折を通って、今のポジションに立っている。でも、その道の険しさはそれぞれで違う。

太田さんは、エレカシの曲は歩いてる感じがする。また、うたは歌い継がれて育っていくけど、漫才のネタは語り継がれて育つものではない。そこがうらやましい。エレカシの曲は聴くけど、そのときの気分で聴こえ方が違う。等々…

 

私もSTARTING OVERからとわりに長い事、居場所を転々としながらエレカシブログを続けている。この10年でもエレカシは何回か脱皮をしているけど、UNIVERSALに移籍した時の気持ち、思い描いた活動が一つづつ形になっているのではないかな。と、感じた。何年か前に

「作品は飾られて見られて成長する…音楽も演奏して聴かれて成長する…」

もっと、旅に出てコンサートをやったほうがいい!と、ブログで書いていて、このことは折に触れて何度か書いていたけど、「ファインティングマン」が、LIVEの中の十八番でやっているうちにみんなの中でも愛される曲になっていた。と番組の中で言っていた。

NHK“ファイティングマン”が演奏されたことには、本当の意味で祝福された気持ちになれた。誰かがTwitterでつぶやいていた。

エレカシと言えば「今宵の月のように」というように出演するたびに、これさえやっていれば間違いないみたいに使われるけど、良い曲はこれだけじゃないってことの証明になったと思う。

その通りなんだよね。確かにミュージシャンにとってヒット曲が一つでもあれば、代表曲として取り上げられるし、音楽番組でバンドが紹介され認知される機会も増えるからきっかけとして大切にしたい曲だけど、ファインティングマンが電波に乗って、国営放送で流れて嬉しかったなぁ。

宮本も「レコード売りたいからテレビにも出たい」って言ってた(笑)

太田さんの「カラス」の中で「紅白の出場を辞退するミュージシャンがいるけど、ああいうのを見ると本当に悔しいよね。こっちは出たくても出れないのに」って語ってた宮本。この番組では最後に「賞というものをもらったことがないから、一度でいいから賞がほしい!」と、言ってた(笑)

それは表現者として認められたという、極めて分かりやすい指標で結果としての証だからだと思う。紅白に出ることも賞を取ることも、自分のやってきたことの証明としてわかりやすい形だからほしいんだなって…。メジャーで活躍してるという実感がそれで得られると考えているのかもしれない。

 

カラス (ビッグスピリッツブックス)

カラス (ビッグスピリッツブックス)

 


 「7月14日は 【ひまわりの日】 1977年のこの日、日本初の気象衛星ひまわりがアメリカのケネディ宇宙センターから打ち上げられた。」そうです。

ひまわりの 花言葉は 「私はあなただけを見つめる」 「情熱」「崇拝」「あこがれ」だそうです。私が育てているミニひまわりが咲きはじめて、プランターの中が賑やかになってきました。

f:id:yumcha_low:20170714225010j:plain

宮本浩次への思いが花言葉になってる…嬉しいな。

エレファントカシマシ、デビュー30周年記念! ライヴ・フィルムを観た!

2017/07/11
エレファントカシマシ~1988/09/10渋谷公会堂~』
世界初、一夜限りのプレミア上映@Zepp東阪

f:id:yumcha_low:20170712145306j:plain

スクリーンの中のエレカシは若い。今と技術力も違う。でも、何もかも変わってない!
スクリーンの中の宮本は鬱屈している。しかしまだ、爆発はしていない…何か納得いかぬ。でも進まぬわけにもいかず、あの場を徘徊していた…。

今のエレファントカシマシとは違う…なのに変わってない。何が変わっていないのか?4人の立場はあの頃と今とは全く違うし…熱量が変わらないのか?作品と向き合う思いが変わらないのか?

なんなんだ❗君たちは❗

上映終了後につぶやいた思いの編集がこんな感じでした。

フィルム鑑賞なはずなのにまさにタイムスリップをしたかのような…そんな錯覚さえする臨場感たっぷりのフィルム上映会でした。

全14曲どれも今となってはお馴染みで、ライブでやれば盛り上がる逸曲ばかり。22歳の宮本がまだ、そこまで歌い込まれていない曲を若いパワーと伸びやかな声量で歌う。29年経った今、ファンからここまで愛され盛り上がる曲に育つとは…この時点では全く思いもしていなかったと思う。

