読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほゞ、エレカシ漬

私が好きなエレファントカシマシを軸に音楽のことを綴るブログ

2010年12月 MUSIC on TV 【GGTV】 ジョージと下町散策

2010年12月にMusic on TVの「GGTV」で放送されました、
司会のジョージ・ウィリアムさんと宮本浩次が下町を散策するという回で、
なんと!私の生活圏内・・・半径50mまで来ました!(笑)

ロケの日(11月)はまさに仕事中で・・・と、いうか、派遣切りの後に決まった今の職場に初出勤した日で、 前の日までは買い物に出てる時間帯であったろう・・・という涙

私のお散歩エリアである“浅草”からスタート!

ここのお団子は本当に美味しくて!ミヤジも同じものを食した!っていうだけでぴかぴか(新しい)ハート達(複数ハート)

 

続きまして、アサヒビールの本社ビルに東京スカイツリーが映り込む場所です。


写メだと全体が入らずなのですが・・・こんな風に映り込むのです。
2011年6月撮影

そして…いよいよ私の生活圏内半径50mへ…

これは浅草側から隅田川を渡り、墨田区側へ渡っている途中です。
私も浅草から家に帰るときに利用する橋です。


※2010年12月反対側から撮影

渡り切ったあたりの画像。よぉ〜〜くごらんください・・・ミヤジの肩あたりの看板を・・・

f:id:yumcha_low:20170528100108p:plain

この看板でございます(笑) ママ友のやってるお店ww
ここはもう一歩間違えば、交差点で出くわすくらいに私が出没します。
ほぼ毎日ですからww 日によっては朝昼晩と3回くらい・・・
家族もみんな・・・ここを行き来するようなそんなところなのです!

何故、あの日がロケだったのか・・・恨めしい・・・

f:id:yumcha_low:20170528100334p:plain

そして、最後にこの場所。ちょっと写っている看板をよくご覧下さい(笑)



 それがここです。こんなご近所のカフェで・・・ジョージとミヤジが・・・嗚呼・・・

f:id:yumcha_low:20170528101313p:plain
※2010年12月頃の外観

もちろん、私はすぐに「あそこだ!」と、わかったのでお茶しに行きました(笑)
そして、同じようなアングルで・・・


※2010年12月頃の店内

目の前にミヤジがいる・・なんていう妄想に酔いながら・・・
同じホットコーヒーを飲んだのでありますぴかぴか(新しい)コーヒー

人力車に乗ったことに予想以上に感激されていた、宮本浩次・・・時空を超えて、
江戸時代〜明治・・・文豪、森鴎外永井荷風に思いを馳せていた場所ですね。


我が町は森鴎外永井荷風とも縁があるので、また順を追ってご紹介します。

 

『尾崎世界観の日2017』 上野恩賜公園野外ステージ5/7(日)

CD「もうすぐ着くから待っててね」のCD先行で応募したら当たりました。熱闘世界観もCD先行で当たってなんだかCD先行の相性がとても良いです♪

2枚取れていて、一枚はクリープ好きなフォロワーさんに…と、思ったのですが熱心なクリープファンの方から、リプをいただきその方と行くことにしました。その方は筋金入りのファンでしたので、彼らの話しも色々と聞けてこの方と行けて良かったと思うし、私の直感(人を選ぶ千里眼)もまだまだ捨てたものではないな!と、自負しました(笑)

さて、以下感想とも言えませんがTLしたつぶやき…

尾崎世界観の日よかった🎵私がエレカシのファンだからそう見えちゃうだけかも知れないけど、世界観の趣向も暮らしていた風景もどこかミヤジに共通していて、でも、彼は唯一無二で…上手くいえないけど、何か弟分みたいな感じもして今日更に彼が好きになった❗

昨日の尾崎くんの「大丈夫」という曲(私の大好きな曲)で、歌詞が頭からぶっ飛んで何度も歌い直して…途中、前座のガリクソンさん及び浪曲師の玉川太福さんがスマホで歌詞見せに来て(笑)もう、これは…デジャブ(エレカシファンならわかる)?としか思えないシーンで1曲で3倍お得した気分でした。

何か話しかけるお客さんに尾崎さんが「うるせー」って言った。そのあと「どうせ“尾崎さんにうるせーって言われちゃった(キャピ♡)”みたいにつぶやくんだろ?」とか、ファンを萌えさせる術を手に入れたようだ…(笑)

アンコールで不完全だった「大丈夫」を歌うがこれも最初、歌詞忘れ…次にカンペ持って出てきたのが浪曲師 玉川太福さんの師匠?曲師:玉川みね子さんでした!オイオイ💦

カオナシさんとセッション有。前日決まったらしい(笑)でも、カオナシさんの中では想定内だったんだろうな…( ̄ー ̄)ニヤリ…それを夫婦愛と呼ぼう(笑)。 尾崎さん、トイレで離席MCでつなぐカオナシさん。外来種のオレンジの花*1を見つけたら刈ってほしいというチラシが入っていた。という話(笑)

終演、はけるときに尾崎さん、髪の毛をグシャグシャとする…これもよく見る風景…デジャブか?エレカシファンならわかるだろうwwそして、投げキスする!(ちょっと照れてた?)こいつもいつも見るぞ!(笑)尾崎くんの投げキス…ほすぃ(笑)

大人になってエレカシを知って更に行くことも増えた上野。クリープハイプのファンになって新しく知った事もあった上野。上野恩賜公園野外音楽堂はバンドやってた知人が「エレカシもここでライブやったんだよ。オレもいつかやってみたいな…」と、言ってた。尾崎さんもそう思っていたのかな?

昨日の『尾崎世界観の日』去年からやってるらしいのですが、ライフワークになるかも?尾崎さんにとって上野のあのエリアは縁が深いらしい…野外ステージ…いいよ。毎年、やってほしいね。ミヤジもあそこでアコギLIVEしてくれたらよかったのになぁ。昔、無料ライブやったみたいだけどね。

= セトリ =

君が猫で僕が犬

ボーイズENDガールズ

チロルとポルノ

商店街、手紙、天気予報

君の部屋長谷川カオナシさんとセッション)
※尾崎さん、緊急トイレカオナシさんMCでつなぐ。

買いもの

レーマンのせいにする

マルコ

猫の手

大丈夫

イノチミジカシコイセヨオトメ

ねがいり

=アンコール=

ex.ダーリン

大丈夫

 

勝手に自分の思い出に重ね合わせて聴いちゃうシーンが…まぁ、ふんだんに出てくる。とにかく聴いていると、忘れたはずのアレやアノ事やあふれ出てきて…しかも、昨日は会場となった上野恩賜公園野外ステージという場所が更に過去に引きずり戻したね…。

今更になってね(笑)

ちょっとねもう、いろいろ思い出しちゃって今日も上野界隈を散歩した。勝手な推測だけど尾崎くんは上野(主に湯島)には、ただならぬ思い出も多いのではないかと(笑)

エレカシの宮本が抱いている上野の思い出(純朴なかつ浪漫な)とはなんか…全然違うよね…きっとね。もしそうだとしたら、尾崎さんのそこが逆に私は親しみを感じるのでそうであってほしい!(笑)

歳は20歳近く違うし生きてきた時代、見てきた風景が全く違うのにどうしても尾崎世界観の世界は自分の見たのと同じ景色に見える。ファンになったあとに気づいたことだけど…これは運命だよね。

尾崎さんに「このクソ(ババア)がっ!」って言われるだろうけどね。だって、そうなんだもん仕方ない(笑)

*1:危険外来植物(「ナガミヒナゲシ」)に関する駆除のチラシが入っていたので、ただ駆除するのもなんだか…と思い飼ってる亀に食べさせたと言ってました。

2010/12/31 COUNTDOWN JAPAN 1011〈4日目〉幕張メッセ

初・COUNTDOWN JAPAN☆2010年

もう、諦めていましたよ・・・はぃ・・・
大晦日にCOUNTDOWN JAPANなんて、アタシの生活の中に考えもなかった。
でも、2010年のアタシは「何か持ってる、女」だったのですよ(笑)

そして、悪魔のささやき・・・

電球旦那と次男は長野の実家に行かせちまいな人影

と、ささやいたのさ・・・(笑)

電球電球電球

そう、思いつくや否や「COUNTDOWN行く手(グー)」宣言exclamation ×2
したものの・・・31日のチケットが【sold out】げっそりげっそり

オーマイガァーーーットげっそり
うーーー、せっかくいい案浮かんで手筈も済ませたのに・・・
チケットがなきゃ、いけんだろーーー泣き顔

オークションでは高値、チケット売買専門のサイトでも売り切れ。
頼みの綱は・・・コミュの【譲ります】のスレッドだけでした。
探す事、2日目位に「2枚譲ります」の奇跡の書き込みがexclamation ×2
(もう一人、マイミクで行きたい子がいたので2枚必要でした)
もう、これに賭けるしかない・・・ と、熱心なメッセージを添えアクションをかけました。この日のチケットには相当、沢山の申込者があったらしく・・・ 幸いスレッド主の子はそのメッセージの一つ一つを読んで、私の申込みに応えてくれたのでしたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

31日海浜幕張の駅でその子と待ち合わせし、無事に譲渡完了。
何度も「選んでくれてありがとーー!」と、頭下げちゃいましたハート達(複数ハート)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

で、意気揚々と会場に向かってしゅっぱーーーつ手(グー)
30日はパッとしない天気、大晦日は悪天候・・・?とか予報もあって心配しておりましたが・・・見事に快晴晴れ

EARTH STAGEぴかぴか(新しい)

夢にまで見たCOUNTDOWN JAPAN 大晦日 ア〜〜ンドexclamation ×2
エレファントカシマシのCOUNTDOWNexclamation ×2


私はフロントセンターエリアから、石くん寄りエリアの前から6列目位、段差のあるセンター近くのサイドバーをキープしました。
左前にミヤジの姿を全身拝める好位置ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


ワクワクるんるんドキドキハート達(複数ハート)・・・暗転・・・Next Artist
エレファントカシマシ
ドッカーーーン衝撃
キャーーーーーッ!ミヤモトォ!ミヤジー!

メンバープラス蔦谷好位置昼海幹音
白シャツの宮本浩次登場exclamation ×2

「イェーーーイ!」といつものミヤジポーズ!
「緊張しています・・・エブリバデ・・・」
アハッアハッ・・そうだぉね…そうだぉねぇ・・・アタシもドキドキさーw
「それじゃあ、新しいアルバムから激渋の曲を聴いてください」

脱コミュニケーション
このスタートもう、昔っから決まってるって言う位にはまってる!
この時点で場内、大合唱はじまる・・・圧巻でした泣き顔

今はここが真ん中さ!
いやぁ・・・ホント、この曲好きだわぁ〜〜〜ムード
夢の中迷路に迷って抜け出したのが「ここさっ!」
綺麗な炎がメラメラと燃えあがってましたっ!