22歳というのはそういう年代なのだ。その時は必死で「理想」と、いうものがあってもその「理想」すら曖昧でぼやけていて、闇雲にガムシャラにやけっぱちにやりこなす。そんな年齢なのだ。思い描く形は大人にもみ消され、握りつぶされて、よくわからない理屈を押し付けられて、逆らうこともできず納得することもないまま、常に「行くしかねぇ」という見切り発車的に走っていた。

伝説の渋公ライブの頃、私も22歳。宮本が渋公でもがき歌っているころ、私は私でいろいろ戦っていた。1966年組はバブルのはざまで苦悩してたよね。

動きでフレームアウトしてしまうのは予想ついたけど、彼らの感情、心情、熱量そのものが完全にフレームからはみ出していた。時化た面で笑う…宮本の表情が心を貫く。

どんな29年間だったのか?それは当事者たちにしかわからない。当事者でさえ忘れてしまった出来事もあるだろう…人生って振り返り記憶に残っていることを思い出しつなげると、非常にドラマティックではあるけど、その時はただ時が流れていて毎日が変わらなくて苦しかったり…ただ、それだけだったと思う。

スクリーンの中の彼らは客電つけっぱなしの異様な演出の中にいた。それは、類い稀な生き物を展示させるがごとくだった。その類い稀な生き物は叫んでいた。

時代はバブルで人も街も華やいでいた。客席のお客さんは静かに座っているけれど、その一人一人は時代に浮足立ってる人達ばかりで、時々聴こえてくる笑い声とステージ上の4人の若者とは、一線が引かれていた…別物だった。その客席の浮かれた笑い声、話し声に私は少しイラッとした。その瞬間、「うるせぇ!!」と宮本がお客に言い放つ。29年後に「伝説のライブ」と称されるとは…かくも不思議だ。

でも、これは奇跡的な出来事ではなくなるべくしてなった、ごく当たり前で自然な結果だったのだろう。私は音楽的な知識は全くない。しかし、彼らの存在や宮本が作り出す音楽を守り残さなければならぬと思った、専門家やファンがいればこそ、今がある。宮本の才能とメンバーの宮本に対する信頼とか愛情に近いものが、エレファントカシマシの存在を消さず、守られる結果になったのでしょう。私はその人たちのおかげでご相伴に預かっている。エレファントカシマシが愛してやまない存在になっている。

このエレファントカシマシ~1988/09/10渋谷公会堂~』ライブフィルムはこれから発売となるので、内容については語らない。是非、買ってごらんになっていただきたい。しかしながら、大画面の大音量で観るという経験はしておいてよかった。正直、爆音すぎて宮本がしゃべってる言葉で聞き取れないシーンもあった。そこがまたライブ感をだしていたし貴重で嬉しい上映会でした。

アンケートってヤツ書こうとしたけど、ムリなんだよ。そんなの終わってすぐとか…いろいろありすぎて、まとまらん❗って書いて出しといた(笑)

この伝説の渋谷公会堂も2018年に新装OPENするらしい。新しい渋公でまた将来伝説と呼ばれるようなLIVEをやってほしいですね。こけら落としは誰がやるんだろう?決まっているのかな?

 

 


エレファントカシマシ「ファイティングマン」 THE ELEPHANT KASHIMASHI deluxe edition ver.

そして、この上映会に合わせて新曲『風と共に』のスポットCMも公開されました。


エレファントカシマシ「風と共に」SPOT

 

こちらも7月26日の発売です! 

風と共に(初回限定盤)(DVD付)

風と共に(初回限定盤)(DVD付)

 

先行販売でiTunesで購入もできます。

風と共に

風と共に

 

 

『窮すれば通ず』ある意味、最近の私は窮していた…大丈夫と言ってもらえた気がした

2017/07/09(日) オリンパスホール八王子

とりあえずセトリを…

01.歴史
02.今はここが真ん中さ!
03.新しい季節へキミと
04.ハロー人生!!
05.デーデ
06.悲しみの果て
07.今宵の月のように
08.戦う男
09.風に吹かれて
10.翳りゆく部屋
11.桜の花、舞い上がる道を
12.笑顔の未来へ
13.ハナウタ~遠い昔からの物語~
14.3210
15.RAINBOW
16.ガストロンジャー
17.やさしさ
18.四月の風
19.俺たちの明日
20.風と共に


21.ズレてる方がいい
22.奴隷天国
23.コール アンド レスポンス
24.生命賛歌
25.TEKUMAKUMAYAKON
26.夢を追う旅人
27.ファイティングマン


28.so many people(アンコール1)

終演後のつぶやきを編集しながら振り返りたいと思います。つぶやきは思いついたこと思い出した順(笑)