悲しみの果て
2010年の悲しみの全てが払拭できた瞬間・・・歩かなきゃ前には進めん!
当たり前のそんな事を再確認手(グー)
MCで
「今日、大阪から新幹線で帰ってきたんだけど、チャボ、仲井戸麗市さんと
 同じ新幹線だったんですよー!ハート」と、超ご機嫌で自慢話。
珍しいですよね?こんなミヤジぴかぴか(新しい)
「皆さんは今日、どんな1日でしたか?オレは皆に逢えて嬉しいぜ!エブリバデー!」
みたいな事を言ったと思う。

good morning
「ドライブに行こうぜーー!!」と叫びはじまった曲。
歌った後だったけかな?
「運転下手なくせに高速道路で300k位でとばしてた事があって、
 事故でもおこしたら、ニュースで名前出たかな?」とか話した後、
蔦やんと石くんに
「大丈夫ですか?」「シャレになってますか?」と確認(笑)


「モンゴルの高原に行かなくたって、俺たちはこうやって毎日旅を
 しているんだと思うんですよ。」
そう言いながら、歌いだし・・・この日の幕張は年末らしく冷え込み
空気もピンっと張りつめていた・・・そう、この会場に居る人全て旅してきた!

そして、
「エビバデー、あと10分ぐらいだ!素晴らしい年にしようぜ来年は!
始めよければすべてよしだぜエビバデー!初詣代わりに歌わしてくれ!」

笑顔の未来へ
歌い終わるや・・・目の前にあるモニターをジッと見て一言・・・
「微妙・・・」
とか、戸惑い顔・・・クァァァーーーッ、こんな可愛いおっさん!
生で見れるとはハート達(複数ハート)ハート達(複数ハート)

で、何故か・・・

いつか見た夢を
超高速ヴァージョン(笑)貴重だ!貴重すぎるるんるんるんるん
早送り状態で歌いあげるも・・・とことん、時間調整の下手な男(笑)
ま、そこがいいんだけど・・・
「あと、1分半ほど余ってしまいました・・・」と、言いながらメンバー紹介ハート達(複数ハート)ハート達(複数ハート)で、
「あと30秒くらいなんすけど、始めちゃっていいっすかねぇ?」とか
いいながら(笑)30秒前COUNTDOWN手(グー)手(グー)

5・4・3・2・1 ドッカーーーーーンぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
『あけましておめでとーーーエブリバデーーーexclamation ×2』のシャウトと共に
新年1発目の曲exclamation ×2

ガストロンジャー
Christmaseveの晩に聴いたガスト、そして新年1発目のガスト!
「どうなんだ新しい年は!え!?どうなんだよっ」みたいなことを言いながら
熱唱のミヤジ・・・EARTHにいた人の怒号むかっ(怒り)、拳手(グー)、すごい迫力
目むき出し、こんな新年があって・・・すっげーーーーいいんだぁーーーグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
私は「良い年にしてやろうぜ!エレカシ!ミヤジ!」と、叫んだexclamation ×2

俺たちの明日
もう、感無量の感動でこの辺から記憶が曖昧に・・・いや、今まで書いてる事も
多少前後が・・・すびばせん・・・。

「俺は感動の涙をいっぱい流してきました。今年もそんな感動の涙を
 一杯流していけるようにしたい」そう、仰りながら・・・
今宵の月のように
zepp東京の涙は感動の涙だったんだね・・・何に感動してたのかは
わからないけれども・・・。

so many people
すごく印象に残ったのがこの曲の歌詞に
♪激烈なる変化を求めるあまり 死んでしまう人がいる♪
このあとに「生き抜こうぜーー!!」と、歌った事(涙)

「最高の1年のスタートが切れたよな?エビバデー! とはいえ、
 ここで悲しい宣告をさせてもらうぜ!」
なにーーーexclamationこれもくるのかぁぁーーーexclamation & question

コール アンド レスポンス
新年早々の『死刑宣告』!!ウッヒョーーーぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
すでにだいぶ前から、会場の湧きあがりが尋常じゃなくなってる上に、
「全員、死刑です」
キャーーーーっ!っと歓喜の悲鳴(笑)ドMだらけの会場ですか?ここはっww
新しい体になって甦ってやる!

「今日、俺たちは皆から、エネルギーを沢山もらいました!俺たちもあげました!
お互い様にな!もう初詣行かなくても大丈夫!ファイトだ!ファイト!」

ファイティングマン

「ありがとう!ドーンと行けっ!」
超長めの投げキッスをして去って行きました・・・。


御利益満載のCOUNTDOWN LIVE・・・ホント、そうだよ!ミヤジ!これこそが私の初詣ぢゃ!2011年最高のスタートが切れたぜ手(グー)手(グー)
最高の大晦日、最高の元旦をどうもありがとうぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


もう、燃え尽きました・・・おかげで元旦早々、ダウンしました(爆)

精神的パワーはたっくさんもらいましたよーー手(グー)手(グー)
何がおこるかまだまだわからない、2011年ではありますが!
「何でもきやがれ!!大抵の事にはひるまねーぞ!!」と・・・、あまり、いつもの調子と変わんないけど(笑)
更に強く心に刻むのでございましたあせあせ


私の2010〜2011 COUNTDOWN JAPANもこうして無事に終了。


皆さん、2011年素晴らしい1年にして「素敵な涙」を一杯流しましょう!
どうぞ、よろしくお願いいたします富士山

2010/08/07 ROCK IN JAPAN FES 2010<2日目> ひたちなか海浜公園

初・ROCK IN JAPAN FES

GRASS STAGE・・・
ステージを正面に見てフロントエリアを避けて左側エリアの柵、ステージから5、6メートルの所で待機。

ステージ前方は陽がかげり初めて・・・水撒きをしたばかりで風が吹くととても涼しく気持ちがいい・・・空はまだまだ青く・・・
今日の1曲目はなんだろうと、いつものように話す。
エレカシ仕様に機材がセッティングされ、マイクテスト・・・丹下さんのギター調整♪
「丹下さーん」と、手を振ってみる(笑)ちらりとも見ず己の仕事に従じるw

15:30 BGMが鳴り止みドーーーーン!
『NEXT ARTIST!エレファントカシマシ

「キャーーーッ!!!」

宮本浩次、白シャツで先頭登場
「ヘイ、エブリバディ!」」と、おなじみ第一声
でも、何だか今日は・・・ここ最近にはなかったような・・・ある意味
【凶暴的】な一面が・・・げっそり
「畜生・・・なんだ、馬鹿野郎・・・」みたいな事をブツブツ言いながらマイクを握る。 私、武者震い・・・フェスですぜ?宮本さん・・・良いじゃないですかぁーーー!手(グー)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


そして、1曲目は・・・

1 ファイティングマン
 LIVEの1曲目に持って来たことは過去にも多いと思うが、個人的にもこれが
 最初に来るとすごく締まる感じがしてしまう!

「はじまるよーーー!!!」っと、場外に向かって叫ぶ

2 幸せよ、この指にとまれ
 で、早々この曲でオーディエンスの人差し指・指・指・・・

3 俺の道
 「ちくしょー・・・俺は行くしかねぇーんだよ!俺の道、聴け!!」
 マジかーーー!ドSなミヤジ・・・かっこよすぎーーーハート達(複数ハート)
 サビの「ドゥドゥドゥッドゥドゥ・・・」オーディエンスも合唱!
 会場中に響き渡る!
 物凄い!圧巻だ!!ミヤジ自身、今日は何かが違って見える・・・
 何かが取り憑いたみたいに、噛みつき周る・・・そんな感じで歌う・・・
 激しい・・・セイちゃんの帽子を奪いかぶり、石クンの胸をバシバシと 叩きまくる・・・ここ最近ではあまり見せなかった、そんな絡みぶり。

4 悲しみの果て
 この5月に亡くなった父の死、以来・・・この曲を聴くと胸が一層熱くなる。
 倒れて17年間、寝たきりで何の楽しみも味わえなかった父。
 苦しみや悲しみの後には必ず、良いことがある・・・
 そんな風に今頃どこかで 生まれ変わってくれていると思えてならない・・・。

5 デーデ
 「金がほしいとういう歌です。歌詞が面白いので聞いてください」と、紹介。
 「稼げ!稼いでみろっ!」罵声・・・やっぱ、いつも以上に何かがミヤジに
 憑いてましたね・・・素敵・・・ww

6 暑中見舞−憂鬱な午後−
 なんと!大阪野音でやってほしーーーと、言っていたこれがここに来ました♪
 去年はあちこちでやってくれたましたが、私は初聴きでした。

そして、ここでまさかまさかの!!

7 かけだす男
 「28くらいの時に別れた彼女ともう一度、やり直したくて雨の中会いに行った。
  そんな歌です・・・」ヌォーーーーーン・・・げっそりそんな話し聞きたくねーー(笑)
 思わずジェラシーーメラメラ衝撃(爆)
 私の後ろにいたエレ友さん、卒倒しそうな声で「や、飲茶さぁん・・・」とすがるw
 いやーーーすっごく感情むき出しの激しい歌いっぷりで・・・かっこよすぎて・・・
 こんなに思われてたその「彼女」にジェラシージェラシー!
 まさか、会場に来てたりして・・・んなことないか・・・?

 MC「もっと知ってる曲がいい?・・・別にいいよね?」
 と、またまたドS発言!(笑)もーなんでもいいです!聞かせてください!と、
 心の中でひれ伏しましたww

8 リッスントゥザミュージック
 で、なんてことない最近のアルバムから・・・ってことで。
 井の頭公園の池を二人で眺めている・・・そんな歌ですと・・・
 JAPAN JAMでは、遠い昔の恋愛してた時の事を思い出しながら作りました。
 と、言ってましたね・・・。やっぱ、昔の彼女が来てたのかしら?ww

9 不明*1
 「秋に発売予定のシングルを聴いてください!」
 今日、PV撮影のLIVEで発表ですね。
 カップリングになるのか?「歩く男(新曲)」は、やりませんでした。
 曲名も決まっているんでしょうけど、全て今日、発表されるんですね・・・。

10 FLYER

11 ガストロンジャー

 FLYERもガストも今日は妙に気合が入っていたような気がする・・・。
 穏やかな雰囲気ではない・・・全体的に感情むき出しのハードなステージでした。 
 
12 俺たちの明日
 ステージの花道を端から端まで走って投げkissキスマーク
 「お互い様にありがとーーー!また会おう!」と両手で手を振る。
 マイクを落とし私ら側のギリギリ端まで行く!
 センターへそのまま戻り、演奏ストップのジャンプ!
 シャツのボタンを引き裂きながら、気合を見せてステージを去っていきました。