やっぱライブって一対一で対局する感じ。ちゃんとミヤジと自分の間に一筋の路があって、遠くなかったよ。

昨夜の八王子はオフィシャルの後、急きょ販売された先着チケットで購入しました。席は3階の後ろから2列目成ちゃん側。最近のホールは3Fのほぼ最後尾だからと言って、けして観にくいわけではない。顔の表情はわからないけどステージ全体が良く見え、照明の演出もよくわかる。

私は宮本を集中的に見てしまう。そうすると完全に“宮本対私”になれるの。今夜の彼はどんな心境なのか…最近はどんな調子なのか?そんなことを考えながら歌に聴き入る。何か伝わる気がするのです。もちろん自分の心境、調子に合わせた勝手な感想ではあるけどね。

ただいま…ミヤジも生き物、私も生き物…みんなも。いろんな思いが溢れて…いろいろ感じてよかった。八王子 ハンコも東京タワーはあると思ったけど、スカイツリーも入れてくれてありがとう!🐼入ると期待してたから嬉しかったよ(笑)

f:id:yumcha_low:20170710223744j:plain

実は昨日は行きの電車の中で“Mellow & Shout ”を聴きながら移動をした。不覚にも今まで殊更に好きというわけでもなかった“笑顔の未来へ”で涙が出てきてしまった。

最近、加齢による体調不良があってしかしそれだけではなく、どこか故障してしまったような感覚に陥った。大病はしたことがないので明らかに今までと違う体調の悪さだった。私はまだまだエレカシと共に生きるつもりだったので、ここは素直に病院に行こうと決めて行った。初見はそこまで心配するほどでもないが、念のために検査をしておきましょう。そんな具合。

宮本が歌う表はいつしか真夏の光 あなたと一緒に飛び出して行こう…輝くメロディ あなたを連れて行くよ 笑顔の未来へ」が、逆に不安を呼んだのかな?でも、必ず一緒に笑顔の未来に行くんだ!という決意にもなった。

今日はエレカシが…ミヤジがとても優しかった。いつもはお客さんのやさしさが溢れてたけど、今夜はミヤジがとても優しかったな…って感じた。

昨夜はミヤジのやさしさが溢れていたように感じたんです(⌒∇⌒)

そんな私の気持ちなど知るわけもなく(笑)

でも、この日は2階、3階に向けていっぱい手を振ってくれたし、3階までお客さんがいっぱいいる景観はかなり嬉しいはず!その空気を体いっぱいで感じているミヤジの姿が嬉しい。

そして、週末の大雨で甚大な被害にあった地域のニュースは知っていたのだろうか?

昨夜の奴隷天国は…今までよりも鋭さ激しさが怖さが抑えられてた気がする。うん。欠伸して死ねのところなんかは本気を抑えてたような気がするのよ。

「全員死刑です」も、今までのようないきり立った感じはなくて、サラッとスルーして歌った気がした。そう感じただけなんだけど…少し、被災者のことも脳裏にあったのかな?って

 

クリスマウソングは実はできていると予想してる!(笑)密かに作ってあると思うのよ!ww

桜の花舞い上がる道をの誕生秘話の中で「クリスマスSONG、誰か作ってくれって言ってくれないかなー」などと意外性の何ものでもない発言が飛び出ました。

いつでも言ってくれ!用意はある!そんな感じなのか!?と、思った(笑)

でも、宮本とクリスマスと言えば彼女がクリスマスの時に作ってくれた、フライドチキンちゃぶ台返し事件があるから、もはやそのエピソードが浮かんでしまい…「あの時はチキンをごめんね」みたいな歌詞が浮かんでしまうのよ(笑)

フォロワーさんのレポで思い出した!! 「窮すれば通ず」すぐに賢くなれればいいんですけど…今日は昨日より賢くなんて無理じゃないですか?でも、僕は追いつめられると人の話をよく聞いて素直になれるんですよね…。そうやって自分の世界を広げてもらった…

それまでは(窮しないと)頑固だから自分の殻に閉じこもって「自分はこうなんだ!」ってあーだこーだ考えちゃって… みたいな事言ってました。

 翳りゆく部屋みたいなカバー曲を歌わないか?の話しがあった時、カバーなんて思いもよらなくて…という流れからの話しだったと思います。

そもそも宮本はすごく素直な人だと思う。ただ、こうだ!と思ったら納得するまで突き詰めて、ダメだ…と、降参するまで追い込む人なのだって、スッと差し伸べられたそういうアドバイスを心底「ありがたい」と思える人だと思う。