私の2010年夏のエレカシ巡礼は・・・これでオワタ・・・嗚呼・・・
最後の最後にあのドSなステージ・・・「チクショー!!」の連呼・・・
最近の私はそう「珍奇女」っぷりが全開で・・・デーデの時に「稼げ」と言われグサッ!「私を見たなら、お金を投げてほしいー」と、心で叫んだわ・・・
「哀れなる珍奇女、私はばかでしょうかぁ?」と心でつぶやく・・・涙

今年はまぁ・・・新春コンサートから始まって、5月からフェス、野音と8本のエレカシのステージを見て聴いてきたわけですが・・・その全てが同じじゃない。
セトリもしかり・・・全体の雰囲気そのものがその都度に違って・・・これだから行けるだけ行きたい!と、思わせてしまうんだよね・・・。

大阪野音のように「優しさ」に溢れたステージもRIJFのように「鬼気迫る」ステージも・・・叱咤激励に思え・・・ドMになってる自分に驚く・・・(笑)

ほんと、行くしかねぇーーーんだよ!!!ですよね!!!
まだ、路は見えていないけど進めばきっと光は見えてくる!!
がんばろう!そんな風に思いつつ・・・ミヤジのハードプレイに(笑)
抜け殻状態の今の今日まで、燃え尽き症候群で・・・立ち上がって歩けるのか?そんな状態でございます・・・。
最近、「エレファントカシマシS」と、強調してミヤジは紹介するんだけどこの日もね・・・なんというか・・・我が家・・・本丸は・・・ 「エレファントカシマシ」なのであって、それで良いんではないのか?
そんな気がしてしまう・・・。
いや、蔦谷さんやミッキーのサポートは重要なんだけど・・・、なんかね・・・


さて今夜、新曲のことLIVEの事がオフィシャルで発表になりますね。
年内、またLIVEに行けるかどうか!?ですが・・・秋〜冬篭り準備で是非、やってほしいものです。

RIJF・・・本当に素敵なイベントです・・・こんなに綺麗な夕焼けも・・・
一番星もキラッキラッぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)私の思ひ出もキラッキラッぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
今日からまた、明日・末来に向かって頑張ろう!手(グー)
そんなパワーをもらえましたわーい(嬉しい顔)

ありがとーー!!RO69のフェススタッフの皆さーーん !

スペシャルありがとーーー!!エレファントカシマシ!!
そして、宮本浩次ハート達(複数ハート)exclamation ×2

*1:「明日への記憶」

2010/08/01 エレファントカシマシ大阪城野外音楽堂単独LIVE

エレカシのライフワークと言ってもよい、日比谷野外音楽堂単独LIVEから2週間を経て・・・大阪城公園野外音楽堂単独Liveへと・・・

今週、更にひたちなかで行われるロックインジャパンに行く事を考え、大阪遠征について当初は躊躇していた。
だが、今年エレカシの単独Live(ツアー)が行われる事は、少々考えにくく行けるのなら行っておくべき!と判断し参戦を決意してました。

野音でのLiveの歴史は21年、長い歴史があるわけで・・・毎年、趣の違うステージであったでしょう・・・私はその内の去年の大阪(対バン)と日比谷2Daysと今年・・・何もわかっちゃいないのに、去年の日比谷があまりにすごすぎたせいなのか?今年の日比谷は少しモヤモヤ感の残るそんな感想でした。それでも、多くのリスナーに感動を与えていましたが・・・

この大阪野音は「私にとって」リベンジ的要素もあって、ミヤジは絶対にやってくれる男!それだけを信じて参戦しました。

大阪野音前はとてもゆったりと時間が流れ・・・とても、優しい空気でした。
日比谷はなんとなく殺伐感が・・・ファンの気迫もあるからある意味、殺気立ってる雰囲気もあったけど、大阪はものすごくピースフル・・・好きです・・・あの雰囲気がぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

定刻から5分位遅れて、メンバー登場!
ミヤジ「白シャツ」

選曲はレア曲少なめ、耳なじみのある、人気曲が多かった気がいたします。


【セットリスト】

1 明日に向かって走れ
 ムード先日、胸キュン曲としてあげていましたが(笑)
  いきなりの登場・・・何故か動揺しましたww
  LIVEでやるのも2007年の大阪野音ぶりってことで、
  私も生聴きは初となりました!でも、なんだか「初」と言う気がしないw
  やっぱり、私は明日に向かって走り出す!走り続ける。

2 幸せよ、この指にとまれ

3 地元のダンナ
 ムードこの曲、大阪でやることが多いのかなぁ?(笑)
  「俺たちのテーマSONG」みたいな紹介をしてましたぁ。

4 ゴッドファーザー

5 真夜中のヒーロー
 ムードとりあえず、ミヤジは私だけのヒーローで決定(爆)

6 悲しみの果て
 ムード毎回、聴く度に心が震えます・・・

7 うつらうつら
 ムード44歳にして「うつらうつら」な生活ですな・・・
  次男を学校のプール教室へ連れて行き、お昼ご飯の用意をし・・・
  あぁ、なんか母親してるな・・・私(苦笑)。
  家の前の植木に雀が止まってる。その可愛さよ・・・
  次男が微笑むその可愛さよ・・・浮世の夢