あと、ほかの方がつぶやいてて思い出したのが、「なんで生きてるんだろうってたまに思う。あまり思わないようにしてるけど。年に2回位考えることあります(笑)でも、こうして曲作って歌ってみんなとワイワイするために生きているんだと思ってます。」みたいなことを言ってて、私も何のために生まれて何のために生きてるんだろう?って思うことがいっぱいあって、報われない気持ちとかもあったりして…でも、最近考えているのは大袈裟でなく好きな人のことをできるだけ理解できる人でありたいな…って思っている自分がいて、宮本の事も誰よりも理解できるファンでいたいなって思ってて、それが今となっては生きてる意味にもなってるの。

小さな声で「こ~んどこしてきた…」って歌ってアコギでガシャガシャやったけどコード合わなかったね(笑)また、やってくれて嬉しかった。ありがとうね。

郡山で聞いてからリベンジか!?って思ったけど、成功しなかった(笑)でも、また歌ってくれたことが嬉しくて、ココロがほっこりした。「できない!」ってちょっと駄々っ子みたいな発言もあって、なんかぐぎゅーーってしたくなったわ(笑)歌手生活40周年!だって(笑)

このあと「誰にでも取り柄ってありますよね?ない人はいないと思う…」とも、

そういえば、いろんな習い事したけど続かなくて…水泳も…習字も算数も…かけっこもそんなに早くなくってさ…水泳教室は5日通った。あの北島康介が通ってた水泳教室と同じで…あとから知ったんですけど。でも、NHK児童合唱団には4年くらい通えて…先生から「宮本君、今度はみんなのうた歌うよ」って言われて…男の子は5、6人くらいしかいなくて仲良かった…と、いう話もしました。

『風と共に』素敵な曲です。アニメと合わせて聴くとより一層よいけど、フルバージョンをLIVEで聴いても映像が浮かんでくる。あのアニメの中に小学生の少年が出てくるけど、あれは宮本少年なんだね…。肩を落として一人で歩いてる姿はかつて友達から仲間外れにされたことのある宮本少年の姿。

私もクラスメイトからの無視はないけど、小学生の時は何回かいじめられっ子になった。中学の頃には部活仲間から仲間外れにされたこともある。自分にも重ね合わせて聴ける曲。でも、過去のことは過去で忘れていて自分が変われば未来も明るくなるはず!と気持ちを奮い立たせた。その原動力はやっぱり友達の存在だったな…。

その他…

    • 佐久間さんとの思い出話。 あの方、何も言わないんですけど、トミに向かって何故か壁に向かって叩いてください。って言いましてね…
    • ところで「タイアップ」ってどういう意味なんでしょうね?アップって言うくらいだから、“上がる”!ってことなんですよね?!←ツボった(笑)
    • 「血の汗流せ、涙をふくな…ですよ?いけいけ飛雄馬…ドンと行け!ドンとまでときましたからね…小学生の頃の自分に相当な印象を付けたんでしょうね…」
    • 最初の方、東京に半分戻ってきましたーーー!とも言ったな(笑)
    • 「この間、青山一丁目の交差点のところにエピック時代の社長がいて、挨拶でもしようかと思ったんだけど、もう覚えていないかな?とか思ったり30メートルくらい離れていたから…(挨拶しなかった)」みたいな話もしたね。

こんな宮本発言集でした。

f:id:yumcha_low:20170711000411j:plain

昨日は満月でした。八王子の満月…。

さて、こうしてtwitterでつぶやいたりブログにまとめたりは一部の人にしか目にされないけど、LIVEに行けなかったり、いけない会場があった時、行った人が教えてくれる宮本発言とか読んで色々思いを馳せてるのが好きだ。

セトリに変動があるライブのはあまり知りたくないけど(笑)LIVEの内容に関しては知りたい。とは言ってもこんなにMCの多いライブも今までなかったし、各地のエピソードを知れることは楽しい気分にさせます。

私は人の魂を預かれるほどできた人間ではないし、そんな責任重大なことを無責任に引き受けられない。ただ、私は人が魂で聞いて留めてきた記憶の断片を読んだ時に、自分の魂が活き活きと蘇ることを知っている。だから、私もできうる限り彼の言葉を聞き覚え皆に伝えたい。そう思っている。

f:id:yumcha_low:20170711000304j:plain

 

自由…ココロは自由

2017年3月26日(日)のつぶやき

「お題」があれば果敢に創作意欲が出ると思うんですよね。だから、タイアップとか好きだしね。若い頃は若い頃にある大人や社会に向けた“怒り”“矛盾”、“憧れ”を題材にできたけど、今は少し「お題」に頼ってる気がするの。自分の目で見た今の世界を作品に反映してほしい

posted at 21:11:35

その前の3月5日のブログにも『お題(タイアップ)』について触れた。

yumcha-elekashi.hatenadiary.com

宮本はツアーが始まってMCの中でタイアップが大好きだと言った。「タイアップ、絶賛受付中!」って言ったくらい。タイアップというお題の中で彼は“自由”に自分を解き放っていた。期待されることにプレッシャーもあるでしょうが、それ以上に信頼されていることにPowerをもらっている。

私は「自分の目で見た今の世界を作品に反映してほしい」と思っていた。
宮本は日曜の朝にテレビ番組ワイドなショーに出演した。もはや世間で起きてる時事にあまり関心を抱いていない…のではないか?そんな印象があったので、この番組への出演に少し疑問があった。コメントを求められたときどう返すのか…。実は録画してあるものの私はいまだにこの放送を観ていない。観れない(笑)

50代になって悩むことになれてしまった…と言った宮本。確かに感受性という部分において皆、若い頃のようには純粋に受け止めて、意見をぶつけるといったことはしなくなる。宮本もそうなのだろう…“実感”として自分の身におきていないことには、俯瞰してみて考えるしかない。のだと思う。

『JAPAN』最新号を読んだ。

 彼は今も世の中の出来事に怒りをおぼえることもあるが、それを新たに作品として書き起こすことではなく、かつて作った「怒り」「憤り」「悲しみ」「憂い」の曲でそれを表現していた。何も感じていないのではなく今まで生んだ曲でそれを表現している。

だから、彼のコンサートは行った先々で印象が変わる。彼の感情や気分が演出として表現されている。全体のクオリティーを下げず雰囲気を変えられるのは、宮本が生身であり生きている証。それが彼の『自由』なのだろうな…。

今、彼はとても多忙であるけど充実し安定した時間に自由を感じている。けれどもかつて経験した辛苦な時代もあるから、完全に呪縛から解けてるわけではない…。今も必死に考え模索しながら自由を満喫している感じがした。

 

さて、少し前のつぶやいた言葉

ロマンチックな装飾として「神様」とは言っても、実は己の心と向き合って自問自答しているその行為、空気を感じ取れるくらいの研ぎ澄まされた感覚が、幸運を引き寄せる力になっているのかも…己から逃げなかった人が最終的に祝福されるんだな…って思う。

現代人はなんでも神様にお願いして叶えば神様っているのね。叶わなければ神様なんていないのよ。ってすがってはすぐそむいて…ご都合の道具に扱われてて、人は自分をみつめていないし自分でなんとかしようと思わないって思うの。だけどミヤジは違うのよね。

 私には信仰心がないわけではないです。ただ、アクセサリーのようにすがったり願ったりするのは信仰と違う気がしてて、自分をみつめなおすために心を落ち着かせるための対照、自分を映し出す対照があったほうがやりやすい存在。神様がなんとかしてくれるものではないって思うのです。

必死すぎると人の言ってくれたことなんて、すぐに忘れるんだよね…、とりあえずなるようににしかならないか…冷たいようだけど。あまり言いすぎると返って迷うか…直す気ないけどかまってほしいだけかもしれないし…静観するよ。

結局、経験して見ないとわからない大変さっていうのはあって…周りが経験でモノ言ってもわかんないってことだよね…。どれでも試してみよう!というポジ思考なのか、それでもどうしていいかわかんない!私の何がいけないの!?っていうネガ思考で頭に入ってこないか…

よく考えても見なよ。 嫌われない要素のない人間なんていないんだから。嫌われたくなければ好き嫌いなんて言わないことだよ。でも、出会った人のことは大事に思う事だよ。たとえ、離れた人がいても恨まず、そのままの自分を受け入れてくれる人が残ればいいじゃん。

自分が自由でいるために…人がつぶやく何気ない言葉をひろっている。みんな自由に自然体で言葉をこぼしていってる。

私にはまだそこまでの自由がない。いったん、考え言葉を選んでる。きついことを言う時も怒りも感情のまま投げてるわけではない。ちゃんと考えてる。

労う時も慰める時も嬉しい時も喜ぶときも…考えて言葉は発信してる。そして、かける言葉がみつからない時には「黙っている」。

自由は尊重されるべきだけど、「奔放」さは控えたい。