8 too fine life
 ムード石クンとのガンダーラコンビネーションがたまらなくよかった!
  石クンを前面に押し出して、石クンも嬉しそうにギター弾いて、
  ミヤジの戻れサインにも気づかず(笑)今回もひっぱり戻されましたww
  疲れた体 無理やりに何かいい事探しに・・・
  疲れた体 無理やりたたき起こして考える・・・
  毎日、その繰り返しだね・・・でも、それが「生活」ってもんだ。

9 シャララ
 ムード開演前にPさんのお子さんがこの曲のシャララの部分が
  「サランラップ」に聴こえる・・・なんて話しをしたものだから、
  私もそう歌ってしまった(笑)
  恋をせにゃならん、飯食わにゃならん・・・「日常」とはただ、
  駆け抜けて行くこと「生活」とはそんなもの。
  愛すべき人達の笑顔を見て、生き抜くこと。

10 星の砂
 ムード大阪でもやってくれました!
  日比谷以上に「明確」にまさぐってました!ww
  でも、キラキラは日比谷のほうが盛り上がっていた指でOK
  そんな気がする!ww

11 パワー・イン・ザ・ワールド
 ムードこれもやってくれました!リベンジ曲!たぶん、ミヤジにとっても
  リベンジ曲になったと思うが(笑)
  最高のパワーインザワールドでした!
  私にも何度目かの太陽が昇り、落胆があり・・・やれやれ、また最初から
  居場所を探してる・・・そんな状況で・・・怒りもあり、でも再び
  戦う糧にもなり・・・やっぱ、大好きな曲ですexclamation ×2
  ミヤジ、本当にありがとう。

12 珍奇男
 ムードこれもある意味、リベンジ曲(笑)まさかの出だし、とちった
  日比谷野音・・・今回はきっちりと決めました!そして、なんとなく
  ご満悦な雰囲気が届きました!

13 歩く男(新曲)
 ムード日比谷で聴いた時よりも仕上がりはいい感じ!
  素人が何を言う!と、言われそうですが・・・でも、たぶんリハも
  だいぶ重ねたと思うし、「エレカシ」のバンド音を全面に出した
  編成にしたと思う。
  「やっぱり、歩かないとダメなんだって気づいた」と、言ってました。

14 赤き空よ!

15 はじまりは今
 ムード「可愛い女の子が・・・」どうのって話し始め、笑顔の末来へ?
  と、思いきや!!なんと、単独LIVEでは2006年ぶり!
  「結構、いい曲だったんだって気づいた」と言ってました(笑)
  私の胸キュン曲、Part2手(チョキ) マジ泣けてしまって・・・
  44歳の「はじまりは今」とても新鮮で・・・よかったですぴかぴか(新しい)

16 友達がいるのさ
 ムード大阪中の電気を消して・・・
  「あいつまたなんか、デカイ事をやるらしいぜ!」
  ふと、愛すべきMMPさんの顔が浮かんだ・・・ハート達(複数ハート)

17 ファイティングマン

18 FLYER

19 ガストロンジャー

*アンコール1

20 リッスントゥザミュージック

21 四月の風
 ムード初生聴きです!でも、やっぱり初と言う感じがしない。
  そのくらいにいつも聴いては励まされている曲。
  とても、心に沁みました・・・。

22 今宵の月のように

23 ハナウタ〜遠い昔からの物語〜
 ムード何度も会場の皆にって言う風に、指差しをして・・・俺からの
  贈り物だ!頑張れ!と、言ってるようでしたね・・・。

24 花男
 ムードメンバーに向かって「しっかり決めるぞ!」
  と、言ってました!!

 「みんな!お互い様にありがとう!!」と、体全部を使って手(腕)を
 振って挨拶してそでへ・・・

*アンコール2

25 涙
 ムード初生聴きです。そう、本当に悲しい時、辛いときには涙は出ない。
  「なんで、今?」そんな時にとめどなく溢れてくる・・・
  わかってくれますか?
  泣かない女・・・でも、「涙」を流すその時をこの人はわかってる。
  嬉しい時の微笑みの意味も・・・
  

26 不明(新曲)
 ムードやはり、日比谷の時よりだんぜん良くなってます。
  素人が聴いてもわかるもんね。蔦やんのパートを抑えたのかな?
  そんな気がします。っていうか、エレカシメンバーがしっかりと
  全面に出てきたからかもしれません!
  シングル最有力候補だそうです!


大阪の人に「大阪の人は乗せ上手ですねぇ」と、言ったり終始ご機嫌。
途中、白シャツが汗で素肌が透け始め・・・「乳首が気になる」(爆)
とか、言っちゃってお着替えに走ったりと・・・終始、リラックス。
でも、いつも1曲1曲心こめて歌うが今回は本当に何かに、誰かに?
自分に訴えかけるように、全力で歌ってました・・・それが、ものすごく伝わった気がしました・・・。気迫もあり、優しさもあり・・・

「一瞬の大切さをやっと最近、気づいたんだ」と、何かの曲の前に言ってて
私も30代半ば頃に永遠よりも、「瞬間」の大切さを知って・・・
今を大事にって思えるようになり、最近それで行動に移せるようになり・・・
そんな昨今だったので、とても嬉しい気持ちになりました。

選曲については日比谷の方がレア度も高く、私の聴きたかった曲が多く良かったのだけど・・・
大阪は今の私に、とても優しく励ましてくれて、心を包みこんでくれるそんな選曲でした!最初から最後まで「大丈夫だ!」「信じろ!」と言ってくれている気がして・・・感動しました。

改めて詩を見ながら口ずさんでみる・・・「自分と等身大」
勝手に自分とリンクしていく、過去も現在も・・・
私にとって「宮本浩次」の詩の世界は重なる部分が多い。
同じ時間、時代を生き、見て育った環境も同じだからかもしれない。

彼等の先も歩かない、彼等を後ろから追いかけもしない。
横一線で歩いている気がするの。

エレカシのメンバーありがとうexclamation ×2
宮本浩次!本当に本当にありがとうexclamation ×2

私はあなた達を愛するがゆえに「探求」してしまう癖があるのだけど、そんなことは知らないだろうから(笑)これからも心の目であなた達を見守ります。


終演後も辺りは、まだ明るく・・・「もう、終わっちゃった・・・」
そんな、余韻を残して・・・裏口で出待ちしたものの、スモークのかかったワゴンで中は見えず(苦笑)「チッ!」と、思わずw

私は一足先に東京へ帰るべく、21:10発の新幹線に乗りました。
「今頃、関西ひろじーずの皆は盛り上がってんだろうなー・・・」と、少し心残りがあったものの・・・新幹線内で一人乾杯

2010/07/23 GG10対バンLIVE<2日目> SHIBUYA AX

入場整理番号380番
まぁ、前方は狙える番号でした。

センターゾーンど真ん中、前から5列目位をKEEP手(チョキ)

先週行われた、日比谷野外音楽堂でのエレカシワンマンLiveが、 少し不完全燃焼で終わった私にとって、昨日の対バンイベントは 燻った種火に燃料をくべるべく・・・そんな、期待度の高いものでした。

るんるん1組目:黒猫チェルシー
MCナシ、何曲くらい歌ったかな?全曲ぶっ通しで歌いきる・・・。
若い!とにかく若い!そして、男の色気ムンムンなのに最後に 出演アーティスト全員集合の時は、普通の好青年風に・・・ スイカ片手に再登場ww 可愛すぎるぴかぴか(新しい)
それにしても気になるバンドではありますが、まだよく知らないので どんなものかと思っておりましたが、知らないこのオバサンをも グイグイ引っ張るその収束力たる・・・「無垢と破壊」そんな言葉が ふと頭に浮かんだ・・・カッコイイです指でOK


るんるん2組目:ACIDMAN
すみません・・・認知度ゼロです・・・。
しかし、このバンドが始まるや否や会場内のオーディエンスが、グァーーーーッと押し寄せ、ベテランバンドの貫禄を見せつける。
このGGイベントには9年中7年連続出場ってこと^^b ボーカルの人が言ってました・・・。
「俺は今までもこれからも自分を信じて、スタッフを信じて、みんなを信じてこれからも、自分達の音楽を貫き通す」と・・・。


体力温存しながら参加したかったが、そうはさせてもらえなかった(笑)
っていうか、対バンの場合お目当て以外はリアクションが薄くなりがち。 でもこの人たちはその瞬間にかけて、音楽をやっているわけだから、こちらもそれなりに応えなければすごく失礼だと思う。

この二組が終わった時点で酸素不足・・・汗だく・・・水をかぶったよう・・・


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

23日のトリは我等がエレファントカシマシ手(グー)手(チョキ)
黒シャツで登場!メラメラ青白い炎のようなオーラを見ました。

そして、対バンを意識したかのようなセトリ!

  1. ファインティングマン
  2. 悲しみの果て
  3. 珍奇男
  4. 太陽の季節
  5. so many pepole
  6. Sky is Blue
  7. デーデ
  8. 笑顔の末来へ
  9. FLYER
  10. ガストロンジャー
  11. 待つ男(アンコール)

 それでも、11曲もやってくれたんだ・・・と、改めて思う・・・。
私は常日頃からエレファントカシマシ宮本浩次)のLIVEや作品と向き合う時、 一瞬を命賭けの勝負の様に立ち向かってしまう。
それは、宮本浩次が1曲1曲に妥協をせず、1回1回のLiveにも真剣に向かってくるから・・・でも、人間だから気持ちとはうらはらな、不本意な方向や結果があるやもしれませんけど・・・。


私たちには解らないけれども・・・何を思い、何を感じながら作り上げているか?
それが不本意であったとしても、狙ったとおりであっても、どっちでも構わない・・・でも、昨夜のLiveでミヤジは言った

「まだ大丈夫だ、これからだ」

この日のLIVEのことを言っているのか、これからの未来の事を言っているのか?
好きだから、訳のわからぬ優しさだけで彼等を見つめられない。
全てを解ろうとしてしまう、そんな馬鹿げた自分がいたりします。


さて、昨夜のミヤジの声はホントよく出ていて、伸びもあったexclamation ×2
今回はかぶりつきでミヤジを拝めたわけですが、気迫が・・・すごかった。
「何に向かって叫んでいるの?」と言うくらいに彼方に向かって!
バンバンドを意識しているとはもちろん思いますが、何より昨夜は己との戦いにも一層力がこめられていた気がする・・・。
あんな汗だくのミヤジは久しぶりに見た様な・・・こちらもすごかったけどw
MMPさんがジーザス(宮本浩次)とは、常にガチンコ勝負!という名言を言ったが(笑)まさにそんな感じです。
いつでも彼等とガチンコで勝負できるよう、健康にも気をつけたい。
経済力もつけて行きたい・・・。そんな事を真剣に思わせてくれる。
こんなスゲーーー男はいないな・・・ったく・・・(笑)

とりあえず、昨日の所の全部は出し切った!そんな感じのするLive!
私も一生分の汗出した(笑)
己とオーディエンスとの勝負ではあったものの、ミヤジ終始リラックスで良い雰囲気でした^^♪ 黒シャツ本人も気づいてなかったのか?
あれ?といった感じで・・・昨日も左側が裂けてしまいましたww
黒猫の大知くんも裸に学ラン・・・美しい裸体(上半身)でしたが、ミヤジも全然負けてませんでした・・・すごいなぁ・・・ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

「まだ、大丈夫!いける!」
あったりめーだっ!まだまだ行くぜ!行くしかないだろ!
その為にはやっぱこれからも、私は私を信じ、ミヤジ・エレカシを信じて毒吐き続けるぜ!(爆)指でOK


おまけ:
終演後はビールでなくコーラ・・・スゲーー旨かった!
打ち上げの1杯の生ビールも最高!着ていた「男」Tシャツが汗で重くなってた・・・着替えにトイレに行って絞ったら・・・
あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
意識は店でもしばらくもうろうとしてました・・・呼吸も荒く・・・ でも、心身ともにすっきり爽やか!

2010/07/17 エレファントカシマシ日比谷野外音楽堂単独LIVE

なんだろう・・・このモヤモヤ感は・・・

私が聴きたかった
「パワーインザワールド」
「ドビッシャー男」
「生命賛歌」
「星の砂」



「Baby自転車」
沢山やってくれたのに・・・モヤンモヤンモエヤ〜〜ンですもうやだ〜(悲しい顔)

お気に入りの
花男
「デーデ」
「珍奇男」



「おはようこんにちは」
だって、やってくれたのに・・・もしミヤジに「不満かい?」って
聞かれたら・・・
「不満ぢゃーーーーい!!」と、言いたくなった・・・ショボン・・・

01.おはよう こんにちは
02.ドビッシャー男
03.ファイティングマン
04.うつらうつら
05.too fine life
06.シャララ
07.道
08.人間って何だ
09.星の砂
10.パワー・イン・ザ・ワールド
11.生命賛歌
12.月夜の散歩
13.武蔵野
14.幸せよ、この指にとまれ
15.友達がいるのさ
16.赤き空よ!
17.歩く男
18.月の夜
19.ハナウタ~遠い昔からの物語~
20.FLYER
21.ガストロンジャー


22.珍奇男(アンコール1)
23.Baby自転車(アンコール1)
24.悲しみの果て(アンコール1)
25.花男(アンコール1)
26.デーデ(アンコール1)
27.いつか見た夢を(アンコール2)


OK※セトリはホント最高でした!!※

中で聴けただけでも幸せじゃん・・・と、言われればそうだけど むしろ、遠方からわざわざチケットないのに外聞きしにきてる人になんかあれじゃ・・・どうなのよ?っていう気もした・・・。

歌詞忘れ・間違いも多かったし、声の出も伸びも去年の野音と比べものにならないくらい悪い気がした・・・。

違うだろうか?

フェスだのなんだのと、仕事を詰めすぎているからじゃないのか?
それに関連して、人との関わりもそれに加えて増えるわけで、それほど器用に振舞える男でもなかろうし、心身ともに疲れていたんじゃないのか?・・・なんか、消化するだけのLiveのように感じてしまった・・・。

日比谷野外音楽堂でのLiveはエレカシにとっても、ファンにとっても「特別」なものであって、完璧に・・・とまでは言わないけど・・・もっと、強く刺さる何かが残るLiveなんじゃないのか?

先日の「JAPAN JAM」や「ROCKS TOKYO」のステージの方がまだ、満足できた感じなのだ・・・。

新曲も2曲披露してくれたが、私の願っているアルバムになるのか?
今や怪しい感じがしている・・・。
心の中で・・・「絆」「ハナウタ」・・・ユニバのピークはここまでかな?
そんな厳しい思いも浮かんできた・・・。
今回の新曲もたぶん蔦谷氏プロデュースなのだと思うが、蔦谷カラーが 全面に出ていて、「宮本浩次」の存在が見えないのだ。

ユニバ時代の曲から聞き始めた人には、さほどの違和感はないだろう。
でも、エレカシの曲を昔は受け入れられなかったが、時を経て最近、胸に突き刺さるようになった、というファンも多く・・・ これからもそんな曲を聴きたい、聴けると思っていたのではないか?

生命賛歌ではなく、まるで「生命傘下」だ・・・得体の知れない、何かに呑まれて、小さく収まってしまった感じがするのです。
呑まれたのならまた、その腹を蹴破って飛び出してほしい。 自ら呑まれたのなら・・・それならいたしかたあるまい・・・。
それも「俺の道」なのだろう・・・。

ミヤジの新曲に「俺はまちがってるのかい?」という問いかけが
あったような気がしたけど・・・聴き間違いかな?
私は
「好いとも悪いとも言えない・・・そして、ついには まぁまぁだとも言えない。大いに不本意なだけ。」と、応える・・・。


追記:ロッキンの山崎さん絶賛してるし・・・小林武志との対談・・・
   褒めちぎっちゃってるし・・・もーよくわかんないや・・・
   「変な奴が誉められちゃって、ノセラレチャッテ・・・」
   そんな事にならないといいな・